So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月某日 安善 在日米軍鶴見貯油施設専用線 [貨物日記]

わたくし貨物好きの為、貨車車票も結構集めていたりします。 ( ´∀`)
先日超レア物の米タンの車票を手に入れてテンションが上がったので、
1.JPG

米タンを撮影に久々に安善駅に行って来ました^^
2.JPG

駅に着き構内を見渡すと、いつもの様に米タンが昼寝中の姿が見えました。
3.JPG

8076レがやって来るまでまだ時間があったので、タキ車の近くでも撮影させて
もらいました。
4.JPG

ジェット燃料のJP-8の表記が米タンの特徴です。
5.JPG

第三者使用 米国防省燃料管理課のプレートが取り付けられていました。
6.JPG


タキ車の撮影したあとは安善駅に戻り、鶴見線を撮影しながら待っていると
7.JPG

キタ―(゚∀゚)―!! DE10が単機でやって来ました。この日は残念ながら返空タキ車の
連結はありませんでしたが、鶴見貯油施設からの引き出しは撮影出来そうです。
8.JPG

この日の御担当はDE10 1749号機でした。
9.JPG

写真では分かりづらいですが、DE10のキャブの中は操車さんたちで満員
御礼の状態です。 (゚∀゚)アヒャ
10.JPG


8076レの到着のあとは、急いで撮影ポイントへ向かいます。鶴見貯油施設への
引き込みは境運河を渡るポイントで撮影しました。
11.JPG

DE10デッキの上には操車さんが4名(前方3名・後方1名)も乗っていました。
12.jpg

こちらは境運河の先の三栄レギュレーター専用踏切で撮影した写真です。
列車は踏切の手前で一旦停止するので、撮影チャンスは結構あります。
13.jpg

DE10は旧浜安善駅構内に到着すると一旦停止します。ここからは道路を横切る
踏切りを渡って貯油施設(エリアⅠ)に向かうのですが、踏切には警報機・遮断機
が無い為、操車さんがロープを張って車が侵入しない様にしてから、列車は貯油
施設へ向かいます。
14.JPG

15.JPG

16.JPG


DE10が貯油施設の中に入った後は、しばらく入換えをおこなったのち
17.JPG

再び操車さんが道路にロープを張ると
18.JPG

列車が貯油施設からゆっくりと出て来ました。
19.jpg

いや~ たまらないですね^^ 来て良かったです。
20.jpg


貯油施設からの引き出しを撮影した後は、8078レを撮影に安善駅に戻ります。
途中には米軍専用線と書かれた境界標や
21.JPG

ジェット燃料のパイプラインの表記なども見られました。
22.JPG

鶴見貯油施設には安善駅に隣接したエリアⅡもあるのですが、今はまったく
使われて居ない模様で線路は錆びつき、水たまりも出来ている状態でした。
23.JPG


駅横の踏切に到着すると、ちょうどDE10が機回し中でした。
24.JPG

しばらくすると、8078レがEF210-171に牽かれて拝島からやって来ました。以前
来た時はEF64 1000の牽引でしたが、今は桃太郎なのですね。
25.JPG

列車が到着するとすぐにEF210は切り離され、DE10が牽いて来た積車タキ車を
着発線に引き出します。
26.JPG

すると今度はDE10がEF210が牽いて来た空車タキ車に向かい、
27.JPG

29.JPG

30.JPG

その後、構内入換えを行います。
32.JPG

通常はこのあと鶴見貯油施設へ空車タキの引き込みが有るはずなのですが
この日は引き込みが無いみたいでDE10はそのまま単機で着発線に移動して
しまったので、ここでの撮影は終わりにしました。
33.JPG

今度は拝島の横田基地専用線の方でも撮影したいものです。





【おまけ】
せっかく鶴見線沿線に来たので、昭和初期の雰囲気が残っている駅で有名な
国道駅に途中下車してみました。
34.JPG

駅の構内はえらく薄暗くて人の気配もほとんどありません。
35.JPG

こちらは改札口です。簡易suicaの改札機が浮いていますね。
36.JPG

改札口を出た先にはガード下があり、そこにはザ・昭和の風景を見る事が
出来ます。殆どの店舗や住居はすでに無人の模様で、その多くが表面に
ベニヤ板が打ち付けられていますが、今でも居酒屋さんが一店舗のみ、
営業しているみたいです。
37.JPG

“やきとり国道下”の店名が素敵です。
38.JPG

すでに営業していないみたいですが、不動産屋さんの看板も激シブですね。
39.JPG





nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 58