So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

2月某日 岩国航空基地 [その他(飛行機)]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

宇部でダブルストレーラーを撮影した後はちょこっと新山口駅に寄って、その後は
次の目的地の岩国へ向かい、そのまま一泊しました。

翌朝は朝イチで日本製紙専用線へ向かい、専用線への引き込みと
1.jpg

2.JPG

構内の入替えの様子を撮影したのち、
3.jpg



この日メインの岩国基地に向かいました。基地正門の看板は2017年に厚木から
海軍の第5空母航空団が移転してきたのに合わせて新しくなっていました。
4.JPG

早速、滑走路エンドに向かい撮影を開始します。
5.JPG

岩国錦帯橋空港側には新しく海軍の格納庫が新設されていました。海軍所属の
F/A-18ホーネットなどが多数駐機している様子を見る事が出来ます。
7.JPG

おっ!! E2-Dもいますね^^ 是非この機体を撮影したいと思ってやって参りました。
8.JPG


ここは元々海兵隊と海上自衛隊共用の基地でしたが、岩国錦帯橋空港が出来、
また海軍の空母艦載機が移転してきた事により、数多くの機体を撮影出来る
一大スポットになりました。この日、滞在していたのはお昼過ぎまでの短い時間
でしたが、ゲップが出るほど撮影する事が出来ましたw

海兵隊FA-18D 【VMFA(AW)-242 バッツ】
9.jpg

海兵隊 F/A-18D 【VMFA(AW)-225 バイキング】
10.jpg

海軍F/A-18E 【VFA-27 ロイヤルメイセス】
11.jpg

12.jpg

13.jpg

海軍F/A-18F 【VFA-102 ダイヤモンドバックス】
15.jpg

海軍F/A-18E 【VFA-115 イーグルス】
16.jpg

海軍F/A-18E 【VFA-195 ダムバスターズ】
18.jpg

19.jpg

トーイングカーに引っ張られて行くホーネットも見る事が出来ました。空母艦載機
らしく、翼を折りたたんだ状態で移動するのですね^^
20.jpg


ホーネットだけでなく、海兵隊のF-35B 【VMFA-121 グリーンナイツ】の姿も少し
ですが、この日も見る事が出来ました。
21.jpg

いや~黒いっすね^^
22.jpg


また、この日のお目当てのひとつだったE2-D 【VAW-125 タイガーテイルズ】も
無事飛んでくれました。 ( ´∀`)
23.jpg

背中にしょっている円盤型レドームが特徴的ですね。
24.jpg

25.jpg

その他にも海兵隊の空中給油機 KC-130Jスーパーハーキュリーズや
26.JPG 

27.jpg

28.jpg

海兵隊の人員輸送機 C-12が飛んでいるのを見られた他、
29.jpg

30.jpg

この日はなんと!! 空軍輸送機のC-17グローブマスターの姿も撮影する事が
出来ました。 (゚∀゚) ラッキ-!!
31.jpg

いや~ でかいっすね~
32.jpg



この日は海上自衛隊機も多数撮影する事が出来ました。

OP-3C 【第81航空隊 画像データ収集機】
33.jpg

機体のお腹にソノブイ投下口が残っていますね。
34.JPG

UP-3D 【第91航空隊 電子戦訓練支援機】
35.jpg

翼の下に標的曳航装置と曳航標的が取り付けられています。
36.jpg

U36-A こちらも第91航空隊所属の電子戦訓練支援機です。
37.jpg


救難飛行艇のUS-2【第71航空隊】の姿もありました。離陸する姿が独特ですね。
38.jpg

中々の迫力です。
39.jpg

この日はタッチアンドゴーを行なっていたので、たっぷりと撮影出来ました。
40.jpg

41.jpg


いや~お腹いっぱい撮影出来ました。ただこの日、今の機材(EOS7D MarkⅡ+
EF70-300mm F4-5.6L)だと航空機を撮影するには厳しいな~というのを改めて
痛感したので家に帰ってからEF100-400mm F4.5-5.6L Ⅱを思わずポチって
しまいました。(゚∀゚)アヒャ 今度はいつ来れるかわかりませんが、また是非来たい
と思う今日この頃です。
42.jpg




【おまけ】
滑走路エンドには岩国基地からアメリカ軍の航空基地までの距離が記された
看板が立っているのですが、
43.JPG
ビューフォート航空基地11,864Kmとかミラマー航空基地9,636Kmとか遠すぎて
全く実感が湧きませんww





次回が最終回です。





nice!(48) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 宇部興産専用道路 [宇部興産専用道路]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

あさイチで小野田線本山支線に乗車したあとは、この日メインの宇部興産専用
道路に向かいました。久々の宇部興産専用道路を楽しみにしていたのですが、
この日は朝から雨模様だったのがちょっと残念です。
1.JPG

いつものポイントに到着すると、早速ダブルストレーラーたちが立て続けにやって
来てくれました。
2.jpg

3.JPG

4.jpg

水しぶきを上げながら爆走しているダブルス君も結構いいですね^^
5.JPG

おっ!! 古いギガ君もまだ現役なのですね。また、お会い出来て良かったです。
6.JPG

その一方で、ここのぬしのケンワース君たちの数がだいぶ減って来ているのが
気になりました。前回は見かけたアメリカ製の旧型はもちろん、オーストラリア製
の初期型も引退してしまったみたいです。 (´;ω;`)ブワッ
7.JPG

スカニアの方は順調に増備されているみたいですね。一方で以前、見掛けた
ボルボは前回・今回共に全く見かけませんでした。早くも引退してしまったので
しょうか?
8.JPG

いや~やっぱ、ダブルス君はかっこいいっすね~
9.JPG


今回は最奥部の沖の山バス停付近でも撮影して見ました。この先は専用道路に
なる為、一般人はここまでしか来れません。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

ここは石炭の積み込み設備に向かうダブルス君の姿を見る事が出来ます。
13.JPG


その後はいつものポイントの専用道路と一般道が交差する日本でここでしか
見る事が出来ない踏切で撮影した他、
14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.jpg

19.JPG

20.JPG

21.JPG


石灰石荷卸し設備付近でも撮影しました。転回してくるダブルス君がめっちゃ
かっこいいっすね~ (・∀・) カコイイ!!
22.jpg

このケンワース君の写真がこの日一番のお気に入りです^^
23.JPG

久々の宇部興産専用道路に興奮して、飲み食い無しで夢中で撮影していたの
ですが、気づいたら5時間半の時間が経っていましたww


我ながらアホですね。 また、こよっと。 (゚∀゚)アヒャ
28.JPG





【おまけ①】
ここはダブルストレーラーだけでなく、沖の山コールセンターで石炭を運んでいる
構内専用のダンプも見る事が出来ます。構内専用車が大好きな私にとっては
ここは天国の様な場所です。 (゚▽゚*) サイコー!!
24.jpg

25.jpg

26.jpg

ホイールローダーがウロウロしているところも見れますよ。
27.JPG



【おまけ②】
天気が悪かったので画面が暗いですが、日本で唯一の踏切の動画もどうぞ^^




次回に続きます。







nice!(57) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 小野田線本山支線 [その他(鉄道)]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

呉を訪れた後は翌日に宇部興産専用道路のダブルストレーラーを撮影すべく、
山口に向かったのですが、せっかくなのでダブルストレーラーの撮影の前に
近くの小野田線本山支線の撮影に行く事にしました。ここに撮影に来るのは
約7年ぶりだったりします。

まずは雀田駅に向かい、6:59発長門本山行きの列車から撮影します。まだ
夜が明けていないのであたりは真っ暗です。かつては各地で見る事が出来た
クモハ123も小野田線・宇部線が最後の活躍の場となってしまいましたね。
1.JPG

宇部新川からやってきた列車には数名の乗客の方がいましたが、全員ここで
降りてしまい、長門本山へ向かう乗客はゼロでした。
2.JPG

久々に『雀田⇔長門本山』の方向幕を見る事が出来ました^^
3.JPG


この後は車で長門本山駅に先回りし、列車の到着の様子を撮影する事にしま
した。駅に着くと、列車を待つ高校生の姿がありました。
4.JPG

程なくして列車がやって来ました。私もこの列車に乗って1往復する事にします。
5.JPG

列車の中はヲタの私以外は全員通学する学生だけでした。写真には数名しか
写っていませんが、発車時刻までには10名前後の学生が乗り込んで来ました。
6.JPG

列車は約5分で雀田駅到着しました。駅に着くと殆どの乗客が隣のホームにいた
小野田行きの列車に乗り換えて行きました。
7.JPG


私はそのまま7:25発の列車で長門本山駅に戻ります。長門本山行きの列車
にも1名だけでしたが学生の乗客が乗っていて、途中の浜河内駅で降りて
行きました。
8.JPG

発車まで時間があるので、雀田駅の駅舎と一緒にクモハの写真も。雀田駅の
駅舎がずいぶんと明るいカラーに塗り替わっていました。
9.JPG


あっという間に長門本山駅に戻って来ました。たった1往復の短い乗車でしたが、
久々にクモハに乗車出来て楽しい時間でした^^
10.JPG

出発まで時間があったので、停車中のクモハ123をパチリ。やっと辺りが明るく
なってきました。
15.JPG

ここは写真の様に地元の方々用の抜け道が線路の横にあるので、こちらから
のアングルでも撮影が出来ます。
16.JPG

こちらは駅の様子です。かつては駅舎もあったそうですが、現在はホームに
小さな待合室しかありません。また、以前は待合室の横にトイレもあったはず
なのですが、いつの間にか無くなっていました。
11.JPG

12.JPG

列車は朝の2往復と夕方の1往復しかありません。
13.JPG




ここからは以前(2012年)の本山支線の様子です。写真は雀田駅ですが、以前
の駅舎はこんな感じのシブい色でした。個人的にはこっちの色の方が好みです。
18.JPG

こちらは長門本山駅の様子です。待合室横のトイレが無くなった以外は殆ど
変わっていません。
20.JPG

2012年3月改正以前は17時台に2往復の列車が設定されていたので、日の
あるうちに撮影する事が可能でした。
23.JPG

また、ここのクモハ123は現在の末期色になるまではこのカラーでした。
21.JPG

個人的にはこっちの方が断然いいですね~ (・∀・) コッチガイイ!!
22.JPG

このカラーのクモハがお気に入りなので、鉄コレも持っていたりします^^
22-1.JPG




【おまけ】
長門本山駅前には写真の様な立派な観光案内の看板がありますが・・・

17.JPG

今のダイヤでは列車に乗って来て観光するのは、ほぼ不可能ですね。 (^_^;)

nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 海上自衛隊 呉基地 その② [フェリー・艦船・船]

前回の続きです。

基地の外から艦船・潜水艦を見学した後は、この日メインの「呉艦船めぐり」に
乗船する為に呉中央桟橋ターミナルへ向かいました。乗船券はこちらの受付
で購入します。
1.JPG

13:00~の便のチケットを購入しました。平日の昼なのですいているかな~と
思っていたのですが、年配の方の団体がやって来て、満員御礼でした。
26.JPG

こちらの「くれない2」で艦船めぐりに出発します。YOKOSUKA軍港めぐりの船に
比べるとこじんまりとしています。
2.JPG

乗船が終わると早速出航です。
3.JPG


はじめに前回紹介したジャパンマリンユナイテッド呉事業所のドライドックに
入渠中の『かが』の姿が見えて来ました。
4.JPG

そのお隣には整備中の護衛艦『とね』の姿がありました。
5.JPG


次に2隻の巨大なコンテナ船が見えて来ました。こちらは「日本郵船」「商船三井」
「川崎汽船」がコンテナ船事業を統合して発足したオーシャン・ネットワーク・エクス
プレス(ONE)が発注したコンテナ船だそうです。
6.JPG

いや~メチャクチャでかいっすね~ 目の前で見る巨大コンテナ船はものすごい
迫力です。
7.JPG

奥の方ではもう一隻が建造中でした。
8.jpg

沖の方を見ると、ちょうど基地を出航した護衛艦『いなずま』の姿が見えました。
9.jpg



いよいよ呉基地に近づいて来ました。まずEバース・Fバースに停泊している
艦船から見学します。練習艦『やまゆき』と
10.JPG

練習艦『せとゆき』が停泊していました。
11.jpg

この呉艦船めぐりは艦船のかなり近くまで寄ってくれるのがいいですね^^
12.JPG

その他には訓練支援艦の『てんりゅう』と
13.JPG

同じく訓練支援艦の『くろべ』や
14.jpg

練習艦『しまゆき』 護衛艦『あぶくま』
15.JPG

護衛艦『さざなみ』の姿がありました。
16.JPG


護衛艦をたっぷり見学したあとは、潜水艦がいるSバースへ向かいます。
17.jpg

潜水艦は艦番号が記載されていないので、艦名を特定するのは難しいです。
こちらは『おやしお』型潜水艦です。
18.JPG

こちらは『そうりゅう』型潜水艦です。舵がX舵になっているのが特徴です。
19.jpg

潜水艦の後姿をこんな風に見るのは初めてです。 ( ´∀`)
20.jpg

奥の方では潜水艦への給油が続いていました。
21.jpg

また、Fバース側にも『そうりゅう』型が1隻停泊していました。
22.JPG


大好物の支援船たちも目の前をウロウロしていたので、おなか一杯撮影させて
もらいました。
23.JPG

24.jpg

25.JPG

30分と短い船旅でしたが、大満足でした^^
26.JPG



艦船めぐりの後は、最後にお気に入りの『てつのくじら館』の見学をしました。
27.JPG

潜水艦がまるで宙に浮いているみたいですね。ここには何度も来ていますが、
いつ見てもこの迫力に圧倒されます。
28.JPG

ここは各種展示物もすごいですが、
29.JPG

30.JPG

なんといっても本物の潜水艦(元あきしお)の中に入って見学できるところが
すばらしいです。
31.JPG

発令所  ボランティアスタッフの方が潜水艦の説明をしてくれます。
32.JPG

操舵席
33.JPG

艦長室
34.JPG

乗員ベッド
35.JPG

ここめっちゃおススメです。




【おまけ】
ひさしぶりに呉に来てテンションが上がってしまったので、『てつのくじら館』の
お土産コーナーで色々と買い込んでしまいました。
36.JPG

ここのショップは部隊識別帽の品ぞろえがかなり充実しています。色々悩んだ
末、潜水艦『いそしお』のキャップを購入しました。特に意味はありませんが、
以前『しらせ』の一般公開時に購入したキャップと並べてみました^^
37.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 海上自衛隊 呉基地 その① [フェリー・艦船・船]

【おしらせ】 しばらくの間、鉄分薄めの記事が続きます。 <(_ _)>

先月末から今月の頭にかけて、久々に広島~山口方面へ出かけて来ました。
初日はひさびさに“動いている”EF67を撮影したいな~と 思い計画を立てた
のですが、現状EF67の運用は2運用まで減ってしまっており、なお且つ夜間
早朝の運用が主なので、瀬野~八本松の走行写真は今の時期は難しいと
思ったので、今回は5074レの駅到着シーンに狙いを定め、西条駅に向かう
事にしました。

駅に着くと・・・おっ!! さっそくEF67 102がいるではありませんか! 1050レを
押して来て単579レで帰ろうとしているところみたいですね。
1.jpg

天神川で寝ているところは何度か見ていますが、運用に入っている姿を見る
のは久しぶりだったので、ひとりハシャギまくってしまいました。 (゚∀゚)アヒャ
2.JPG

3.JPG

EF67 102が去ったあとは、1054レを押してきて単581レで戻るEF210-313が
やって来ました。押太郎もいつの間にか増えてきましたね。
4.JPG

お次はいよいよ本命の5074レのお時間でしたが、なんと!! やって来たのは
EF67ではなく、押太郎(EF210-312)でした。 Σ(゚□゚ノ)ノ ヌオオ-!!
5.JPG
残念ながら撮りたかったEF67が列車の後ろにぶら下がっている姿は撮影
出来ませんでしたが、EF67の姿自体は撮影出来たので良かったです^^


その後は日も昇ってきたので、瀬野八の有名撮影地で2086レを撮影する
事にしました。
6.JPG

撮影地についてしばらく待っていると、程なくして列車がやって来たのですが、
“桃太郎”ではなく、“押太郎”のEF210-311が列車を牽いて、さっき西条駅で
お会いした“押太郎”のEF210-313”が列車を押してやってきました。押太郎
もだいぶ増えて来たので、このパターンも今後は当たり前になって来るので
しょうね。 ( ´∀`)
7.JPG

8.JPG

9.JPG


瀬野八での撮影が終わったあとは、この日メインの海上自衛隊呉基地へ向かい
ました。まずはいつものお立ち台からEバースの様子を見てみます。
10.JPG

この日は係留されている艦船は少なめで、『かが』や『おおすみ』型などの大物は
いませんでした。
11.JPG

手前には退役した掃海艇が係留されていました。
12.JPG

Sバースの方を見てみると、潜水艦は結構停泊しているみたいですね。
13.JPG

お立ち台を堪能したあとは近くで潜水艦を見るべく、『アレイからすこじま』へ。
14.JPG

多数の潜水艦がたむろしている姿を公園から手軽に見る事が出来るのは
何気にすごい事ですね。この日も多くのギャラリーが潜水艦を思い思いに
撮影していました。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

潜水艦の給油中の姿も撮影する事が出来ました。
18.JPG

目の前に水船と曳舟も並んでいたのでパチリ。基本的にゲテモノ好きなので
こういった支援船たちも大好物だったりします^^
19.JPG

夢中で撮影していると、呉艦船めぐりの船の姿が見えました。私もこの後この
船に乗って艦船めぐりを体験しようと思います。
20.JPG


『アレイからすこじま』でお腹いっぱい撮影した後は、さっそく艦船めぐりに乗船
しようと呉中央桟橋ターミナルへ向かったのですが、途中にあるジャパンマリン
ユナイテッド呉事業所の横を通った時にドライドックの中に巨大なフネが入渠
しているのがチラッと見えました。
21.JPG

慌ててUターンして戻ってみると、なんと!! 『かが』がドライドックに入渠している
ではありませんか!!
22.JPG

メチャクチャでかいです。こんなシーンを目の前で見ることが出来るとは夢の
様でした。 いや~来て良かったです^^
23.JPG

24.JPG

25.JPG

25-2.JPG


次回は艦船めぐりの様子を紹介します。 (・ω・) ノシ




nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 JFEスチール専用鉄道 [専用線日記]

先日、久々にJFEスチール専用鉄道のスイッチャー君を撮影(→こちら)出来た
のですが、 一度工場前の方でも撮影してみたいな~と思い、 またまた福山へ
行って来ました。工場の前に着くと、ヤード奥の方でヘッドライトを点けて待機
しているスイッチャー君の姿が見えました。(構内は撮影禁止なので、写真は
ありません。)

今日は無事運行がありそうで良かったな~と思いつつ、のんびり列車がやって
来るのを待っていましたが、いつもの時間になっても一向に信号が青に変わり
ません。 (゜ー゜?) オヨヨ? 
1.JPG

こりゃまさかのウヤかしら?とあたふたしていると、その後無事信号が青となり
水色のスイッチャー君の姿が見えて来ました。(ちなみに左側が専用鉄道の
信号で、右側は鉄道門の開閉を示す信号になります。)
2.JPG

3.JPG


ラッキー!! な事に、この日はレール満載のチキ車を牽いてやってきてくれました。
たまたま止まっていた日野プロフィアのデコトラもいい感じです。 ( ´∀`)
4.jpg

この日は天気が悪かったのが残念でしたが、無事撮影出来て良かったです^^
5.jpg

列車はこのあとトンネルを通って東福山駅に向かいます。
6.JPG


返しの列車は製鉄所入口の踏切付近からカーブをやって来る列車をねらって
みましたが、残念ながらこちらは単機でした。
7.jpg

せっかくなので、スイッチャー君のアップも。この日の担当はDD401でした。
8.JPG

『危険!貨車が通ります』の看板が素敵です^^
9.JPG

DD401の方は先日紹介した、ボロボロのDD403に比べるとだいぶ綺麗ですね。
9-1.JPG


また、こよっと。 (゚∀゚)
10.JPG




JFE専用鉄道を無事撮影した後は、まだちょっと時間があったので、久々に
山陽本線を行く貨レも撮影しました。

5074レ
11.jpg

55レ(福山EXP)
12.JPG

2070レ ノラ2号が牽いてきてくれました。
13.jpg

遅れ2086レ 押太郎の牽く貨レも当たり前の光景になって来ましたね。
14.jpg

列番不明 このEF65 1120の単回は午後のチキ工臨に使用されたみたいです。
15.jpg


午前中だけでしたが、おなか一杯撮影する事が出来ました^^





【おまけ】
以前に一度紹介させてもらいましたが、製鉄所近くに構内専用車を整備している
整備工場があります。今回も待ち時間にちょこっとだけ覗かせてもらったところ、
激シブの三菱ふそう ザ・グレート構内専用車の姿がありました。ボコボコになった
バンパーと、でっかいオーバーフェンダーがたまりませんね~ ( *´艸`) ウフフ
16.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 川崎貨物駅 [貨物日記]

安中駅を訪問した翌日、松の内は少し過ぎてはいましたが川崎へ初詣に行って
来ました。 ( ´∀`)

とは言っても私の場合は川崎大師では無く、川崎貨物駅へのお参りですww
駅に着くと早速DD君がお出迎えをしてくれました。
1.JPG

ちょうど駅に到着した時間が浮島線の308レの時間だったので、まずは駅近くの
定番のカーブでサクッと撮影しました。
2.jpg

あっ!! 先日紹介した倉賀野行きですね。
3.JPG


308レの撮影後は塩浜機関区から川崎車両所の様子を覗いてみます。機関区の
前ではちょうど整備中のDD5516がエンジンを吹かしまくっていました。 (゚∀゚) イエーイ
4.JPG

機関区の裏手の方に向かうと・・・ あれっ!? なんかいますね~ なんと!!
超レアキャラのDB-1の姿がありました。 この子普段はJXTGエネルギー川崎
製油所(旧東燃ゼネラル石油川崎工場)内の専用線で入換えに従事している
ので、普段はその姿を見る事が出来ません。
5.JPG

写真が撮りづらい位置にいたのが残念ですが、一度お会いしたかったので
この目で見る事が出来て良かったです。 初詣に来た甲斐がありましたw
6.JPG


お次は川崎車両所の方を覗いてみます。
7.JPG

スイッチャー君はいつもの定位置とは別の場所にいますね。 これは動きがある
かな~としばらく待ってみましたが、残念ながら動く様子はありませんでした。
8.JPG

その代わりに構内をぬこ先生がウロウロしていましたのでパチリ。
9.JPG

このお方は何気にこの近辺のぬしみたいで、私が近くにいても全く気にせずに
堂々とした態度で、時間をかけてくまなく構内を視察されていました^^
10.JPG


その後は車両所の裏手へ。いつものメンツは健在でした。
11.JPG

ヤードの方には廃車待ちの黒タキの姿があった他はこの日、特に目新しいものは
ありませんでした。
12.JPG

JOTの黒タキの姿も本当に貴重になって来ました。 (´;ω;`) ブワッ
13.JPG


川崎車両所を見学した後はちょこっと川崎貨物駅の方も覗いてみます。奥の方に
機関庫の前にいるDB-1の姿が見えますね。
14.JPG

駅の構内は繁忙期なので、構内は石油タキ車で一杯でした。
15.JPG


駅を見学した後はお気に入りの千鳥線に撮影に向かいました。まず東線にある
昭和電工のプチ側線を覗いてみると、ラッキー!! な事にこの日もコキ車が入線
している姿を見る事が出来ました。いつかここを入換えしている様子を撮影して
みたいものです。
16.JPG

その後は財源を確認に西群線へ。ここはいつ来ても良い雰囲気ですね~
17.JPG

コキ車が3両もいますね。無事運行がありそうです。
18.JPG

19.JPG


西群線の様子を確認したあとは、千鳥町踏切で千鳥町駅に向かう203レと
20.jpg

21.JPG

返しの204レを撮影しました。
22.jpg

23.jpg

24.JPG


その後は再び浮島線に戻り313レを撮影して、
25.jpg

最後に駅構内をウロウロするDD君をちょこっと撮影して終わりにしました。
26.JPG

27.JPG




【おまけ】
この日撮影が終わって京急川崎駅に着くと、いつもはほとんどいない同業者の
姿がちらほらと・・・ どうしたのかな~と思いつつ、先頭車の方に行ってみると
干支ヘッドマークがついていました。後で調べてみると毎年恒例なのですね。
お恥ずかしながら、まったく知りませんでした。 (゚∀゚)アヒャ
28.JPG






nice!(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 東邦亜鉛安中精錬所専用線 [専用線日記]

前回の続きです。 (*゜▽゜)ノ

倉賀野駅を訪問した後は安中貨物を撮影に安中駅に向かいました。
1.JPG

いつもの定位置にここのぬしのスイッチャー君(DB301)がいますね。
2.JPG

いや~いつ来ても雰囲気の良い専用線ですね。 ( ´∀`)
3.JPG

ここは工場萌え~の方にもお勧めの場所ですよ^^
10.JPG


そんなこんなしていると安中貨物(5097レ)の到着時間が近づいて来たので、
駅のホームに向かったところ、なんと!! スイッチャー君がうしろに居たトキ車を
牽いて入換えを始めたではありませんか。
4.JPG

ほんの少しでしたが、まだ明るいうちにスイッチャー君の動くところを見る事が
出来てメチャクチャラッキー!! でした。 (゚∀゚) ラッキー!!
5.jpg

6.JPG


この亜鉛精鉱用のトキ25000ですが、昨年の7月に武蔵野線内でトキ車の
カバーが外れて旅客列車に接触する事故が起きた為、事故原因の究明と
対策が終わるまでしばらくの間運行がストップしていました。
7.JPG

以前は写真の様にフレーム上にシートをかぶせたものがカバーとして取り付け
られていましたが、
9.JPG

フレームは撤去されて、シートを直接掛ける方法に変更になったみたいです。
シートを止めるバンドの数も増えてかなり厳重になっていますね。
8.JPG


トキ車を撮影していると、EH500-54に牽かれた5097レが入線して来ました。
11.JPG

この日は亜鉛焼鉱用のタキ1200 12両+トキ25000 3両の15両編成でした。
トキ25000 6両のフル編成に戻るにはまだしばらく時間が掛かりそうです。
12.JPG

13.JPG


EH500が離れると、程なくしてスイッチャー君がやって来て列車の先頭に
連結しました。このあとタキ車を2両ずつ工場内の荷役線へ連れて行きます。
14.jpg

工場へタキ車を押してゆくシーンも撮影したかったのですが、すでにあたりは
真っ暗だったので、さすがにあきらめて帰る事にしました^^
15.jpg



今度は日の長い夏に来ようと思います。 (゚∀゚) アヒャ
16.JPG






nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

倉賀野駅貨物基地 その② [貨物駅紹介]

前回の続きです。 (´ω`)ノ

今回は先日訪問した時の様子をお伝えします。ネットの情報ではここにもHD300
がやって来たとの事ですが、現地に到着して第1栗崎(A)踏切近くのカマの溜まり
場の方を見てみると・・・ おっ!! いますね~
1.JPG


前回の記事で紹介した通り、第1栗崎(A)踏切からは撮影が出来なくなったので、
踏切から離れた場所からDE10 1102と並ぶHD300 29を撮影しました。

ここのDE10はジェイアール貨物北関東ロジスティクス所属ですが、HD300の
方は他のHD300同様に新鶴見機関区所属です。今後、DE10たちもすべて
淘汰されてしまうのでしょうか。この日、車庫には元樽見鉄道のDE10 108の
姿がありましたが、もう一台のぬしのDE10 1142の姿は見当たりませんでした。
2.JPG


第1栗崎(A)踏切では撮影が出来なくなっていたので、貨物基地入口にある
第二中里前踏切へ移動しました。踏切に着くとちょうど3093レを受け取りに
HD300 29が出発するところでした。
3.JPG

4.jpg


HD300が駅に向かった後は列車が戻って来るまで時間がありそうだったので、
構内を覗いてみる事にしましたが、あんまりいませんね~
5.JPG

数の少なくなったJOT(日本石油輸送)の黒タキの姿があってラッキー!! と思い
ましたが、検査期限切れの廃車前提の留置車でした。 (´;ω;`)
6.JPG

こちらはこのあと3096レで新座(タ)に向かう編成の様です。
7.JPG

そんなこんなしていると、昼寝していたDE10 1102が奥の方でゴソゴソと動き
始めました。どうやらこのあとは南側のコンテナホームへ向かうようです。
8.JPG

せっかくなのでDE10の入換えも撮影したいな~、という事でコンテナホームへ
行ってみましたが
9.JPG

DE10は奥の方で止まってしまいました。 しばらく待っていましたが、入換えが
始まる様子がありません。 ( ゚д゚) ナンジャイ
10.JPG

仕方がないのでオイルターミナルのタンクなどを撮影していると、
11.JPG

遠くの方から踏切りの音が聞こえて来るではありませんか。慌てて踏切へ向かい
ましたが、無情にも列車は通過して行ってしまいました。ウロウロせずにおとなしく
待っていれば良かったです。 (TДT) バカバカバカー
12.JPG

到着した列車は石油2番線に入って行きました。
13.JPG

到着後はすぐに係員さんにより上部のハッチが開けられ、内容物の確認が
始まっていました。この後、積み下ろしが始まります。
14.JPG


奥の方をみるといつのまにか南側のコンテナホームから戻っていたDE10が
化成品タンクコンテナを載せたコキ車を入換え中でした。
15.JPG

DE10による列車の組成が終わるとHD300がこちらにやって来て
16.JPG

コンテナ編成を連結して、倉賀野駅へ向かって発車して行きました。
17.JPG

DE10に比べて操車さんはデッキに乗り易そうですね。
18.JPG

このあとは8099レでやって来た石油タキ編成を牽いてこちらに戻ってくると思い、
セメントターミナル専用線横の定番ポイントで待っていたのですが・・・ なんと!!
単機で戻って来てしまいました。orz どうやら列車の到着が遅れている模様で、
一旦こちらに帰ってきたみたいです。
19.JPG


本当は次の撮影地へ向かう予定だったのですが、どうしてもHD300が牽く石油
タキ列車が撮りたかったのでもう少し粘る事にしました。しばらく待っていると、
またまたHD300君がやって来ました。
20.JPG

21.JPG

22.JPG

だいぶ時間がかかりましたが、無事夕日を浴びながらやって来る石油タキ列車を
撮影する事が出来ました。 ( ´∀`) エガッタ
23.JPG

到着した列車は石油3番線へ入線しました。
24.JPG

お腹いっぱい撮影した後は安中駅へ向かいました。


次回に続きます。 (・ω・)ノシ





【おまけ】
貨物基地南側のヤードの隣にはなんの変哲もない車庫があるのですが、よ~く
見ると『鉄道石油輸送歴史館』の看板が付いています。以前からこの中が気に
なって仕方が無かったのですが、
26.JPG

先日訪問した時に見てみると・・・ Σ(゚д゚lll)ガーン 看板が無くなっていました。
27.JPG

一度も開館することなく閉館となってしまったみたいです。 (´;ω;`) ザンネン
28.JPG




nice!(54) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

倉賀野駅貨物基地 その① [貨物駅紹介]

先日久しぶりに倉賀野駅に行って来たので、久々に貨物駅の紹介をさせてもらい
たいと思います。 ( ´∀`)

倉賀野駅のJR貨物の施設は高崎線倉賀野駅の東側約1kmのところに位置し、
構内には広大なヤードが広がっています。ここは“倉賀野駅貨物基地”と呼ばれて
おり、駅入口の表札にもその名が掲げられています。
0.JPG

駅の横には国道17号線が通っており、陸橋の上から広大な駅構内を一望する
事が出来ます。
1.JPG

ここのメインは石油輸送で、駅の南側には日本オイルターミナル高崎営業所の
油槽所が広がっています。
2.JPG

3.JPG

タキ車の荷役中の姿も遠目に見る事が出来ます。写真には写っていませんが、
最近は遊休タンクの有効活用策としてメタノール輸送も行われており、コキ200に
載ったメタノールタンクコンテナがここで荷役する様子も見る事が出来ます。
4.JPG

タンクローリーの荷役の様子も見る事が出来ますよ。
5.JPG


また駅の北側にはコンテナホームがあり、主に12fコンテナを取り扱っています。
6.JPG

コンテナホームは駅の南側の方にもあります。
7.JPG

写真には主に12fコンテナが写っていますが、
8.JPG

奥の方は化成タンクコンテナの基地になっており、各種化成品コンテナの荷役の
様子を見る事が出来ます。
9.JPG

10.JPG


またコンテナホームの隣にはヤードが広がっており、遊休貨車の留置等に使用
されていますが、近年はあまり使用されていないみたいです。
11.JPG

ここはかつては廃車機関車の墓場としても有名で、最期の時を待つ機関車たちの
姿を見る事が出来ました。
12.JPG

最後のEF65F型だった515号機や
13.JPG

特急色のEF65539号機もここで最期の時を迎えました。
14.JPG


倉賀野駅貨物基地は石油荷役線を除き、コンテナホームなどに直接入線する
事が出来ない構造になっている為、コンテナホームへは一旦、駅の東側奥の
引上げ線に引き上げてから入線します。この引上げ線はかなり長く、終端は
高架になっています。
15.JPG

引上げ線の途中にある第1栗崎(A)踏切の近くには検修庫があり、ジェイアール
貨物北関東ロジスティクス所属のDE10(機械扱い)が休んでいる姿を見る事が
出来ます。
16.JPG

かつてはジェイアール貨物北関東ロジスティクスの前身の高崎運輸所属の
スイッチャー君の姿も見る事が出来ました。
17.JPG

この子はかつて倉賀野駅(旅客)に接続していた日本たばこ産業高崎工場専用線
で働いていた子で、専用線廃止後はしばらくの間ここに留置されているのが見られ
ましたが、いつの間にかいなくなってしまいました。
18.JPG


第1栗崎(A)踏切はここで働くカマたちの溜まり場になっており、入換え作業の
合間に小休止している姿を間近で見る事が出来ます。但し、この踏切からの
構内撮影は最近禁止になってしまった模様で、踏切りのまわりには『撮影禁止』
の看板が多数取り付けられていたので、このアングルでの撮影は出来なくなって
しまいました。お気に入りの場所だったので、残念です。 (´・ω・`) 
19.JPG

20.JPG

21.JPG


駅の入口付近にある第二中里前踏切の周辺では倉賀野駅(旅客)との間の側線
(主線)を行き来する列車を撮影する事が出来ます。
22.JPG

23.JPG


また、倉賀野駅(旅客)ではJR貨物のカマとの列車授受の様子を撮影する事が
出来ます。
24.JPG

25.JPG

26.JPG


次回は先日訪問した時の様子をお伝えします。 (・ω・)ノシ






【おまけ】
貨物基地の西側にはセメントターミナル高崎営業所の専用線があり、1999年
までセメント輸送が行なわれていました。写真は2006年の様子ですが、当時
は遊休貨車たちが荷役線に留置されていて、さながら現役の様でした。
27.JPG

グリーンの塗色が特徴的だったセメントターミナルのタキ1900も懐かしいです。
28.JPG

先日の訪問時に覗いてみましたが、嬉しい事に荷役線は、ほぼ当時のままで
残っていてくれました。
29.JPG





nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 東福山 JFEスチール専用鉄道 [専用線日記]

先週年明け一発目の鉄活動に行って来ました。この日はまだ松の内で貨物列車は
運休祭り真っ最中だったので、お昼過ぎにまだ撮影をしていなかったハローキティー
新幹線を撮影に新倉敷駅に行きました。
1.jpg

どんなもんかと思っていましたが、意外に似合っていますね。 (^^ゞ
2.JPG

御存じの通り、この500系V2編成は以前はエヴァ新幹線でした。
2-2.JPG

個人的にはやはりオリジナルカラーが一番かっこいいと思います。 ( ´∀`)
3.jpg



ハローキティー新幹線の撮影後はまだ時間があったので、久々に東福山駅に
コンテナの撮影に行く事にしました。駅に着くとHD300は予定通り爆睡中でした。
4.JPG

早速、最近見かける様になった福山通運のせとうち広島、宝しまステッカー付き
のU51Aコンテナなどを撮影していると、
5.JPG

6.JPG

7.JPG


遠くの方でなにやら機関車のライトらしきものが光っている様に見える気がします。
JFEスチール専用鉄道の運行は朝のみのはずなので、まさか!? と思いつつ目を
凝らして見ると・・・

なんと!! JFEスチールのスイッチャー君がチキ車を牽いてこちらに向かって来る
ではありませんか!! ネットの情報でまれに午後の運行があるらしい、というのを
見たことがありますが、まさかこの目で午後の運行を見る事が出来るとは思って
いませんでした。

年明けから、めちゃくちゃラッキー!! でした。 ヽ(゚∀゚ )ノ ラッキー
8.JPG

チキ車を切り離したDD403が機回しの為、こちらに向かって来ます。
9.JPG

ちょうど専用鉄道終端近くにいた私の目の前で停車してくれました。
10.JPG

約半年ぶりにお会いしましたが、相変わらず見事な錆びっぷりですね^^
11.JPG


DD403はあっという間に発車して行ってしまいました。一瞬このまま工場へ行って
しまうかしらと思いましたが、たしかここは工場へ向かう前に一旦出発線へ転線して
から出発する事を思い出したので急いで追っかけてみたところ、
12.JPG

予想通り、スイッチャー君がこちらに戻って来てくれました。
13.JPG

14.JPG

スイッチャーが停車後に係員さんが牽いて来たチキ車の側ブレーキを掛ける
様子も見る事が出来ました。側ブレーキの貨車も今では貴重になりました。
15.JPG

チキ車の特大貨物検査票には安芸川尻経由と記載されていましたので、呉線の
どこかで荷卸しされるみたいです。
16.JPG

ちなみに積み荷はレール2本(25m×1本・20m×1本)のみでした。 (゚∀゚) コレダケ?
17.JPG

いや~ 最高の風景ですね~
18.JPG

このスイッチャー君、スポーク車輪というのがまた激シブです。
19.JPG

スイッチャー君はしばしの停車後、夕日を浴びながら工場へ帰って行きました。
20.jpg

思い付きで来ましたが本当にラッキー!! でした^^





nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

12月某日 水島臨海鉄道 DD50 [水島臨海鉄道]

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 <(_ _)>

先月は激忙であまり撮影には行けなかったのですが、久々に水臨に行って
お気に入りの隠れキャラDD50を撮影して来ました。 ( ´∀`)


朝、倉敷(タ)に到着すると、DD50君がエンジンを掛けてスタンバッているのが
見えました。無事、区間貨物の運転がある模様です^^
1.JPG

お隣にはキハ30 100とキハ38 104がお休み中でした。そういえば今シーズンは
キハ30の運行シーンを撮影していませんでした。今度はキハをメインに撮影に
来ようと思います。
2.JPG

そんなこんなしていると、DD501が出発位置までやって来ました。
3.JPG


倉敷(タ)からの出発シーンはいつもの三菱自工前駅手前では無く、旧西埠頭線
との分岐点付近からする事にしました。しばらくすると、DD50君が牽く区間貨物
がこちらに向かって来ました。
4.JPG

無事撮影出来ました。ここで区間貨物を撮影するのは初めてでしたが、個人的
には結構いい感じに撮れました。
5.jpg


出発シーンの撮影後は港東線に移動し、いつもの定番ポイント付近で東水島駅に
向かう列車を撮影しました。今回は定番アングルでは無く、東京製鐵の工場建物
を入れたアングルで撮影してみました。
6.JPG

その後は東水島駅でDD50君の入換えシーンを撮影しました。
7.jpg

この日は結構ウロウロしてくれたので、お腹いっぱい撮影出来ました。
8.JPG

10.JPG

11.JPG

ここではこんな目の前で機関車を撮影する事が出来ますよ。但し、近くをひっきり
なしに大型トラックが走っているので邪魔にならない様、気を使う必要があります。
12.JPG

13.JPG


東水島駅での入換え終了後の帰りのシーンもたっぷりと撮影させてもらいました。
14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.jpg


最後に倉敷(タ)まで追っかけると、DD50君は駅の最奥部の川鉄前踏切の方
まで行くのが見えました。踏切の動作確認を兼ねているのでしょうか。
18.JPG

その後、DD50君がこちらに戻ってくると
19.JPG

ちょうどいい感じにお休み中のキハたちと並んでくれました。なんだか撮影会
みたいですね^^
20.JPG

そしてDD50君はいつもの定位置へ戻って行きました。
21.JPG

いや~久々に動いているDD50君を撮影する事が出来て良かったです。
やっぱこの子は“かわいい”っすね。 (*´∀`*) ワタシヘンタイカシラ?
22.JPG


久々の区間貨物の撮影後は、せっかくなので再び港東線で3093レを先程と同じ
アングルで撮影し
23.JPG

最後に夕方の3095レを定番アングルで撮影しておわりにしました。
25.JPG


やっぱ水臨はいいですね~ また通おうっと。 (゚∀゚)
26.JPG
あとで確認したところ、2年前の新年最初の記事も同じ様に水臨DD50の記事を
アップしていましたw(→ここ




【おまけ】
三菱自工前駅の掲示板にはクリスマストレインのポスターと共に、オリジナル
カレンダーのポスターが貼られていました。カレンダー売上の一部は西日本
豪雨災害義援金として倉敷市に寄託するそうです。
27.JPG

私も倉敷市駅で購入させてもらったのですが、表紙の写真をはじめとして関係者
以外は撮影出来ないアングルの写真が満載で、めっちゃ気に入りました。
28.jpg





nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月某日 四国フェリー 高松-宇野航路 [フェリー・艦船・船]

前回の続きです。

ことでんを堪能した後は急いで高松築港駅に戻って、久々にフェリーに乗るべく
サンポート高松フェリー乗り場へ向かいました。ここからは小豆島行や直島行
など多数のフェリーが運航されていますが、
1.JPG

私はこちらの宇野行きに乗って、久々に宇高連絡船の気分を味わおうと思います^^
2.JPG

この四国フェリーの高松-宇野航路はなんと!! 車一台込みでたった2500円で
乗ることが出来ます。この料金でも瀬戸大橋の通行料金の値下げには対抗する
出来ずに減便が続き、いまではたったの5往復しか運行していません。かつては
宇高国道フェリーと共に24時間運航していたのに寂しい限りです。
3.JPG

私が乗る高松発の4便が来るまで時間があるので、フェリーターミナルから出て
ブラブラしていると、ちょうど小豆島(池田港)行きの第1こくさい丸がやって来る
ところでした。写真では見づらいですが、ファンネルの“パンダ君”がチャーム
ポイントです。僚船には“キリン君”もいますが、私は遭遇したことがありません。
4.JPG


そんなこんなしていると、隣の乗り場に宇野行きの第一しょうどしま丸がやって
来ました。この航路にはかつては2隻の玉高丸が就航していましたが、減便に
より退役・売却され、いまは小豆島航路で活躍していた第一しょうどしま丸が
1隻で高松-宇野航路を守っています。
5.JPG

船首には“うどん県”のマークがペイントされています。
6.JPG


船の到着後はすぐに船内へ誘導されます。乗船後はまず、後部デッキに行って
船尾のランプから乗船する車両を眺める事にしました。
17.JPG

7.JPG

フェリーのお客は基本トラック様がメインです。この日もターミナル周辺は多数の
トラックが行き交っていました。
8.JPG

こちらがサンポート高松フェリー乗り場の建物です。
9.JPG

先程、第1こくさい丸がいた乗り場には小豆島(土庄港)行きのしょうどしま丸が
いました。昨年就航した最新鋭の船だそうです。
10.JPG

しょうどしま丸の船首には“おりーぶしまちゃん”がペイントされています。
11.JPG

しょうどしま丸を撮影中にちょうど大島行きの官有船がやって来たのでこちらも
撮影していると・・・ あれっ!? えらくシブい車がいますね~
12.JPG

懐かしのハコスカGT-R(仕様っぽい?)が駐車していました。 (・∀・) カコイイ!!
13.JPG


そんなこんなしているうちに出航の時間になりました。
18.JPG

右舷側にほぼ同時に出発した直島(宮浦港)行きのRED BIRDが並走していました
が、高速船なのであっという間に去って行きました。
19.JPG


出航後は辺りも暗くなってきたので、船内でのんびりと過ごす事にしました。
15.JPG

残念ながら船内は見事にガラガラでした。 (´・ω・`) サビシイ
16.JPG

14.JPG

せっかくなので、うどんを頂くことにしました。やっぱ船の上のうどんは最高ですね^^
20.JPG

あと、前から欲しかったフェリーのチョロQも購入しました。
21.JPG

四国フェリーの方はすでに売り切れだったので、オリーブラインの方を購入
しましたが、なかなかいい出来です。気に入りました^^
22.JPG

約1時間の船旅もあっという間に終わり、宇野港へ到着してしまいました。
23.JPG


やっぱ船は楽しいっすね。また、乗りにこよっと。 (゚∀゚)
24.JPG





【おまけ】
宇野港には港周辺や児島湖拾い集めた漂流物を使って作り上げたアート作品の
「宇野のチヌ」があります。夜間ライトアップされているのは知りませんでした。
25.JPG

「宇野のチヌ」は2匹いて、こちらの大きいのと
26.JPG

小さいのがいます。小さい方は中が滑り台になっています。
28.JPG

『ゴミ』が見事にアート作品になっているのに驚かされますね。
27.JPG

こちらは昼の様子です。
29.JPG

30.JPG



今回が年内最後の更新になります。今年も1年お付き合い頂き有難うございました。
来年も何卒よろしくお願い致します。 <(_ _)>





nice!(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月某日 ことでん [その他(鉄道)]

前回の続きです。

多度津工場を見学した後はいつものパターンでことでんの撮影へ向かいました。
今回も高松築港駅から仏生山駅に向かいます。
1.JPG

ホームに入ると、ちょうど長尾線の1200形が入線中でした。
2.JPG

私はその後にやって来た琴平線の1100形に乗って仏生山駅に向かいます。
3.JPG


仏生山駅が近づいて来ました。いつもレトロ電車が寝ている留置線を見てみると・・・
あれっ!? 今日は誰も寝ていませんね。 (・・?))アレレ
4.jpg


仏生山駅に到着すると、なんと!! ホームに20形23号と3000形300号がいるでは
ありませんか!! ( ゚Д゚) ビックリ 『貸切』のサボが付いていたので、貸切列車で走って
来て留置線へお帰りのところでしょうか。
5.JPG

今にも発車しそうだったので慌てて撮影していると、
6.JPG

あっという間に発車して行きました。いや~めちゃくちゃラッキー!! でした^^
7.JPG


予想をしていなかったレトロ電車を撮影した後はいつもの如く、デカ様を参拝する
ため工場へ向かいます。改札口に向かうと、以前から工事中だった西口が出来て
いました。
8.JPG

こちらが西口の入口になります。平日の7:00~17:00のみの営業だそうです。
西口の新設により、ここにあったトイレが無くなっています。
9.JPG


この日の駅横の側線には1000形120号が鎮座していました。
10.JPG

奥の工場に到着すると、
11.JPG

この日のデカ様は奥の方でパンタを下げてお休みしていました。ちょっと遠いですが、
無事参拝が出来ました。 ( ´∀`)
12.JPG

デカ様を参拝したあとは、先程お会いしたレトロ電車を撮影に駅外れの留置線
へ向かいます。 あれっ!? レトロ電車がいませんね。先程の列車はねぐらに
帰る姿では無く、貸切列車運行の為に出区していった姿だったみたいですね。
13.JPG


という事で、近くの踏切近くのお手軽撮影地でレトロ列車がやって来るのを待つ
事にしました。1100形や1080形を撮影しつつ、ドキドキしながら待っていると・・・
14.JPG

15.JPG

キタ―(゚∀゚)―!! レトロ列車がやって来ました。この日この時間に来たのは全くの
偶然でしたが、運行中のレトロ列車を撮影出来て感無量です。 。゚(T^T)゚。
16.JPG

逆光ですが後追いも。 11月でしたが天気が良く暖かかったので、列車の窓は
全開になっていました。
17.jpg


貸切列車が去った後、しばらくすると留置線にレトロ列車が帰って来ました。
運行は高松築港駅~仏生山駅までの短区間だったみたいです。
18.JPG

サボの無い素の姿で動いているところもちょこっとですが撮影が出来ました^^ 
19.JPG


列車は無蓋貨車13000形1310号手前の定位置で停車しました。停車後は
すぐに乗務員さんにより、窓締めなどの作業が行なわれていました。
20.JPG

連結面の扉が開いているのも初めて見ました。
21.JPG

23.JPG

最後に20形23号の正面扉を施錠して運行が終了しました。
24.jpg

25.JPG

乗務員さんたちはひと仕事を終えて駅へ帰って行きました。 ヾ(。・ω・)ノ゚ オツカレ-
いや~ 珍しい光景を撮影する事が出来ました。 ヽ(゚∀゚ )ノ ラッキー
26.JPG


この日はそれだけでなく、帰り道に再度工場のデカ様を眺めていると
27.JPG

工場見学の御一行様(先程のレトロ列車の乗客の方々)がいたり、
28.JPG

その隣で乗務員訓練を行っていたり、
29.JPG

挙句の果てにはパンタを上げて点検中のデカ様の姿まで見る事が出来ました。
30.JPG

31.JPG



いや~ 盛りだくさんでした。短い時間でしたが、ちょー楽しかったです^^
32.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月某日 大王製紙専用線 [専用線日記]

そういえば最近四国へ行っていないな~、と思い久々に大王製紙専用線へ行って
来ました。 ( ´∀`)

まずは讃岐塩屋駅に寄って、伊予三島行きの3075レから撮影を開始しました。
1.jpg

お次に多度津駅で出発シーンを撮影しつつ、目的地の伊予三島へ向かいます。
この日の牽引機はEF65 2067でした。原色PFもだいぶ増えて来ましたね。
2.JPG


その後はいつもの如く、高速ワープをして専用線入口でも3075レを撮影したのち、
伊予三島駅からの入2便を待ちます。
3.jpg

専用線へのポイントが
4.JPG

切り替わると
5.JPG

程なくして入2便がやって来ました。
6.jpg


専用線のこの日の御担当は現メイン機の元北王子君でした。
7.JPG

御元気そうでなによりです^^
8.JPG

ここの入換え自体は単純ですが、列車を2分割して荷役ホームへの押し込みを
行なうので、スイッチャー君がウロウロする姿をお腹いっぱい撮影出来るので
お気に入りの専用線です。
9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG


スイッチャー君による押し込みが終わるとPFが奥からやって来て、いったん
途中で停車して
13.JPG

そしてスイッチャー君が帰って来ると
14.JPG

PFは再度動き出して
15.JPG

16.JPG

荷役ホームの入口でしばし休憩します。
17.JPG


いや~いい眺めです^^
18.JPG

PFとスイッチャーとの2ショットが撮影出来る専用線も今となってはここくらい
でしょうか。
19.JPG


予備機の方々はいつもの場所で
20.JPG

後ろを向いてふてくされていましたw
21.JPG

22.JPG

荷役ホームの方では早速荷卸しが始まっていました。
23.JPG

大分お腹いっぱいになって来たので、最後に入3便を撮影してここでの撮影は
終わりにしました。
24.jpg


今度は久しぶりにこの子たちが動いているところを見たいものです。
25.JPG






【おまけ】
伊予三島で撮影した後はまた多度津に戻って、多度津工場をちょこっと偵察して
来ました。

保存貨車たちは5月の訪問時と特に変化は無く、
26.JPG

ワラ1は相変わらずのっぺらぼう状態でした。 (´・ω・`) ナンカチガウ
27.JPG

また、この日構内には多数の8000系電車電車の姿がありました。多度津駅の
留置線の方にも留置されていましたが、いよいよ8000系も運用離脱が始まって
しまったのでしょうか。
28.JPG

29.JPG

また、一番奥の留置線には今年引退したTSEがいました。
30.JPG

今後の処遇が決まるまではしばらくここで見る事が出来そうですね。貴重な車両
なので、是非編成ごと保存してもらいたいものです。
31.JPG

その一方で、解体線の方では長らく留置されていた113系の第3編成が解体
作業中でした。残念ながら復活はかないませんでした。 (´;ω;`)ブワッ
32.JPG


続きます。 (・ω・) ノシ





nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月某日 YOKOSUKA軍港めぐり その② [フェリー・艦船・船]

前回の続きです。 (´ω`)ノ

遊覧船は海上自衛隊横須賀基地の船越地区に入って来ました。最初に見えて
来たのは海洋観測艦の『しょうなん』と『にちなん』でした。『にちなん』の艦首の
海底ケーブル敷設用のバウ・シーブが特徴的ですね。
1.JPG

2.JPG

艦尾も特徴的ですね。
3.JPG


反対側の横須賀造修補給所比与宇油脂庫前の桟橋にはおやしお型潜水艦が
停泊していました。こちらの桟橋は最近整備されたそうで、整備後に潜水艦が
停泊する様になったそうです。
4.JPG


再び振り返ると特徴的な艦橋構造物を持つ試験艦『あすか』が見えて来ました。
このちょっとやぼったい感じがいかにも試験艦っぽくて素敵です。
5.JPG

『あすか』の隣には掃海母艦の『うらが』が並んでいました。
6.JPG

『あすか』の甲板では隊員さんたちが昼休みを利用してサイドパイプを練習して
いる姿を見る事が出来ました。 ( ´∀`) ラッキー!!
7.JPG


その後、港内の支援船や輸送艇2号などを撮影していると
9.JPG

10.JPG

今度は艦番号が消された退役艦が見えて来ました。元潜水艦救難“母”艦『ちよだ』
です。ここで最期の時を過ごしていました。
11.JPG

しかも近くには新しく就役した潜水艦救難艦『ちよだ』もいました。先代の『ちよだ』
にあった潜水艦の母艦機能が省かれた為、艦種が潜水艦救難艦に変更になって
います。ちなみに『ちよだ』のまわりに何気なく見える建物が自衛艦隊司令部や
開発隊群の建物だったりします。
12.JPG

新旧の『ちよだ』を一緒に撮影しました。一緒の姿を撮影出来るのは最初で最後
だと思います。貴重な経験をさせてもらいました。
13.JPG


船越地区で珍しい艦船たちをおなか一杯撮影した後は、新井掘割水路に入って
行きます。
14.JPG

右側に見える島が吾妻島(吾妻倉庫地区)になります。島全体が米軍の貯油施設
となっており、当然一般人は入れません。島の中にも何か所もゲートがあるのが
物々しいですね。(開いてましたがw)
15.JPG

立入禁止水域の看板もありました。
16.JPG

この写真を見るかぎり完全に“アメリカ”ですね。
17.JPG

ここは海上自衛隊も共用しているので、両国の国旗が掲揚されています。
18.JPG

渡船の船着き場の前には小さな鳥居もありました。
19.JPG


新井掘割水路出ると、今度は海上自衛隊横須賀基地の吉倉地区に入って行き
ます。最初に水中処分母船『YDT 03』と特務艇『はしだて』が見えて来ました。
『はしだて』は迎賓艦として有名でここでしか見る事が出来ないフネです。
21.JPG

さらに奥の方には多用途支援艦の『えんしゅう』もいました。
22.JPG

一方でこの日、護衛艦はあぶくま型の『じんつう』一隻しかいませんでした。
23.JPG

遊覧船は再び米軍横須賀基地の前を通って戻って来ました。楽しかった軍港
めぐりもあっという間に終わってしまいました。
25.JPG


また、こよっと。 (゚∀゚)
26.JPG





【おまけ】
軍港めぐりが終わった後はお隣の田浦駅で降りて、久々に田浦臨港線廃線跡を
見に行きました。(以前の紹介記事はここ
駅前の相模運輸倉庫の看板にはまだ臨港線の線路が描かれていました。
27.JPG

線路もだいぶ撤去されたところが増えているものの、まだ結構残っていました。
28.JPG

29.JPG

30.JPG

横須賀港湾合同庁舎の横から先ほど見た海洋観測艦の『しょうなん』と『にちなん』
の姿がちょこっと見えました。(但し、この先の港の中は立入禁止です。)
31.JPG

いや~いい雰囲気ですね^^
32.JPG

33.JPG

残念ながらここにあった鉄橋は撤去されてしまっていました。
34.JPG

さらに進んで行くと、
35.JPG

有名な平面交差2連発が見えて来ました。
36.JPG

道路側の線路は撤去されていましたが、平面交差自体はまだ健在でした。
37.JPG

港方面の線路も健在の様ですが、現在はここからは立入禁止の為詳細不明です。
38.JPG

田浦駅方面は完全に自然に還っていました。
39.JPG

以前スイッチャー君が留置されていた線路はかろうじて確認出来ました。
40.JPG

また、トンネルに向かっていた線路は埋められ、ポイントも撤去されていました。
41.JPG


改めて現役時代に来たかったな~と思う今日この頃です。






nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月某日 YOKOSUKA軍港めぐり その① [フェリー・艦船・船]

最近“鉄分”はそこそこ取れているのですが“塩分”の方が不足気味だったので、
いつもとは趣向を変えて横須賀へ行って来ました^^

横須賀駅に到着すると、さっそく港の方へ向かいます。
1.jpg

駅のすぐそばには海上自衛隊の横須賀地方総監部の入口があります。
2.JPG

さらにその先にはヴェルニー公園があり、ここから停泊中の艦船を撮影する事が
出来ます。公園の中には戦艦『陸奥』の主砲も展示されています。
3.JPG


この日は目の前に見える海上自衛隊横須賀基地の逸見岸壁には艦船が停泊
していなかったので、公園の対岸にある米海軍横須賀基地の方を見てみると、
遠くにアーレイ・バーグ級駆逐艦『マッキャンベル』の姿が見えました。
4.JPG

また、この日は珍しい事にカナダ海軍のフリゲート艦が停泊していました。
5.JPG

さらにこんなのもウロウロしていました^^ 米海軍の警備艇ですね。
6.JPG

タグボートもかっこいいっす。 (・∀・)カコイイ!!
6-1.JPG


港内の撮影に夢中になっていると、YOKOSUKA軍港めぐりの遊覧船がやって
来ました。当初はヴェルニー公園から、軍港内を撮影して終わりにするつもり
だったのですが、これを見て気が変わり私も軍港めぐりに乗船する事にしました。
7.JPG

ちょうどお昼の便の時間だったので、それほど待たずに乗船する事が出来ました。
8.JPG


お客さんが全員乗船すると、さっそく出航します。クルーズ中は案内人の方が
分かりやすく停泊中の艦船の説明をしてくれます。出航後に最初に見えて来た
のは、海上自衛隊のおやしお型潜水艦です。ここは米軍横須賀基地内ですが
海上自衛隊の第2潜水隊群司令部があり、自衛隊の潜水艦が停泊している
のを見る事が出来ます。
9.JPG

次に先程紹介したカナダ海軍のハリファックス級フリゲート『カルガリー』が見えて
来ました。案内人の方の説明によると、国連の任務で北朝鮮への経済制裁に
反する行為(瀬取り)が無いかを監視するために派遣されて来たとの事です。
10.JPG

メインマストには国連の旗が掲揚されていました。
11.JPG

また、隣にはオーストラリア海軍の沿岸掃海艇ヒューオン級『ヒューオン』が
停泊していました。こちらも国連の任務でやって来たそうです。『カルガリー』
同様、メインマストには国連旗が掲揚されていました。
12.JPG

ファンネルにはオーストラリアの艦船らしく、カンガルーのマークが取り付け
られていました。
13.JPG

カナダ軍とオーストラリア軍の艦船の並びが撮影出来るとはメチャクチャラッキー!!
でした。いや~来て良かったです^^
14.JPG


遊覧船はどんどん進んで行きます。ドライドックには入渠中のアーレイ・バーグ級
駆逐艦の姿が見えた他、
15.JPG

その手前には今回ぜひお会いしたかった宿泊艦『APL-40』の姿がありました。
この船は修理中などに利用する艦艇乗組員の一時宿泊施設となる船で、この
『APL-40』は1000名以上宿泊が可能だそうです。
16.JPG

ゲテモノ好きの私はひとり狂喜乱舞しておりました。 (゚∀゚)アヒャ
17.JPG

この船以前は自走が可能だったそうですが、今はエンジンを下ろしているので、
自力航行は出来ません。ちなみに1945年(昭和20年)に就役した横須賀基地で
最古参の船だそうです。お会い出来て良かったです。 ( ´∀`)
18.JPG


次に先程ヴェルニー公園から撮影したアーレイ・バーグ級『マッキャンベル』が
見えて来ました。
19.JPG

『マッキャンベルお隣には同級の『ミリアス』と『ステザム』が係留されていました。
『ミリアス』はメインマストが工事中の様でマストが白いシートですっぽりと覆われ
ていました。
20.JPG

さらにその奥には元祖イージス艦のタイコンデロガ級巡洋艦の『シャイロー』と
『アンティータム』の姿もありました。
21.JPG

22.JPG

『シャイロー』の横にはまたまた大好物のゲテモノ船がいました。修理宿泊船
『YRB-30』だそうです。
23.JPG


『シャイロー』と『アンティータム』の先にはアーレイ・バーグ級の『マスティン』と
その奥には
25.JPG

超大物の第7艦隊旗艦ブルー・リッジ級『ブルー・リッジ』がいました。この日は
残念ながら空母『ロナルド・レーガン』はいませんでしたが、『ブルー・リッジ』を
この目で見る事が出来て良かったです。
26.jpg

さらに進んで行くと、なんと!! カナダ海軍の補給艦『アストリクス』までいました。
この船は今年から運用の始まった最新鋭艦だそうです。 いや~本当に来て
良かったです。
24.JPG



その後、遊覧船はスピードを上げて横須賀基地を離れて行きます。
27.JPG

28.JPG

遠くの方にルイス・アンド・クラーク級貨物弾薬補給艦と思われる船が投錨して
いるのが見えました。
29.jpg


しばらくすると、住友重機械マリンエンジニアリング横須賀製造所のドックや
31.JPG

今元某会長で話題の日産自動車追浜工場と
32.JPG

新車を運ぶ自動車運搬船
33.JPG

メルヘンチックな建物の横須賀市のゴミ処理場(リサイクルプラザ)を見る事が
出来ました。これらについても遊覧船の案内人の方から分かり易く説明して
もらえます。
34.JPG


また、反対側には貯油施設のある吾妻島(吾妻倉庫地区)も見る事が出来ました。
35.JPG

36.JPG



このあと遊覧船は海上自衛隊横須賀基地の船越地区へ向かいます。
37.JPG




次回に続きます。 (・ω・) ノシ






nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018 JR貨物フェスティバル 広島車両所公開 [貨物駅・車両所・機関区]

既に1ヶ月前のネタですが、2年ぶりに広島車両所公開に出掛けて来ました。
今年は西日本豪雨による山陽本線の長期運休もあったので、開催は難しい
のではと思っていましたが、無事開催されました。
1.JPG

しかしながら、山陽本線が復旧して間もない時期という事からか例年に比べて
展示車輛やイベントが縮小された形での開催となりました。いつもメインの車両が
展示されている1・2番線には車両の展示は無く、
2.JPG

3・4番線にのみ車両が展示されていました。先頭にはEF66 30とEF66 1が
展示されていました。
3.JPG

この日のメインはなんといってもピカピカに再塗装されたEF66 30でした。
現役のゼロロクが27号機のみとなった今、またピカピカのゼロロクを見る
事が出来るとはビックリです。 (゚Д゚ノ)ノ ビックリ
4.JPG

今回、広島車両所の若手社員の技術向上も兼ねて再塗装されたそうです。
残念ながら再起する事は無いみたいですが、綺麗になったので来年以降も
是非展示してもらいたいものです。 ( ´∀`)
4-1.JPG

EF66 30には恒例のカンの取り付けも行われていました。
5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG


お隣のEF66 1もカンの取り付けが行なわれていましたが、人が多すぎでまともな
写真は中々撮れませんでした。 (;゚Д゚) ヒエー
10.JPG

11.JPG

今年は山陽本線が不通だった為、残念ながらこの貨物フェスティバルのPRカンを
つけた列車が走る事はありませんでした。
12.JPG


EF66 1の後ろにはEF59 21と
13.JPG

14.JPG

EF500-901が展示されていました。
15.JPG

今回はEF500-901の1エンド側も公開されていました^^
15-2.JPG


また、EF66 30の後ろにはEF67 1が展示されていました。
16.JPG

EF67 1には片側のみ『がんばろう岡山・がんばろう広島』のステッカーが貼って
ありました。迂回貨物を牽引したロクヨンセンから剥したものを貼ったみたいです。
17.JPG

コキ車を挟んだ一番奥には運転室公開用にEF200-10が展示されていました。
EF200も来年のダイヤ改正で引退が決まったという事で、見学希望者の列が
いつも以上に長蛇の列となっていた様に思われます。私も見学したかったの
ですが、一向に列が短くならないので断念しました。 (´;ω;`) シクシク
18.JPG

写真ではちょっとわかりづらいですが、EF200-10+コキ車+コキ車+EF67 1で
瀬野八をイメージした編成になっていたのですね。EF67 1のテールランプも
ちゃんと点灯していました。 (・∀・) スバラシイ!!
19.JPG


第1主棟内の方に行って見ると新塗装に変更されたEF210-108が
20.JPG

機関車吊り上げ実演に使用されていた他
21.JPG

検査中のEF210-128と
22.JPG

EF210-164の姿がありました。
23.JPG


また、運転整備室の方には廃車となってここにやって来たEF81 719と
24.JPG

ここのぬしのスイッチャー君が並んで展示されていた他
25.JPG

奥の方にはEF510-511の姿もありました。
26.JPG


また、用品倉庫の前にはお気に入りの控車君の姿がありました。
27.JPG

控車君は残念ながら引退してしまったみたいですが、今回は目の前でじっくりと
観察させてもらいました。貴重なヒ600形の生き残りなので、現役時代の姿に
復元されたらいいのにな~と思います。
28.JPG

29.JPG

お隣には配給車代用の緑ワムも健在でした。
30.JPG

半キャブスイッチャー君が牽引するレインボーGOも元気に走り回っていました。
ただいつもボンネットについていた、きかんしゃト-〇スのお顔が今年は取外
されていました。 (;・ω・)ゝ オヨヨ  おとなの事情でしょうかw
31.JPG

恒例のヘッドマークの乱れ付けもありました。今回は『貨物フェスティバル』特集
でした。ただ人が多すぎてまともな写真は撮れる状態ではなく、これが精一杯
でした。 (゚∀゚) ヒトオオスギ
32.JPG


今回もたっぷり楽しませて頂きました。山陽本線が復旧して間もない、大変忙しい
時期であったにも関わらず今年も開催してもらい、スタッフの皆さんには感謝の
言葉しかありません。
33.JPG






【おまけ】
貨物フェスティバルの後はせっかくなので、近くの天神川駅に行って昼寝中の
カマたちを見て来ました。ホームから撮りやすい位置にはEF67 101と
34.JPG

EF210-305がいました。
35.JPG

EF210-305には『がんばろう西日本』のステッカーが貼りつけられていました。
36.JPG




nice!(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10月某日 吹田機関区 [貨物駅・車両所・機関区]

1ヶ月前に大阪に行く用事があったので、用事終わりにちょこっと吹田機関区へ
寄って来ました。

吹田駅から歩いて機関区の入口に着くと、おっ!! いますね^^
1.JPG

ノラさんとゴトー君とサメちゃんが昼寝していました。 ( ´∀`) ナンノコッチャ
2.JPG

ノラさんも来春のダイヤ改正での引退が決まってしまいましたね。お気に入りの
機関車だったので残念です。引退までもうまだ時間があるので、最後の活躍の
姿を出来るだけ撮影したいと思っています。
3.JPG

ノラさんとゴトー君の並びいいですね~ カコ(・ω・)イイ!!
4.JPG


機関区入口で撮影のあとは機関区の東側へ向かいます。途中にいた押太郎を
何気なく撮影すると・・・ んっ!! 押太郎の右奥になにかいますね。
5.JPG

奥の非電化エリアに引退したゼロロクたちが並んでいました。
6.JPG

ゼロロクたちはすでにナンバープレートやライトが外されて抜け殻の様になって
いました。残念ながらここで解体の様ですね。 (´;ω;`)ブワッ
7.JPG

東側のエリアに着きました。ゼロロクがニーナ様以外引退してしまったので、
全体的にちょっと寂しい感じがします。
8.JPG

9.JPG

10.JPG

こちらにもノラの姿がありました。この場所にいるノラたちはかなり前に運用落ち
しているカマです。
11.JPG

ノラとHD300の間からは先程紹介した抜け殻状態のゼロロクの姿が見えました。
12.JPG


日も落ちて来たので、吹田機関区の撮影を終わりにしてそのまま岸辺駅まで
歩いて駅横に広がる吹田貨物ターミナルを見学してこの日は帰途につきました。
13.JPG

駅の外れには大好物の保線区もありました^^
14.JPG



また、こよっと。 (゚∀゚)
15.JPG






【おまけ】
JR貨物吹田機関区の横にはJR西日本の吹田総合車両所が隣接しています。
車両所の正門から見える場所にモハ52001が保存されています。
16.JPG

正門の隣にある通用門の隙間からこっそりお顔を撮影させてもらいました。
17.JPG





nice!(55) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月某日 安善 在日米軍鶴見貯油施設専用線 [貨物日記]

わたくし貨物好きの為、貨車車票も結構集めていたりします。 ( ´∀`)
先日超レア物の米タンの車票を手に入れてテンションが上がったので、
1.JPG

米タンを撮影に久々に安善駅に行って来ました^^
2.JPG

駅に着き構内を見渡すと、いつもの様に米タンが昼寝中の姿が見えました。
3.JPG

8076レがやって来るまでまだ時間があったので、タキ車の近くでも撮影させて
もらいました。
4.JPG

ジェット燃料のJP-8の表記が米タンの特徴です。
5.JPG

第三者使用 米国防省燃料管理課のプレートが取り付けられていました。
6.JPG


タキ車の撮影したあとは安善駅に戻り、鶴見線を撮影しながら待っていると
7.JPG

キタ―(゚∀゚)―!! DE10が単機でやって来ました。この日は残念ながら返空タキ車の
連結はありませんでしたが、鶴見貯油施設からの引き出しは撮影出来そうです。
8.JPG

この日の御担当はDE10 1749号機でした。
9.JPG

写真では分かりづらいですが、DE10のキャブの中は操車さんたちで満員
御礼の状態です。 (゚∀゚)アヒャ
10.JPG


8076レの到着のあとは、急いで撮影ポイントへ向かいます。鶴見貯油施設への
引き込みは境運河を渡るポイントで撮影しました。
11.JPG

DE10デッキの上には操車さんが4名(前方3名・後方1名)も乗っていました。
12.jpg

こちらは境運河の先の三栄レギュレーター専用踏切で撮影した写真です。
列車は踏切の手前で一旦停止するので、撮影チャンスは結構あります。
13.jpg

DE10は旧浜安善駅構内に到着すると一旦停止します。ここからは道路を横切る
踏切りを渡って貯油施設(エリアⅠ)に向かうのですが、踏切には警報機・遮断機
が無い為、操車さんがロープを張って車が侵入しない様にしてから、列車は貯油
施設へ向かいます。
14.JPG

15.JPG

16.JPG


DE10が貯油施設の中に入った後は、しばらく入換えをおこなったのち
17.JPG

再び操車さんが道路にロープを張ると
18.JPG

列車が貯油施設からゆっくりと出て来ました。
19.jpg

いや~ たまらないですね^^ 来て良かったです。
20.jpg


貯油施設からの引き出しを撮影した後は、8078レを撮影に安善駅に戻ります。
途中には米軍専用線と書かれた境界標や
21.JPG

ジェット燃料のパイプラインの表記なども見られました。
22.JPG

鶴見貯油施設には安善駅に隣接したエリアⅡもあるのですが、今はまったく
使われて居ない模様で線路は錆びつき、水たまりも出来ている状態でした。
23.JPG


駅横の踏切に到着すると、ちょうどDE10が機回し中でした。
24.JPG

しばらくすると、8078レがEF210-171に牽かれて拝島からやって来ました。以前
来た時はEF64 1000の牽引でしたが、今は桃太郎なのですね。
25.JPG

列車が到着するとすぐにEF210は切り離され、DE10が牽いて来た積車タキ車を
着発線に引き出します。
26.JPG

すると今度はDE10がEF210が牽いて来た空車タキ車に向かい、
27.JPG

29.JPG

30.JPG

その後、構内入換えを行います。
32.JPG

通常はこのあと鶴見貯油施設へ空車タキの引き込みが有るはずなのですが
この日は引き込みが無いみたいでDE10はそのまま単機で着発線に移動して
しまったので、ここでの撮影は終わりにしました。
33.JPG

今度は拝島の横田基地専用線の方でも撮影したいものです。





【おまけ】
せっかく鶴見線沿線に来たので、昭和初期の雰囲気が残っている駅で有名な
国道駅に途中下車してみました。
34.JPG

駅の構内はえらく薄暗くて人の気配もほとんどありません。
35.JPG

こちらは改札口です。簡易suicaの改札機が浮いていますね。
36.JPG

改札口を出た先にはガード下があり、そこにはザ・昭和の風景を見る事が
出来ます。殆どの店舗や住居はすでに無人の模様で、その多くが表面に
ベニヤ板が打ち付けられていますが、今でも居酒屋さんが一店舗のみ、
営業しているみたいです。
37.JPG

“やきとり国道下”の店名が素敵です。
38.JPG

すでに営業していないみたいですが、不動産屋さんの看板も激シブですね。
39.JPG





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -