So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

5月某日 YOKOSUKA軍港めぐり [フェリー・艦船・船]

ゴールデンウイーク明けの出張終わりに時間があったので、久々に横須賀駅へ。
目的は新型車両での置き換えが発表されたE217系の撮影では無く、
1.JPG

艦船の撮影です^^ さっそく、ヴェルニー公園より海上自衛隊の横須賀総監部
の方を見てみると・・・
2.JPG

なんと!! 練習艦隊旗艦の『かしま』とむらさめ型護衛艦『いなずま』が並んで停泊
していました。今年度の近海練習航海の最後に横須賀に寄港したみたいです。
3.JPG

お尻の方からしか見えませんでしたが、『かしま』の姿を初めて見る事が出来て
ラッキー!! でした。『かしま』のマストには練習艦隊司令官が座乗している事を
示している海将補旗が翻っていました。 ( ´∀`)
4.JPG


『かしま』の姿を見た後は今回もYOKOSUKA軍港めぐりに乗船する事にしま
した。13:00の便に乗るべく受付に向かい、撮影のベストポジションを確保する
為に気合を入れて一番先頭で待つことにしましたw 
5.JPG

6.JPG

ボケーっとしながら待っていると、程なくして遊覧船がやって来ました。
7.JPG


一番手で乗り込み無事ベストポジションを確保した後は、軍港めぐりへ出発です。
今回も海上自衛隊第2潜水隊群司令部の前にはおやしお型潜水艦が停泊して
いるのが見られました。
8.JPG

また、今回は奥の方にもう一隻の潜水艦が停泊しているのが見られました。
もしかしたら、アメリカ海軍のロサンゼルス級かと一瞬思ったのですが、良く
見てみると、こちらもおやしお型でした^^
9.JPG

その他には修理中のアーレイ・バーク級『マッキャンベル』や
10.JPG

いつもの定位置で停泊中の宿泊艦『APL-40』が見られました。
11.JPG

『APL-40』とおやしお型が一緒に写っているのは違和感ありまくりですね^^
12.jpg

次にアーレイ・バーク級の『ジョン・S・マケイン』や『バリー』
13.JPG

同じくアーレイ・バーク級『マスティン』とタイコンデロガ級『シャイロー』
14.JPG

『アンティータム』などを撮影していると、
15.JPG


イタ―――(゚∀゚)―――!! 空母『ロナルド・レーガン』がいました!! 
16.jpg

いや~めちゃくちゃデカいっすね~ お会い出来て感激です。 (;ω;) カンゲキ
17.JPG

これが見たくて来たのですが、無事見る事が出来て良かったです^^
18.JPG

アイランド(艦橋)もデカいっすね。あとで撮影した写真を見ると下の方に何気
なく潜水艦も写っていました。 (゚∀゚)アヒャ セイルの側面に潜舵が見えるので、
ロサンゼルス級みたいですね。
19.jpg

また、沖の方ではタグボードたちにエスコートされているタイコンデロガ級
『チャンセラーズヴィル』の姿も見られました。
21.JPG



米軍横須賀基地を堪能した後は海上自衛隊横須賀基地船越地区に向かいます。
こちらには海洋観測艦『わかさ』と
22.jpg

23.JPG

同じく海洋観測艦の『しょうなん』と退役した元潜水艦救難“母”艦『ちよだ』が
並んでいました。 『ちよだ』はもう見る事が出来ないと思っていたので、また
見る事が出来て良かったです。
24.JPG

後ろにはひらしま型掃海艇『ひらしま』とえのしま型掃海艇の『ちちじま』が並んで
いました。
25.JPG

また潜水艦救難艦『ちよだ』の姿も見られたほか、
26.JPG

そうりゅう型潜水艦の姿もありました。
27.JPG



最後に海上自衛隊横須賀基地の吉倉地区に向かいます。こちらにはあきづき型
護衛艦『てるづき』と
28.jpg

たかなみ型護衛艦『おおなみ』
29.JPG

あさぎり型護衛艦『やまぎり』
30.JPG

こんごう型護衛艦『きりしま』の姿がありました。
31.JPG

いや~今回もおなかいっぱい撮影する事が出来ました^^ 





【おまけ】
この日はたくさんの艦船だけでなく、お仕事中の小型船が多数ウロウロして
いたので、有難く撮影させてもらいました。
32.JPG

ゲテモノ好きにはたまりません^^
33.JPG

34.JPG

前から気になっていた、これが動いているのを初めて見ました。 ( ´∀`)
35.JPG

ロゴマークを拡大してみるとSRF-JRMC YOKOSUKA DIVING LOCKER
“ナンデモデキマス”と書かれていました。米海軍艦船修理廠の船みたいです。
36.JPG

37.JPG

また、こよっと。 (゚∀゚)



nice!(51) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 アンパンマンだらけ [その他(鉄道)]

先日土曜日にちょこっと時間があったので、アンパンマンを捕獲に瀬戸大橋線の
木見駅に行って来ました。瀬戸大橋線の土日の午後はアンパンマンたちが沢山
やって来るポイントだったりします^^

まずは南風15号から撮影です。先頭車から4両目がアンパンマンのラッピング車
でやって来ました。
1.JPG

2.JPG

お次は瀬戸大橋アンパンマントロッコ3号です。キハ185とキクハ32の2両編成で
やってきます。
3.JPG

トロッコ(キクハ32)は児島駅~坂出駅の間のみ乗車できるそうです。
4.JPG

最後にしおかぜ22号がやって来ました。この日は堂々の8両編成でやって来ました。
5.JPG

それにしてもみなさん派手ですね^^
6.jpg

約1時間半の間に3種類のアンパンマンを捕獲する事が出来ました。 (゚∀゚)アヒャ



この日はその他に貴重な湘南色115系D-27編成や
7.jpg

8.JPG

瀬戸内国際芸術祭のヘッドマークが取り付けられたマリンライナーや
9.jpg

8600系のしおかぜ17号
10.jpg

ノーマルカラーの2000系の南風18号などが撮影出来ました。ここにいると
なんだか四国にいるみたいでちょっと面白いです。 ( ´∀`)
11.jpg

3月のダイヤ改正前であればJR四国の普通列車も乗り入れていたのですが、
こちらはもう見る事が出来なくなってしまったのがちょっと残念です。
12.JPG





nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春のシキ祭り その④ [甲種・特大]

【お詫び】今回は夜中の撮影の為、全編ほぼ真っ暗の写真でお届けします。 (゚∀゚)アヒャ

シキ祭りも今回で最終回です。 ( ´ω`)ノ

前回シキ車の入換の様子を撮影して大満足だったのですが、よくよく考えて
みるとシキ車の返却回送は夜中なので仕事終わりに頑張って行けば撮れる
事に気づいたので、高速をかっ飛ばしてまたまた石蟹駅にやって来ました。
夜中なのに、前日よりも多くの同業者ですでにごった返していました。 ( ´∀`)
1.JPG

早速ホームに行くと・・・ おっ!! いましたよ^^
2.JPG

暗闇の中でDE10+シキ800の編成がスタンバっていました。
3.JPG

シキ800“C”にしてはなんか短い気がしたのですが、よくよく見るとシキ800“B2”
になっていました。C梁の状態でも問題なく回送できるはずですが、次の輸送の
都合でしょうか?
4.JPG

5.JPG

表記もシキ800B2に変更されています。
6.JPG

こちらは前日のシキ800“C”の状態です。写真の両側材がいわゆるC梁です。
6-1.JPG

この時の表記はシキ800Cになっていました。シキ800はB梁(吊り掛け式)と
C梁(分割落し込み式)の両用タイプの大物車となっています。
6-2.JPG

宇都宮(タ)への返空の車票が入っていました。多気駅の専用線亡きあとは
シキ800のねぐらは宇都宮(タ)になったみたいですね。
7.JPG

シキ車の隣にはトランスを積んで準備万端のトレーラーの姿がありました。
8.JPG

9.JPG


もうそろそろ入換えが始まらないかな~と思いつつ待っていると、DE10 1743に
機関士さんたちがやって来ました。
10.JPG

同じ頃、EF64 1020もパンタが上がりお目覚めのご様子です。
11.JPG

しばらくすると、DE10 1743の方は前後のライトのチェックなどの仕業点検を
行なったのち、
12.JPG

13.JPG

操車さんがやって来て、いよいよ入換えの開始です。
14.JPG

EF64 1020の待つ2番線にシキ車がゆっくりとやって来て、
15.JPG

DE10 1743+シキ800B2+EF64 1020の編成になりました。この後は発車
まで約1時間あるので、色々と撮影させてもらいました。
16.jpg

シキ車自体が真っ黒なので、なんだかよく分かりませんね。 (^_^;)
17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

トレーラーの方にも行ってみました。
22.JPG

いや~かっこいいっすね~
23.JPG

24.JPG

実は前日写真↓の看板を見かけたので、シキ車の回送と一緒に変電所までの
陸送も見る事が出来るかな~ と思って来たのですが、トレーラーのまわりは
真っ暗で陸送が始まる気配は全くありませんでした。あとでもう一度看板を
確認したところ、予定時刻がAM0:00~AM5:00に書き換えられていました。
私は疲れ果てていたので、見る事無く帰ってしましましたが、実際にこのあと
真夜中に輸送が行なわれたみたいです。いつか陸送の様子もこの目で見て
みたいものです。
25.JPG


そんなこんなしていると、やっと発車の時間が近づいて来ました。
26.JPG

新見行きの最終列車がやって来たのち、日付が変わってしばらくすると
27.JPG

列車はゆっくりと出発して行きました。
28.JPG

いや~めっちゃ疲れましたが、いいものを見る事が出来ました^^






【おまけ】
久々の特大貨物輸送を見る事が出来てテンションが上がったので、秘蔵の
Nゲージを引っ張り出してみました。カマの色が違いますが、今回の編成っ
ぽく並べてみました。
29.JPG

さらにテンションが上がって来たので、所有するシキ車を全部並べてみました。
手前からシキ800C(ペアーハンズ)、シキ600・シキ810(マイクロエース)、
シキ1000(トミックス)です。
30.JPG

調子にのって大好きなスイッチャー君たちも繋げてみました^^
31.JPG





nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春のシキ祭り その③ [甲種・特大]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

石蟹駅で昼寝中のEF64 1020+シキ800C+DE10 1743の姿をおなか一杯
撮影したあとは一旦駅の外に出て、トレーラーやクレーン車を見学に行きました。
1.JPG

かっこいいっすね~
2.JPG

3.JPG

そんなこんなしていると作業員の方々が集まり、荷役の準備が始まりました。
4.JPG

テキパキと作業が進んで行きます。滅多に無い輸送だと思うのですが、さすがに
プロですね。 ( ´∀`)
5.JPG


この後は荷役準備の作業がしばらく続きそうだったので、ちょっと食事などを
しに近くに出掛けたのちに駅に戻ってみると・・・。

キタ―(゚∀゚)―!! DE10 1743のエンジンが掛かっていました!! これは入換えの
様子を撮影出来る!! とワクワクしながら待っていると、
6.JPG

その後、操車さんたちが多数登場し、そのうちのひとりの方が側線へのポイント
切り替えを行うと、
7.JPG

DE10 1743に牽かれたシキ800Cがゆっくりとやって来ました。 (゚∀゚) デケー
8.jpg

シキ車は一旦引き上げられたのち、
9.JPG

ゆっくりと側線の方へやって来ました。
10.jpg

いや~すごい迫力ですね~ 同業者の方々は皆さん駅のホーム側から撮影して
いたので、こちら側で撮影していたのは私だけでした。
11.JPG

こちら側で大正解でした。
12.JPG

こんな近くで積車のシキ800Cが動いているところを見る事が出来て感無量です^^
13.JPG

へろへろ線路の側線に超重量級のシキ車がやって来たので、盛大なキシミ音
が周囲に響いていました。 ヽ(゚∀゚)ノ アッヒャッヒャ!!
14.JPG

15.JPG

多くの作業員に見守られる中、
16.JPG

シキ車はトレーラー横の指定位置に停車しました。
17.JPG

18.JPG


最後にもう一度駅に戻り、ホーム側からも撮影させてもらいました。翌日の荷役に
備えて、DE10とシキ車はすでに切り離されていました。
19.JPG

20.JPG

荷役用の資材も準備万端みたいです。
21.JPG

変圧器の下には板が敷き詰められているのが見えました。
22.JPG

シキ車と分割の後、コロ引きで隣のトレーラーに移し替えされると思われます。
23.JPG


翌日の荷役の様子は仕事で見に来る事が出来なかったのが残念ですが、
滅多に見る事が出来ない光景を撮影する事が出来て良かったです^^
24.JPG








【おまけ】
石蟹駅隣の井倉駅近くにある、井倉洞入口にはD51 838が保存されています。
25.JPG

屋根下で保存されているので保存状態は非常に良いです。保存会の方により
定期的なメンテナンスもされているそうです。
26.JPG

お召仕様になっており、デフの鳳凰の装飾が素晴らしいです。
27.JPG

28.JPG





nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春のシキ祭り その② [甲種・特大]

前回紹介した3月にあった西浜の特大貨物を撮影する事が出来てラッキー!!
だったな~ ( ´∀`) と、しみじみと思っていたのですが、なんと!! 1ヶ月も経た
ないうちに今度は伯備線の石蟹駅に向けて、南下してやってきたシキ800Cが
岡山(タ)にいるとの情報をキャッチしました。

個人的にシキ800Cは撮影した事が無かったので、これはチャーーンス!! と
岡山(タ)に向かってみると・・・。

ガビ━(゚д゚lll)━ン!! 留置コンテナの陰でまともに見えません。(T□T)
1.JPG

かろうじてシキ800Cらしい、いうのは分かるのですが、全体の姿をすっきりと
撮影出来ずに残念でした。 (´・ω・`)
2.JPG

3.JPG

4.JPG
実はこの時、本来の予定であればとっくに目的地の石蟹駅への輸送が終了
しているはずだったのですが、受け入れ先に問題があったらしく、岡山(タ)
に足止め中でした。これはもしかしたら、石蟹への輸送を撮影するチャンス
があるかも?と思い、日々ネットをチェックしていると約2週間後のある日に、


キタ――(゚∀゚)――!! 残念ながら、すでに岡山(タ)を出発してしまったあと
でしたが、EF64 1020+シキ800C+DE10 1743という、とんでもない編成
で石蟹に向かったという情報をキャッチしました。翌日はちょうど休みだった
ので、いそいそと石蟹駅に行ってみると・・・。
5.JPG

いました^^ ひなびた田舎の駅の風景には違和感ありまくりのトンデモ編成が
目の前で昼寝していました。
6.JPG

いや~たまりませんね~ 鼻血ブー!!です。 こんな機会は今後もう二度と無いかも
しれないので、お腹いっぱい撮影させてもらいました。
7.JPG

DE10とシキ車は個人的には最高の組み合わせだと思います。 (・∀・) カコイイ!!
8.JPG

ロクヨンセンの方は2両しかいないJRFマーク無しのレアキャラ1020号機でした。
9.JPG

パンタを下げて熟睡していました。JRFマーク無しはなんか微妙ですね。
10.JPG

こちらが主役のシキ800Cです。前回紹介のシキ1000に比べると段違いの
大きさです。
11.JPG

C梁(落とし込み式)のシキ車は撮影した事が無かったので、こんな目の前で
撮影する事が出来て感無量です。
12.JPG

こちらが財源のトランス(変圧器)です。このあと、ここで取り卸されてトレーラー
による陸送で中国電力新見変電所へ向かいます。
13.JPG

跨線橋からシキ車を上から撮影する事も出来ました。
14.JPG

トランスを上から見ると結構ゴツイですね^^
14-2.JPG

シキ車がいる2番線へも行ってみました。
15.JPG

日通マークに萌え~
16.JPG

いや~目の前で見るシキ車はほんとデカいですね~
17.JPG

せっかくなので、細部もたっぷり撮影させてもらいました。
18.JPG

19.JPG

検査表記をみるととっくに検切れなのですが、シキ車はめったに運用が無い
ので休車をかけまっくているみたいですね。
20.JPG

多気駅常備の表記が残っていました。多気駅にはかつてダイヘン三重事業所
専用線が接続しており、このシキ800は主にダイヘン三重事業所からの変圧器
輸送に使用していたそうです。書類上の常備駅は変更していないのでしょうか。
21.JPG

車票です。(ほっ・・・欲しい!!) 今回の財源もダイヘン製の変圧器でしたが、
専用線のあった三重事業所製ではなかったみたいです。
22.JPG


石蟹駅の側線にはこのあと、中国電力新見変電所への陸送に使用される、
トレーラーとクレーン車もすでにスタンバっていました。 (・∀・) チョーカコイイ!!
23.JPG

こちらもシキ車同様デカいっすね~
24.JPG

奥には荷卸し用の資材を満載した日通トラックもいました。特大貨物と言えば
やっぱ日通ですね^^
25.JPG



次回は荷卸し準備と側線への入換の様子をお伝えします。 (・ω・)ノシ
26.JPG





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春のシキ祭り その① [甲種・特大]

今年の春は特大貨物輸送の当たり年で、普段は滅多に見る事の出来ない輸送が
3月・4月に立て続けに行われました。こんなチャンスは今度いつあるか分からない
ので、私もシキ祭りに参加して来ました。 ヽ(´∀`○)ノ イエーイ!!

まずは3月に輸送があった西浜の三菱電機専用線のシキ車の様子を紹介します。

西浜にシキ1000がいるとの情報を見て、専用線が目の前にある赤穂線の天和駅
に向かうと・・・
1.JPG

おっ!! いましたよ^^ トランスを積載したシキ1000×3両が昼寝していました。
2.JPG

相変わらず雑草や木があって撮影しづらいですね。 (^-^;)
3.JPG

前回訪問時のこれに比べれば全然マシですがww
3-2.JPG

3-3.JPG


積車のシキ1000×3両を見るのは、初めてだったので大興奮です。 (゚∀゚) ヒャッホー
4.JPG

シキ車は車番の順番で連結されていました。 まずはシキ1000
5.JPG

シキ1001
6.JPG

シキ1002 
7.JPG

こちらが財源のトランスです。シキ1000は55t積みなので、トランスの中では
比較的小型の部類ですが、それでも目の前で見ると巨大ですね。
8.JPG


せっかくなので、シキ車の細部も撮影させてもらいました。
9.JPG

シキ1000のD梁は矢印のピンを外すことで荷受梁ごと分割する事が可能です。
10.JPG

こちらが荷受梁です。
11.JPG

このワイヤーでがんじがらめに固定されている姿がたまりません。 (*´д`*)ハァハァ
12.JPG

車体に何かの計算式が書かれているのも見えました。なんの数字か、すご~く
気になります^^
13.JPG

また後部標識にも、なにやら文字が書かれていました。
14.JPG

『東隅 ウタ派 シキ180 550 1000形式』と書かれているのが見えました。
隅田川貨車区宇都宮ターミナル派出 シキ180 550 1000形式用、との意味
みたいです。今は亡きシキ550の文字が懐かしいです。
15.JPG


シキ車をおなか一杯撮影した後は、どこか編成をスッキリと撮影出来るところは
ないかいな~ と、駅のまわりをウロウロしてみましたが、見当たらなかったので、
16.JPG

17.JPG

最後にスイッチャー君の寝床を見学して、終わりにしました。
19.JPG

ここで保存されているシキ670Bも健在でした。
20.JPG

平成16年3月29日までの検査表記も見えました。廃車になってから15年もたって
いるのですね。隣の修繕票サシに入っているのは初運用票でしょうか。
21.JPG

今回も残念ながらスイッチャー君による入換えの様子を撮影する事は出来ません
でしたが、久々に積車のシキを撮影出来て大満足でした^^




次回に続きます。 (・ω・)ノシ





nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月某日 水島臨海鉄道 [水島臨海鉄道]

そういえば、最近がっつりと水臨の撮影をしていないな~とふと思い、水臨補給
に出掛けて来ました。 ( ´∀`)

倉敷(タ)に到着すると・・・ おっ!! いますね^^
1.JPG

お目当てのキハ30の姿がありました。訪問日はキハ30が夏眠に入る前日
だったので、この日夕方の便を撮影するつもりでやって来ました。
2.JPG


構内を見渡すと、解体線にクレーンの姿がありました。
3.JPG

クレーンの下には解体中のDE10 1614の姿がありました。 (´;ω;`)ブワッ
現役中は良く撮影したカマなので残念です。
4.JPG

また、DE10 1614の横には解体待ちのDE10 1586の姿もありました。こちらは
以前、広島(タ)で入換えに従事していたカマですね。DE10もいよいよ終焉が
見えて来てしまいました。
5.JPG


そんなこんなしていると、DD501が出発位置にやって来ました。この日コンテナ
ホームにいたコキ車はコンテナが載っていなかったので、区間貨物はウヤかと
思いましたが、東水島駅へのコキ車の回送はあるみたいですね。 という事で
このまま港東線まで追っかける事にしました。
6.JPG

DD501の構内入換え時にはDE10たちとの並びも撮影出来ました。
7.JPG

倉敷(タ)からの出発シーンは今回もこの場所で撮影しました。
8.jpg

そのあとの港東線は東京製鐵前のストレートで撮影しようと追いかけたのですが、
間に合わずこんなカットに (^_^;)
9.jpg

東水島からの返しの単機はお気に入りの三菱ケミカルのプラントバックで撮影し、
10.jpg

11.JPG

最後は倉敷(タ)の最奥部で機回しの様子を撮影しました。
12.JPG

DD501はこの踏切の近くまでやって来ます。実はこの川鉄前踏切が閉まって
いるところを見るのはまだ2回目だったりします^^ 珍しいシーンを見る事が
出来ました。
13.JPG



その後用事を済ませたのち再度倉敷(タ)に戻り、定番の三菱自工前でキハの
午後の列車の撮影をしました。 今年のダイヤ改正から従来の平日朝2往復・
夕方2往復の運用から平日朝2往復・夕方3往復の運用に変わり、キハの撮影
がし易くなったのが有難いです。
15.jpg

その後はいま自宅に飾っている水臨カレンダーの4月の桜とキハみたいな写真が
撮りたいな~と思い、
15-2.jpg
(写真は水臨の公式HP【ここ】から借用させて頂きました)


浦田駅~弥生駅間のポイントへ向かいました。カレンダーの写真は線路際から
撮影しているみたいですが、一般人は同じアングルでは撮影出来ないので、
弥生駅に向かう高架区間に差しかかる前の場所から先日購入した新レンズで
桜の木をバックに走る3095レをAPS-C換算645mmの超望遠で撮影しました。
16.jpg

その後MRTを撮影しつつ待っていると・・・
17.JPG

返しのキハがやって来ました。かなり無理矢理な桜の木のコラボ(しかも散りかけw)
でしたが、目的は達成できました^^
18.jpg

その後は浦田駅でキハ30のお顔を撮影し、
19.jpg

最後は球場前駅~西富井駅間の超定番撮影地で撮影して終わりにしました。
ここにも小さな桜の木があったので、無理矢理入れてみました。 (゚∀゚)アヒャ
20.jpg

またね~ (。・ω・)ノ゙
21.jpg





【おまけ】
水臨のHPを何気なく眺めていると、キハによる新元号「令和」記念列車運行が
5/2~5/6にあるという事だったので、私も弥生駅にちょこっとだけ撮影に行って
来ました。
22.JPG

珍しいキハ同士の交換も撮影出来ました^^ 
23.JPG


この日は倉敷市駅で【改元記念】補充回数乗車券も購入して来ました。おまけ
について来た缶バッジも嬉しかったですが、個人的にはレアな水臨の封筒が
ツボでした。
24.jpg

平成の最後の日(平成31年4月30日日付印入り)と令和の最初の日(令和元年
5月1日日付印入り)の両方を購入して来ました。
25.JPG


わたくし普段は鉄道会社のグッズ類はほとんど買わない人なのですが、水臨関係
のものだけはいつの間にか増殖していました^^
26.jpg





nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡山国際 SUPER GT 2019年公式テスト その② [その他(雑談)]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

この日はSUPER GT 2019年公式テストがメインですが、同時にファン感謝デーと
いう事で、午前・午後の公式テストの合間にはオープンピットや体験走行 その他の
イベントも行なわれました。

午前中の公式テストの終了後は、まずメインスタンド付近に設置された屋台ブース
へ向かい昼食を食べました。
1.JPG

珍しい吉野家キッチンカーもいましたよ^^
3.JPG

会場内にはグッズ販売のテントもありました。
2.JPG


昼食を食べてお腹いっぱいになったところで、ピットの方を見てみると既にお客
さんで満員御礼でした。 (ノ゚ω゚)ノ スゲー
4.JPG


せっかくなので、私もピットへ向かいましたが、人が多すぎで歩くのもままなら
ない状態でした。最初は全てのマシンを撮影したいな~と思っていましたが、
早々に諦めました。 (゚∀゚) アヒャ 

各ブース前ではドライバーさんのサイン会が開かれていたり、ファンと記念撮影
に応じている姿が見られるなど、和やかな雰囲気でした。

カルソニックIMPUL GT-R
8.JPG

GAINER TANAX GT-R
9.JPG

RAYBRIG NSX-GT
5.JPG

KEIHIN NSX-GT
6.JPG

UPGARAGE NSX GT3
7.JPG

au TOM’S LC500
10.JPG

埼玉トヨペットGB マークX MC
11.JPG

SUBARU BRZ R&D SPORT
12.JPG

LEON PYRAMID AMG
13.JPG

ARNAGE AMG GT3
14.JPG

JLOCランボルギーニGT3
15.JPG

D’station Vantage GT3
16.JPG

D’station Vantage GT3のピットウォールスタンドは、高級車のアストンマーティン
らしく豪華版でした。
17.JPG

こちらはどこのチームか忘れましたが、ディスプレーに電源が入っていたので
ちょこっと撮影させてもらいました。
18.JPG


オープンピットの間はピットの裏側の通路にも入る事が出来ました。
20.JPG

レース用タイヤをこんな近くで見る事が出来ます。
21.JPG

22.JPG

ピット裏には各チームのかっこいいトランスポーターやモーターホームが所狭しと
並んでいました。
23.JPG

24.JPG

25.JPG

26.JPG


タイヤメーカーのトランポも多数見られました。こっちもかっこいいっすね。
27.JPG

28.JPG

29.JPG

30.JPG


また、多くのセーフティーカー・オフィシャルカーの姿も見られました。
31.JPG

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

個人的にツボだったのがこの岡山国際の古いランエボのセーフティーカーでした。
左ハンドルなのが、シブいですね。
36.JPG

オープンピット終了後は午後のテストが始まるまでの間にサーキットの体験走行
がありました。GT-Rから軽自動車まで一緒に走っているのが面白かったです。
39.JPG

午後のテストが始まったのちは、しばらくメインスタンドでピット作業を見学させて
もらいました。本番さながらのピットクルーのきびきびとした動きを、しばし見入って
しまいました。
37.JPG

38.JPG

初めてのサーキット撮影でしたが、メチャクチャ面白かったです。また、機会が
あったら是非来たいものです。 ( ´∀`)





【おまけ】
帰りに駐車場へ向かうと・・・ なんと!! 懐かしのF40ではありませんか!!
40.JPG
・・・よく見るとちょっと小さい気がしますww よく出来ていますね^^






nice!(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡山国際 SUPER GT 2019年公式テスト その① [その他(雑談)]

今回と次回は鉄分全く無しでお届けします。 (゚∀゚)アヒャ

実はわたくしスポーツカーレースも大好物なのですが、今までサーキットに撮影に
行った事は無かったりします。先日EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱを購入した
ので、新レンズの試運転を兼ねて初めてのサーキット撮影に出かけて来ました。
APS-C換算645mmでどのくらい撮れるか楽しみです^^

この日は岡山国際サーキットでSUPER GT 2019年公式テスト&ファン感謝デー
が行なわれており、現地に着くと爆音を奏でながらSUPER GTマシンたちが走り
回っていました。 ヽ(´∀`○)ノ ヒャッホー!!
1.JPG


この日テストに参加したSUPER GTマシンはGT500とGT300あわせて40台
近くいたそうなので、すべては無理ですが一部のマシンを紹介します。まずは
GT500クラスのマシンから紹介します。

カルソニックIMPUL GT-R 日本一速い男と言われた星野一義のファンだった
私としてはこのカルソニックカラーのGT-Rが一番お会いしたかったマシンでした。
いや~メチャクチャかっこいいっすね。 ( ´∀`)
2.JPG

MOTUL AUTECH GT-R 日産伝統のエースナンバーの23号車です。
3.JPG

リアライズコーポレーション ADVAN GT-R 近藤真彦監督が率いるチームです。
4.JPG

RAYBRIG NSX-GT 昨年のチャンピオンチームのチーム国光のマシンです。
往年の名レーサー高橋国光監督がチームを率いています。このマシンカラーは
シーズンオフの専用カラーだそうです。
5.JPG

Modulo Epson NSX-GT こちらは元F1ドライバーの中嶋悟総監督が率いる
NAKAJIMA RACINGのチームです。
6.JPG

MOTUL MUGEN NSX-GT
7.JPG

au TOM’S LC500 トヨタのオフィシャルチューナーのTOM’Sが手掛けるマシン
です。メインスポンサーのauカラーのオレンジが鮮やかです。レクサスLC500が
ベースになっています。
8.JPG

KeePer TOM’S LC500 こちらもTOM’Sのマシンです。
10.JPG

WAKO’S 4CR LC500
9.JPG



お次はGT300クラスのマシンを紹介します。GT500クラスが日産・ホンダ・トヨタの
3メーカー独占なのに対して、こちらは多数のメーカーのマシンが参戦しています。

LEON PYRAMID AMG 昨年のGT300クラスのチャンピオンチームです。
11.JPG

グッドスマイル 初音ミク AMG ほぼ痛車ですね^^ サーキットの中でもえらく
目立っていました。
12.JPG

GAINER TANAX triple a GT-R GT-RのGT300バージョンです。
13.JPG

K-tunes RC F GT3 レクサスはGT300ではRC Fがベース車になっています。
14.JPG

D’station Vantage GT3 このアストンマーティン・ヴァンテージ、メチャクチャ
かっこいいですね。カラーも素敵です。
15.JPG

Hitotsuyama Audi R8 LMS
16.JPG

McLaren 720S ド派手なピンクがかなり目立っていました。
17.JPG

JLOCランボルギーニGT3 いや~スーパーカーがいっぱいいますね^^
18.JPG

シンティアム・アップル・ロータス
19.JPG

PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
20.JPG

HOPPY 86 MC 
21.JPG

埼玉トヨペットGB マークX MC
21-1.JPG



SUPER GTレースはクラスの異なるマシンが一緒にレースを走る事が特徴です。
クラス毎の規格の違いから同じNSXベースでもGT500とGT300のマシンを比べる
と結構違いがあるのが分かります。ちなみに写真のマシーンは元F1ドライバーの
鈴木亜久里が代表を務めるARTAのGT500とGT300のマシーンです。
22.JPG

ちなみにGT500とGT300のマシンの見分け方は結構簡単でGT500はヘッド
ライトとフロントウインドウ上部ステッカー・ゼッケンが白で、GT300はそれらが
黄色にになります。
23.JPG


ここ(岡山国際サーキット)は撮影ポイントが多数ありコースからも近いので、
撮影してて楽しいですね。この日は公式テストの為、レースではありませんが
各車がコース上でバトルする姿を新レンズでたっぷり撮影する事が出来ました。
24.JPG

25.JPG

26.JPG

27.JPG

28.JPG

後姿もカッコイイっす。
29.JPG

30.JPG

31.JPG

32.JPG


サーキット撮影は流し撮りが基本でしょう!、と慣れてきたころにチャレンジして
見ましたが、まだまだ修行が必要ですね。 (^_^;)
33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG




次回はピットの様子その他をお伝えします。 (・ω・)ノシ
39.JPG





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クモヤ443とドクターイエロー [その他(鉄道)]

だいぶ鮮度落ちのネタですが、2月と3月にクモヤ君を撮影するチャンスがあった
ので、撮影に出掛けて来ました。

まずは2月にあった伯備線検測の様子です。この日はお気に入りの第2高梁川
橋梁で撮影しようと思って向かったのですが、現地に着いてみると河原が工事中
でイマイチだったので、木野山駅近くの有漢川鉄橋で撮影する事にしました。
天気が悪かったのがちょっと残念でしたが、無事撮影出来ました。 ( ´∀`)
1.jpg

有漢川鉄橋で撮影した後は、豪渓駅まで追っかける事にしました。途中美袋駅
近くのポイントで撮影して、
2.jpg

3.jpg

その後豪渓駅に向かいました。ここでは長時間停車するので、じっくり撮影
させてもらいました。この日は平日なのに結構な同業者の姿が見られました。
4.jpg

5.JPG

クモヤ443系は架線と信号の検測を行う事業用車両で、架線の検測を行なう
クモヤ443と信号を検測するクモヤ442の編成で構成されています。写真は
クモヤ443-2の検測用パンタグラフです。パンタグラフを照射するサーチライト
が点灯していました。
6.JPG

検測用パンタグラフには測定用と思われるケーブルが巻き付いていました。
7.JPG

また、クモヤ443には屋根上に架線検測窓も設置されています。
8.JPG

こちらは信号検測を行うクモヤ442です。車体だけみると国鉄急行型みたい
ですね^^ なお、現在信号検測はキヤ141系担当している為、このクモヤ
442には検測員は乗車していないそうです。
9.JPG

先頭車には双頭連結器を装備しています。
10.JPG

検査表記です。前回の全検からもう3年近くになるのですね。車体の塗装もだいぶ
くたびれて来ました。
11.JPG

国鉄型特急の最後の牙城となった381系やくもとの並びも撮影する事が出来
ました。 ヽ(´∀`○)ノ イエーイ!!
12.JPG


こちらは伯備線検測のちょうど1か月後の3月上旬には福塩線の検測があった
時に新倉敷駅で送り込み回送を撮影したものです。
13.jpg

ただの駅撮りですが、短い期間に2度もクモヤ君を撮影出来てラッキー!! でした。
14.jpg
今度は久しくお会いしていない、キヤ141系も撮影してみたいな~と思う今日
この頃です。


久々にクモヤ443系を撮影したのち、新幹線の方のクモヤ!?も撮影したいな~
と思っていたところ、ちょうど休みの日とドクターイエローの運行日が重なる日が
あったので、こっちの方もちょこちょこ撮影に行って来ました。
15.JPG

クモヤも素敵ですが、こっちもいいですね~
16.JPG

こちら↓を撮影した日は上のクモヤ443の福塩線への送り込み回送があった日
だったので、超超ラッキー!! でした^^
17.jpg

カモノハシ顔がほのぼのしていますね。 (*´ω`*) ホノボノ
18.jpg





【おまけ】
今年3月のダイヤ改正で大好きなEF200がとうとう引退してしまいました。
19.jpg

JR貨物の「最強機関車」として製造されましたが、諸事情でその性能を発揮する
事は無く、その後に製造されたEF210が大量に製造されるのを尻目に21両で
製造が打ち切られた悲運のカマでした。
20.jpg

いつも汚い姿から「ノラ」とあだ名がつけられましたが、この健気に走る姿が
個人的に好きだったので、引退となってしまい本当に残念です。
21.jpg




nice!(65) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月某日 くろがね線 [くろがね線]

そういえば八幡製鉄所が世界遺産になってから、まだくろがね線に行っていない
な~と、ふと思ったので久々に行って来ました。

まずはスペースワールド駅から官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペースに
向かう事にします。小倉から乗ってきた列車はラッキー!! な事に415系でした。
この415系も今後貴重になって来そうですね。
1.JPG

眺望スペースに着きました。手前に写っているヤードの終端は元スペースワールド
の駐車場から以前から眺める事が出来たので、何度も訪問しているところですが、
眺望スペース設置により機関区の様子が近くから見る事が出来るのでは、と期待
していました。
2.JPG

ここではボランティアスタッフの方から八幡製鐵所についていろいろと説明して
頂けます。こちらの写真は約100年前の旧本事務所前の様子だそうです。
100年前の写真とは思えない綺麗な写真に驚きです。
3.JPG

ボランティアスタッフの方から説明をして頂いている最中にくろがね線の列車が
やって来たので、『珍しい列車ですね~』と知らない人みたいなふりをしながら、
ちょこっと撮影させてもらいました。 (^_^;) エヘヘ
4.JPG

5.JPG

機関車だけでなく、架線柱もゴツいですね。
6.JPG

7.jpg

機関区にたむろしているゲテモノ系の貨車を撮影するのも楽しみにしていたの
ですが・・・
8.JPG

いたのはこの方だけでした。
9.jpg



眺望スペースで撮影した後は、いつもの枝光駅近くのポイントに移動し、久々に
くろがね線を行く列車を撮影しました。
10.jpg

いや~何度見ても素晴らしいです。製鉄所の構内輸送を住宅地のど真ん中で
撮影出来るのはこのくろがね線だけです。
11.JPG

しかも電機とDLのプッシュプルですよ~ (*´д`*) ハアハア
12.jpg



本当はもっとくろがね線で撮影したかったのですが、時間があまり無かったので
製鉄所の方に戻りました。製鉄所内のスイッチャー君を撮影したかったのですが、
残念ながらこの日は運転している様子は撮影出来ず、昼寝中の留置貨車しか
撮影出来ませんでした。
14.JPG

このお方はずっとここにいますね。
13.JPG

一方、レール輸送用の自走式キャリヤは活発に動いていました。
15.jpg

レールをしょって土煙を上げながら走る様子は結構な迫力です。 ( ´∀`) スゲー
16.JPG


くろがね線を撮影した後は、これまたひさびさの黒崎駅へ。駅に着いたのが
1152レが出発した後だったので、三井化学大牟田工場から返送されてきた
濃硝酸コンテナを載せたコキ車の編成が止まっていました。
17.JPG

三菱ケミカルの濃硝酸用のUT13Cはこの緑のフレームが特徴なのですが、
18.JPG

この日はフレームが銀色のものも見られました。近年は自社の小名浜事業所
向けにも濃硝酸の発送が始まったそうなのですが、そちらにはこちらのタイプ
が使用されているそうです。
19.JPG


そんなこんなしていると、福岡(タ)からの4092レがED76に牽かれてやって
来ました。ED76の姿も本当に貴重になって来ましたね。
20.jpg

22.JPG


4092レの到着後は専用線のスイッチャー君が出てくるのを待ちましたが、
中々やってこなかったので、ちょっとやきもきしましたが、無事撮影する事
が出来ました。
23.JPG

御元気そうでなりよりです^^
24.JPG

25.JPG

26.JPG


お腹いっぱい撮影した後は、帰りの新幹線の車中でお気に入りの東筑軒の
『かしわめし』頂きました。素朴なお味がいいですね。 (゚д゚)ウマー
27.JPG

28.JPG

この黒崎駅への訪問後にショッキングなニュースを見てしまいました。三菱
ケミカルの黒崎事業所が2020年4月に硝酸生産から撤退する事が決定した
そうです。ここの専用線の主力財源は三井化学大牟田工場向けの濃硝酸
輸送だと思われますので、三井化学専用鉄道と合わせて去就が心配です。





【おまけ】
数年ぶりに黒崎駅を訪問したのですが、いつの間にか新しくなっていて
ビックリしました。コンコースには地元企業のおみくじロボットなるものが
設置されていたので、せっかくなのでおみくじを引いてみたところ・・・
29.JPG

予想通り微妙な結果でした。 (゚∀゚)アヒャ
30.JPG
これ、結構面白いっす。





nice!(63) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月某日 錦川鉄道・新岩国保守基地と自販機うどん [その他(鉄道)]

ダラダラとお届けしてきた広島・山口めぐりですが、今回が最終回です。 ( ´∀`)

午前中岩国基地でゲップが出るまで、撮影をした後は以前から行きたいと思って
いた錦川鉄道錦川駅と新岩国保守基地に寄って帰る事にしました。

まずは錦川鉄道錦川駅へ。中々立派な駅舎ですね。
1.JPG

改札も良い雰囲気です。
2.JPG

私はホームへは上がらずにお目当ての車両を目指して行くと、おっ!! いますね~
3.JPG

お目当ての元烏山線のキハ40が昼寝していました。山口県でこのカラーの車両を
見るのはなんか変な感じですね^^ 
4.JPG

キハ40を撮影していると、ちょうどNT3000形が入換えを始めてくれたので、
有難く撮影させてもらいました。
5.JPG

6.JPG

7.JPG

今度は是非列車に乗ってやって来たいものです。
8.JPG


錦川駅にはここから雙津峡温泉駅との間の鉄道未成線を結ぶ『とことこトレイン』
の乗り場が隣接しています。
9.JPG

矢印のトンネルに入って行くみたいですね。こっちにも是非乗ってみたいです。
10.JPG

こちらがトロッコ遊覧車輛です。2編成あってそれぞれ『ガタくん』『ゴトくん』の
愛称が付けられています。
11.JPG



錦川駅で撮影した後は、新岩国駅へ。ここには新幹線の新岩国保守基地が
隣接しています。現地に着くと、おいしそうなゲテモノ君たちが多数昼寝して
いるのが見えました。
12.JPG

13.JPG

いや~たまりません。 (*´д`*)ハァハァ
14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

砂利ホッパーもいいですね~
19.JPG

個人的にこの富士重製っぽい古いモーターカーが一番のお気に入りでした^^
20.JPG

構内には激シブの三菱ふそうのクレーンキャリアの姿もありました。
21.JPG

あっというまの2泊3日の旅でしたが、ちょー楽しかったです。 (゚∀゚)





【おまけ その①】
岩国は知る人ぞ知る自販機うどんの聖地のひとつだったりします。まずは錦川駅
に向かう途中に寄った国道187号線沿いにある『観音茶屋』です。
22.JPG

レトロな看板が素敵です。ちなみに看板に書いてある食べ物はほとんど売って
いなかったりしますw
23.JPG

こちらがめん類自販機です。となりのカップヌードル自販機もシブいですね。
自販機の上には味のある看板が設置されていて食欲をそそります。
24.JPG

うどんとラーメンが食べられます。ここ独自デザインの電照板がまたいいですね。
25.JPG

26.JPG

ここではラーメンを頂きました。分厚いチャーシューもトロトロでめっちゃ美味し
かったです。
27.JPG

めん類自販機の隣には汎用機も設置されています。
28.JPG

中々独特な品揃えで、バナナまで販売していました。
29.JPG



こちらは新岩国駅を訪問後に立ち寄った『欽明館名物自販機コーナー』です。
30.JPG

先程の『観音茶屋』同様、昭和しか感じないレトロな看板がたまりません。
31.JPG

こちらはめん類自販機の機械が2台設置されています。手前に写っている非稼働
のUCCコーヒーの自販機も懐かしいです。
32.JPG

ここではうどんとそば、ラーメンが販売されています。なぞの『仲よくしてネ』の
看板がなかなかシュールです。
33.JPG

こちらもめん類自販機の横に汎用機が設置されていますが、こちらの品揃えは
お菓子のみといたって普通です。
34.JPG

夕方になり小腹が減ってきたので、ここでは肉うどんを頂きました。やわらかく
煮られたお肉がウマーでした。 (゚д゚) ウマー
35.JPG



【おまけ その②】
錦川駅から帰る途中に新駅らしき駅が見えました。ただ、駅に行く道が見当た
らず、どうやって駅に行くのかな~と思っていたのですが、家に帰ってから確認
してみたところ3月19日に開業した、列車でしか訪れる事が出来ない眺望駅の
『清流みはらし駅』だったみたいです。
36.JPG





nice!(55) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月某日 岩国航空基地 [その他(飛行機)]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

宇部でダブルストレーラーを撮影した後はちょこっと新山口駅に寄って、その後は
次の目的地の岩国へ向かい、そのまま一泊しました。

翌朝は朝イチで日本製紙専用線へ向かい、専用線への引き込みと
1.jpg

2.JPG

構内の入替えの様子を撮影したのち、
3.jpg



この日メインの岩国基地に向かいました。基地正門の看板は2017年に厚木から
海軍の第5空母航空団が移転してきたのに合わせて新しくなっていました。
4.JPG

早速、滑走路エンドに向かい撮影を開始します。
5.JPG

岩国錦帯橋空港側には新しく海軍の格納庫が新設されていました。海軍所属の
F/A-18ホーネットなどが多数駐機している様子を見る事が出来ます。
7.JPG

おっ!! E2-Dもいますね^^ 是非この機体を撮影したいと思ってやって参りました。
8.JPG


ここは元々海兵隊と海上自衛隊共用の基地でしたが、岩国錦帯橋空港が出来、
また海軍の空母艦載機が移転してきた事により、数多くの機体を撮影出来る
一大スポットになりました。この日、滞在していたのはお昼過ぎまでの短い時間
でしたが、ゲップが出るほど撮影する事が出来ましたw

海兵隊FA-18D 【VMFA(AW)-242 バッツ】
9.jpg

海兵隊 F/A-18D 【VMFA(AW)-225 バイキング】
10.jpg

海軍F/A-18E 【VFA-27 ロイヤルメイセス】
11.jpg

12.jpg

13.jpg

海軍F/A-18F 【VFA-102 ダイヤモンドバックス】
15.jpg

海軍F/A-18E 【VFA-115 イーグルス】
16.jpg

海軍F/A-18E 【VFA-195 ダムバスターズ】
18.jpg

19.jpg

トーイングカーに引っ張られて行くホーネットも見る事が出来ました。空母艦載機
らしく、翼を折りたたんだ状態で移動するのですね^^
20.jpg


ホーネットだけでなく、海兵隊のF-35B 【VMFA-121 グリーンナイツ】の姿も少し
ですが、この日も見る事が出来ました。
21.jpg

いや~黒いっすね^^
22.jpg


また、この日のお目当てのひとつだったE2-D 【VAW-125 タイガーテイルズ】も
無事飛んでくれました。 ( ´∀`)
23.jpg

背中にしょっている円盤型レドームが特徴的ですね。
24.jpg

25.jpg

その他にも海兵隊の空中給油機 KC-130Jスーパーハーキュリーズや
26.JPG 

27.jpg

28.jpg

海兵隊の人員輸送機 C-12が飛んでいるのを見られた他、
29.jpg

30.jpg

この日はなんと!! 空軍輸送機のC-17グローブマスターの姿も撮影する事が
出来ました。 (゚∀゚) ラッキ-!!
31.jpg

いや~ でかいっすね~
32.jpg



この日は海上自衛隊機も多数撮影する事が出来ました。

OP-3C 【第81航空隊 画像データ収集機】
33.jpg

機体のお腹にソノブイ投下口が残っていますね。
34.JPG

UP-3D 【第91航空隊 電子戦訓練支援機】
35.jpg

翼の下に標的曳航装置と曳航標的が取り付けられています。
36.jpg

U36-A こちらも第91航空隊所属の電子戦訓練支援機です。
37.jpg


救難飛行艇のUS-2【第71航空隊】の姿もありました。離陸する姿が独特ですね。
38.jpg

中々の迫力です。
39.jpg

この日はタッチアンドゴーを行なっていたので、たっぷりと撮影出来ました。
40.jpg

41.jpg


いや~お腹いっぱい撮影出来ました。ただこの日、今の機材(EOS7D MarkⅡ+
EF70-300mm F4-5.6L)だと航空機を撮影するには厳しいな~というのを改めて
痛感したので家に帰ってからEF100-400mm F4.5-5.6L Ⅱを思わずポチって
しまいました。(゚∀゚)アヒャ 今度はいつ来れるかわかりませんが、また是非来たい
と思う今日この頃です。
42.jpg




【おまけ】
滑走路エンドには岩国基地からアメリカ軍の航空基地までの距離が記された
看板が立っているのですが、
43.JPG
ビューフォート航空基地11,864Kmとかミラマー航空基地9,636Kmとか遠すぎて
全く実感が湧きませんww





次回が最終回です。





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 宇部興産専用道路 [宇部興産専用道路]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

あさイチで小野田線本山支線に乗車したあとは、この日メインの宇部興産専用
道路に向かいました。久々の宇部興産専用道路を楽しみにしていたのですが、
この日は朝から雨模様だったのがちょっと残念です。
1.JPG

いつものポイントに到着すると、早速ダブルストレーラーたちが立て続けにやって
来てくれました。
2.jpg

3.JPG

4.jpg

水しぶきを上げながら爆走しているダブルス君も結構いいですね^^
5.JPG

おっ!! 古いギガ君もまだ現役なのですね。また、お会い出来て良かったです。
6.JPG

その一方で、ここのぬしのケンワース君たちの数がだいぶ減って来ているのが
気になりました。前回は見かけたアメリカ製の旧型はもちろん、オーストラリア製
の初期型も引退してしまったみたいです。 (´;ω;`)ブワッ
7.JPG

スカニアの方は順調に増備されているみたいですね。一方で以前、見掛けた
ボルボは前回・今回共に全く見かけませんでした。早くも引退してしまったので
しょうか?
8.JPG

いや~やっぱ、ダブルス君はかっこいいっすね~
9.JPG


今回は最奥部の沖の山バス停付近でも撮影して見ました。この先は専用道路に
なる為、一般人はここまでしか来れません。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

ここは石炭の積み込み設備に向かうダブルス君の姿を見る事が出来ます。
13.JPG


その後はいつものポイントの専用道路と一般道が交差する日本でここでしか
見る事が出来ない踏切で撮影した他、
14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.jpg

19.JPG

20.JPG

21.JPG


石灰石荷卸し設備付近でも撮影しました。転回してくるダブルス君がめっちゃ
かっこいいっすね~ (・∀・) カコイイ!!
22.jpg

このケンワース君の写真がこの日一番のお気に入りです^^
23.JPG

久々の宇部興産専用道路に興奮して、飲み食い無しで夢中で撮影していたの
ですが、気づいたら5時間半の時間が経っていましたww


我ながらアホですね。 また、こよっと。 (゚∀゚)アヒャ
28.JPG





【おまけ①】
ここはダブルストレーラーだけでなく、沖の山コールセンターで石炭を運んでいる
構内専用のダンプも見る事が出来ます。構内専用車が大好きな私にとっては
ここは天国の様な場所です。 (゚▽゚*) サイコー!!
24.jpg

25.jpg

26.jpg

ホイールローダーがウロウロしているところも見れますよ。
27.JPG



【おまけ②】
天気が悪かったので画面が暗いですが、日本で唯一の踏切の動画もどうぞ^^




次回に続きます。







nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 小野田線本山支線 [その他(鉄道)]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

呉を訪れた後は翌日に宇部興産専用道路のダブルストレーラーを撮影すべく、
山口に向かったのですが、せっかくなのでダブルストレーラーの撮影の前に
近くの小野田線本山支線の撮影に行く事にしました。ここに撮影に来るのは
約7年ぶりだったりします。

まずは雀田駅に向かい、6:59発長門本山行きの列車から撮影します。まだ
夜が明けていないのであたりは真っ暗です。かつては各地で見る事が出来た
クモハ123も小野田線・宇部線が最後の活躍の場となってしまいましたね。
1.JPG

宇部新川からやってきた列車には数名の乗客の方がいましたが、全員ここで
降りてしまい、長門本山へ向かう乗客はゼロでした。
2.JPG

久々に『雀田⇔長門本山』の方向幕を見る事が出来ました^^
3.JPG


この後は車で長門本山駅に先回りし、列車の到着の様子を撮影する事にしま
した。駅に着くと、列車を待つ高校生の姿がありました。
4.JPG

程なくして列車がやって来ました。私もこの列車に乗って1往復する事にします。
5.JPG

列車の中はヲタの私以外は全員通学する学生だけでした。写真には数名しか
写っていませんが、発車時刻までには10名前後の学生が乗り込んで来ました。
6.JPG

列車は約5分で雀田駅到着しました。駅に着くと殆どの乗客が隣のホームにいた
小野田行きの列車に乗り換えて行きました。
7.JPG


私はそのまま7:25発の列車で長門本山駅に戻ります。長門本山行きの列車
にも1名だけでしたが学生の乗客が乗っていて、途中の浜河内駅で降りて
行きました。
8.JPG

発車まで時間があるので、雀田駅の駅舎と一緒にクモハの写真も。雀田駅の
駅舎がずいぶんと明るいカラーに塗り替わっていました。
9.JPG


あっという間に長門本山駅に戻って来ました。たった1往復の短い乗車でしたが、
久々にクモハに乗車出来て楽しい時間でした^^
10.JPG

出発まで時間があったので、停車中のクモハ123をパチリ。やっと辺りが明るく
なってきました。
15.JPG

ここは写真の様に地元の方々用の抜け道が線路の横にあるので、こちらから
のアングルでも撮影が出来ます。
16.JPG

こちらは駅の様子です。かつては駅舎もあったそうですが、現在はホームに
小さな待合室しかありません。また、以前は待合室の横にトイレもあったはず
なのですが、いつの間にか無くなっていました。
11.JPG

12.JPG

列車は朝の2往復と夕方の1往復しかありません。
13.JPG




ここからは以前(2012年)の本山支線の様子です。写真は雀田駅ですが、以前
の駅舎はこんな感じのシブい色でした。個人的にはこっちの色の方が好みです。
18.JPG

こちらは長門本山駅の様子です。待合室横のトイレが無くなった以外は殆ど
変わっていません。
20.JPG

2012年3月改正以前は17時台に2往復の列車が設定されていたので、日の
あるうちに撮影する事が可能でした。
23.JPG

また、ここのクモハ123は現在の末期色になるまではこのカラーでした。
21.JPG

個人的にはこっちの方が断然いいですね~ (・∀・) コッチガイイ!!
22.JPG

このカラーのクモハがお気に入りなので、鉄コレも持っていたりします^^
22-1.JPG




【おまけ】
長門本山駅前には写真の様な立派な観光案内の看板がありますが・・・

17.JPG

今のダイヤでは列車に乗って来て観光するのは、ほぼ不可能ですね。 (^_^;)

nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 海上自衛隊 呉基地 その② [フェリー・艦船・船]

前回の続きです。

基地の外から艦船・潜水艦を見学した後は、この日メインの「呉艦船めぐり」に
乗船する為に呉中央桟橋ターミナルへ向かいました。乗船券はこちらの受付
で購入します。
1.JPG

13:00~の便のチケットを購入しました。平日の昼なのですいているかな~と
思っていたのですが、年配の方の団体がやって来て、満員御礼でした。
26.JPG

こちらの「くれない2」で艦船めぐりに出発します。YOKOSUKA軍港めぐりの船に
比べるとこじんまりとしています。
2.JPG

乗船が終わると早速出航です。
3.JPG


はじめに前回紹介したジャパンマリンユナイテッド呉事業所のドライドックに
入渠中の『かが』の姿が見えて来ました。
4.JPG

そのお隣には整備中の護衛艦『とね』の姿がありました。
5.JPG


次に2隻の巨大なコンテナ船が見えて来ました。こちらは「日本郵船」「商船三井」
「川崎汽船」がコンテナ船事業を統合して発足したオーシャン・ネットワーク・エクス
プレス(ONE)が発注したコンテナ船だそうです。
6.JPG

いや~メチャクチャでかいっすね~ 目の前で見る巨大コンテナ船はものすごい
迫力です。
7.JPG

奥の方ではもう一隻が建造中でした。
8.jpg

沖の方を見ると、ちょうど基地を出航した護衛艦『いなずま』の姿が見えました。
9.jpg



いよいよ呉基地に近づいて来ました。まずEバース・Fバースに停泊している
艦船から見学します。練習艦『やまゆき』と
10.JPG

練習艦『せとゆき』が停泊していました。
11.jpg

この呉艦船めぐりは艦船のかなり近くまで寄ってくれるのがいいですね^^
12.JPG

その他には訓練支援艦の『てんりゅう』と
13.JPG

同じく訓練支援艦の『くろべ』や
14.jpg

練習艦『しまゆき』 護衛艦『あぶくま』
15.JPG

護衛艦『さざなみ』の姿がありました。
16.JPG


護衛艦をたっぷり見学したあとは、潜水艦がいるSバースへ向かいます。
17.jpg

潜水艦は艦番号が記載されていないので、艦名を特定するのは難しいです。
こちらは『おやしお』型潜水艦です。
18.JPG

こちらは『そうりゅう』型潜水艦です。舵がX舵になっているのが特徴です。
19.jpg

潜水艦の後姿をこんな風に見るのは初めてです。 ( ´∀`)
20.jpg

奥の方では潜水艦への給油が続いていました。
21.jpg

また、Fバース側にも『そうりゅう』型が1隻停泊していました。
22.JPG


大好物の支援船たちも目の前をウロウロしていたので、おなか一杯撮影させて
もらいました。
23.JPG

24.jpg

25.JPG

30分と短い船旅でしたが、大満足でした^^
26.JPG



艦船めぐりの後は、最後にお気に入りの『てつのくじら館』の見学をしました。
27.JPG

潜水艦がまるで宙に浮いているみたいですね。ここには何度も来ていますが、
いつ見てもこの迫力に圧倒されます。
28.JPG

ここは各種展示物もすごいですが、
29.JPG

30.JPG

なんといっても本物の潜水艦(元あきしお)の中に入って見学できるところが
すばらしいです。
31.JPG

発令所  ボランティアスタッフの方が潜水艦の説明をしてくれます。
32.JPG

操舵席
33.JPG

艦長室
34.JPG

乗員ベッド
35.JPG

ここめっちゃおススメです。




【おまけ】
ひさしぶりに呉に来てテンションが上がってしまったので、『てつのくじら館』の
お土産コーナーで色々と買い込んでしまいました。
36.JPG

ここのショップは部隊識別帽の品ぞろえがかなり充実しています。色々悩んだ
末、潜水艦『いそしお』のキャップを購入しました。特に意味はありませんが、
以前『しらせ』の一般公開時に購入したキャップと並べてみました^^
37.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 海上自衛隊 呉基地 その① [フェリー・艦船・船]

【おしらせ】 しばらくの間、鉄分薄めの記事が続きます。 <(_ _)>

先月末から今月の頭にかけて、久々に広島~山口方面へ出かけて来ました。
初日はひさびさに“動いている”EF67を撮影したいな~と 思い計画を立てた
のですが、現状EF67の運用は2運用まで減ってしまっており、なお且つ夜間
早朝の運用が主なので、瀬野~八本松の走行写真は今の時期は難しいと
思ったので、今回は5074レの駅到着シーンに狙いを定め、西条駅に向かう
事にしました。

駅に着くと・・・おっ!! さっそくEF67 102がいるではありませんか! 1050レを
押して来て単579レで帰ろうとしているところみたいですね。
1.jpg

天神川で寝ているところは何度か見ていますが、運用に入っている姿を見る
のは久しぶりだったので、ひとりハシャギまくってしまいました。 (゚∀゚)アヒャ
2.JPG

3.JPG

EF67 102が去ったあとは、1054レを押してきて単581レで戻るEF210-313が
やって来ました。押太郎もいつの間にか増えてきましたね。
4.JPG

お次はいよいよ本命の5074レのお時間でしたが、なんと!! やって来たのは
EF67ではなく、押太郎(EF210-312)でした。 Σ(゚□゚ノ)ノ ヌオオ-!!
5.JPG
残念ながら撮りたかったEF67が列車の後ろにぶら下がっている姿は撮影
出来ませんでしたが、EF67の姿自体は撮影出来たので良かったです^^


その後は日も昇ってきたので、瀬野八の有名撮影地で2086レを撮影する
事にしました。
6.JPG

撮影地についてしばらく待っていると、程なくして列車がやって来たのですが、
“桃太郎”ではなく、“押太郎”のEF210-311が列車を牽いて、さっき西条駅で
お会いした“押太郎”のEF210-313”が列車を押してやってきました。押太郎
もだいぶ増えて来たので、このパターンも今後は当たり前になって来るので
しょうね。 ( ´∀`)
7.JPG

8.JPG

9.JPG


瀬野八での撮影が終わったあとは、この日メインの海上自衛隊呉基地へ向かい
ました。まずはいつものお立ち台からEバースの様子を見てみます。
10.JPG

この日は係留されている艦船は少なめで、『かが』や『おおすみ』型などの大物は
いませんでした。
11.JPG

手前には退役した掃海艇が係留されていました。
12.JPG

Sバースの方を見てみると、潜水艦は結構停泊しているみたいですね。
13.JPG

お立ち台を堪能したあとは近くで潜水艦を見るべく、『アレイからすこじま』へ。
14.JPG

多数の潜水艦がたむろしている姿を公園から手軽に見る事が出来るのは
何気にすごい事ですね。この日も多くのギャラリーが潜水艦を思い思いに
撮影していました。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

潜水艦の給油中の姿も撮影する事が出来ました。
18.JPG

目の前に水船と曳舟も並んでいたのでパチリ。基本的にゲテモノ好きなので
こういった支援船たちも大好物だったりします^^
19.JPG

夢中で撮影していると、呉艦船めぐりの船の姿が見えました。私もこの後この
船に乗って艦船めぐりを体験しようと思います。
20.JPG


『アレイからすこじま』でお腹いっぱい撮影した後は、さっそく艦船めぐりに乗船
しようと呉中央桟橋ターミナルへ向かったのですが、途中にあるジャパンマリン
ユナイテッド呉事業所の横を通った時にドライドックの中に巨大なフネが入渠
しているのがチラッと見えました。
21.JPG

慌ててUターンして戻ってみると、なんと!! 『かが』がドライドックに入渠している
ではありませんか!!
22.JPG

メチャクチャでかいです。こんなシーンを目の前で見ることが出来るとは夢の
様でした。 いや~来て良かったです^^
23.JPG

24.JPG

25.JPG

25-2.JPG


次回は艦船めぐりの様子を紹介します。 (・ω・) ノシ




nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 東福山 JFEスチール専用鉄道② [専用線日記]

先日、久々にJFEスチール専用鉄道のスイッチャー君を撮影(→こちら)出来た
のですが、 一度工場前の方でも撮影してみたいな~と思い、 またまた福山へ
行って来ました。工場の前に着くと、ヤード奥の方でヘッドライトを点けて待機
しているスイッチャー君の姿が見えました。(構内は撮影禁止なので、写真は
ありません。)

今日は無事運行がありそうで良かったな~と思いつつ、のんびり列車がやって
来るのを待っていましたが、いつもの時間になっても一向に信号が青に変わり
ません。 (゜ー゜?) オヨヨ? 
1.JPG

こりゃまさかのウヤかしら?とあたふたしていると、その後無事信号が青となり
水色のスイッチャー君の姿が見えて来ました。(ちなみに左側が専用鉄道の
信号で、右側は鉄道門の開閉を示す信号になります。)
2.JPG

3.JPG


ラッキー!! な事に、この日はレール満載のチキ車を牽いてやってきてくれました。
たまたま止まっていた日野プロフィアのデコトラもいい感じです。 ( ´∀`)
4.jpg

この日は天気が悪かったのが残念でしたが、無事撮影出来て良かったです^^
5.jpg

列車はこのあとトンネルを通って東福山駅に向かいます。
6.JPG


返しの列車は製鉄所入口の踏切付近からカーブをやって来る列車をねらって
みましたが、残念ながらこちらは単機でした。
7.jpg

せっかくなので、スイッチャー君のアップも。この日の担当はDD401でした。
8.JPG

『危険!貨車が通ります』の看板が素敵です^^
9.JPG

DD401の方は先日紹介した、ボロボロのDD403に比べるとだいぶ綺麗ですね。
9-1.JPG


また、こよっと。 (゚∀゚)
10.JPG




JFE専用鉄道を無事撮影した後は、まだちょっと時間があったので、久々に
山陽本線を行く貨レも撮影しました。

5074レ
11.jpg

55レ(福山EXP)
12.JPG

2070レ ノラ2号が牽いてきてくれました。
13.jpg

遅れ2086レ 押太郎の牽く貨レも当たり前の光景になって来ましたね。
14.jpg

列番不明 このEF65 1120の単回は午後のチキ工臨に使用されたみたいです。
15.jpg


午前中だけでしたが、おなか一杯撮影する事が出来ました^^





【おまけ】
以前に一度紹介させてもらいましたが、製鉄所近くに構内専用車を整備している
整備工場があります。今回も待ち時間にちょこっとだけ覗かせてもらったところ、
激シブの三菱ふそう ザ・グレート構内専用車の姿がありました。ボコボコになった
バンパーと、でっかいオーバーフェンダーがたまりませんね~ ( *´艸`) ウフフ
16.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 川崎貨物駅 [貨物日記]

安中駅を訪問した翌日、松の内は少し過ぎてはいましたが川崎へ初詣に行って
来ました。 ( ´∀`)

とは言っても私の場合は川崎大師では無く、川崎貨物駅へのお参りですww
駅に着くと早速DD君がお出迎えをしてくれました。
1.JPG

ちょうど駅に到着した時間が浮島線の308レの時間だったので、まずは駅近くの
定番のカーブでサクッと撮影しました。
2.jpg

あっ!! 先日紹介した倉賀野行きですね。
3.JPG


308レの撮影後は塩浜機関区から川崎車両所の様子を覗いてみます。機関区の
前ではちょうど整備中のDD5516がエンジンを吹かしまくっていました。 (゚∀゚) イエーイ
4.JPG

機関区の裏手の方に向かうと・・・ あれっ!? なんかいますね~ なんと!!
超レアキャラのDB-1の姿がありました。 この子普段はJXTGエネルギー川崎
製油所(旧東燃ゼネラル石油川崎工場)内の専用線で入換えに従事している
ので、普段はその姿を見る事が出来ません。
5.JPG

写真が撮りづらい位置にいたのが残念ですが、一度お会いしたかったので
この目で見る事が出来て良かったです。 初詣に来た甲斐がありましたw
6.JPG


お次は川崎車両所の方を覗いてみます。
7.JPG

スイッチャー君はいつもの定位置とは別の場所にいますね。 これは動きがある
かな~としばらく待ってみましたが、残念ながら動く様子はありませんでした。
8.JPG

その代わりに構内をぬこ先生がウロウロしていましたのでパチリ。
9.JPG

このお方は何気にこの近辺のぬしみたいで、私が近くにいても全く気にせずに
堂々とした態度で、時間をかけてくまなく構内を視察されていました^^
10.JPG


その後は車両所の裏手へ。いつものメンツは健在でした。
11.JPG

ヤードの方には廃車待ちの黒タキの姿があった他はこの日、特に目新しいものは
ありませんでした。
12.JPG

JOTの黒タキの姿も本当に貴重になって来ました。 (´;ω;`) ブワッ
13.JPG


川崎車両所を見学した後はちょこっと川崎貨物駅の方も覗いてみます。奥の方に
機関庫の前にいるDB-1の姿が見えますね。
14.JPG

駅の構内は繁忙期なので、構内は石油タキ車で一杯でした。
15.JPG


駅を見学した後はお気に入りの千鳥線に撮影に向かいました。まず東線にある
昭和電工のプチ側線を覗いてみると、ラッキー!! な事にこの日もコキ車が入線
している姿を見る事が出来ました。いつかここを入換えしている様子を撮影して
みたいものです。
16.JPG

その後は財源を確認に西群線へ。ここはいつ来ても良い雰囲気ですね~
17.JPG

コキ車が3両もいますね。無事運行がありそうです。
18.JPG

19.JPG


西群線の様子を確認したあとは、千鳥町踏切で千鳥町駅に向かう203レと
20.jpg

21.JPG

返しの204レを撮影しました。
22.jpg

23.jpg

24.JPG


その後は再び浮島線に戻り313レを撮影して、
25.jpg

最後に駅構内をウロウロするDD君をちょこっと撮影して終わりにしました。
26.JPG

27.JPG




【おまけ】
この日撮影が終わって京急川崎駅に着くと、いつもはほとんどいない同業者の
姿がちらほらと・・・ どうしたのかな~と思いつつ、先頭車の方に行ってみると
干支ヘッドマークがついていました。後で調べてみると毎年恒例なのですね。
お恥ずかしながら、まったく知りませんでした。 (゚∀゚)アヒャ
28.JPG






nice!(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 東邦亜鉛安中精錬所専用線 [専用線日記]

前回の続きです。 (*゜▽゜)ノ

倉賀野駅を訪問した後は安中貨物を撮影に安中駅に向かいました。
1.JPG

いつもの定位置にここのぬしのスイッチャー君(DB301)がいますね。
2.JPG

いや~いつ来ても雰囲気の良い専用線ですね。 ( ´∀`)
3.JPG

ここは工場萌え~の方にもお勧めの場所ですよ^^
10.JPG


そんなこんなしていると安中貨物(5097レ)の到着時間が近づいて来たので、
駅のホームに向かったところ、なんと!! スイッチャー君がうしろに居たトキ車を
牽いて入換えを始めたではありませんか。
4.JPG

ほんの少しでしたが、まだ明るいうちにスイッチャー君の動くところを見る事が
出来てメチャクチャラッキー!! でした。 (゚∀゚) ラッキー!!
5.jpg

6.JPG


この亜鉛精鉱用のトキ25000ですが、昨年の7月に武蔵野線内でトキ車の
カバーが外れて旅客列車に接触する事故が起きた為、事故原因の究明と
対策が終わるまでしばらくの間運行がストップしていました。
7.JPG

以前は写真の様にフレーム上にシートをかぶせたものがカバーとして取り付け
られていましたが、
9.JPG

フレームは撤去されて、シートを直接掛ける方法に変更になったみたいです。
シートを止めるバンドの数も増えてかなり厳重になっていますね。
8.JPG


トキ車を撮影していると、EH500-54に牽かれた5097レが入線して来ました。
11.JPG

この日は亜鉛焼鉱用のタキ1200 12両+トキ25000 3両の15両編成でした。
トキ25000 6両のフル編成に戻るにはまだしばらく時間が掛かりそうです。
12.JPG

13.JPG


EH500が離れると、程なくしてスイッチャー君がやって来て列車の先頭に
連結しました。このあとタキ車を2両ずつ工場内の荷役線へ連れて行きます。
14.jpg

工場へタキ車を押してゆくシーンも撮影したかったのですが、すでにあたりは
真っ暗だったので、さすがにあきらめて帰る事にしました^^
15.jpg



今度は日の長い夏に来ようと思います。 (゚∀゚) アヒャ
16.JPG






nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -