So-net無料ブログ作成
検索選択
貨物駅紹介 ブログトップ

隅田川駅 [貨物駅紹介]

今週はネタが無いので、久々に貨物駅の紹介をさせてもらいます。隅田川駅は
常磐線貨物支線にある貨物駅で東北本線や上越線等を走る貨物列車がおもに
発着する駅で、以前紹介した東京貨物ターミナル駅と並ぶ、東京の二大貨物駅
のひとつです。ここは常磐線の南千住駅の目の前に駅が広がっている為、訪問
するのが比較的容易な貨物駅です。

まずは南千住駅前のバス乗り場(ドナウ広場)の前にある旧セメント専用線の
跡地です。かつてここには巨大なセメントサイロがあり、セメントタキ・ホキ車や
スイッチャー君がたむろしていましたがサイロは既に取り壊され、訪問した時は
跡地にホームセンターを建設中でした。
1.JPG

構内踏切跡に辛うじて線路の跡が残っていました。
2.JPG

こちらはかつての様子です。都心でありながら巨大なセメントサイロと
3.JPG

スイッチャー君が見られる貴重な場所でした。
4.JPG


元セメントサイロの跡地の横を進んでいくと途中に日通の営業所があり、日通の
トラックが昼寝している様子や日通所有の2tコンテナ積載用のUM9Aコンテナが
大量に積み上げられている様子が見られました。
5.JPG



さらにその奥に進むとコンテナセンターがあり、ちょっと懐かしいコンテナたちが並んで
いました。

19Aコンテナ
6.JPG

ZD18Dコンテナ(死重用途の事業用コンテナ)
7.JPG

懐かしのキャビンカラーの日通NC2コンテナの姿もありました。
8.JPG



コンテナセンターの先には機留線とコンテナホームが並んでいます。
9.JPG

機留線にはDE10 1664が昼寝していました。
10.JPG

コンテナホームには粉物(小麦粉など)のコンテナが多数留置されていた他、少数
ですが、化成品のコンテナの姿も見る事が出来ました。
11.JPG

12.JPG

また、訪問した日はなぜがスーパーレールカーゴ用のZ54A(試験用コンテナ)が
ここに鎮座していました。
13.JPG

さらに元19D非常用のコンテナなども見学しやすい場所に置いてありますので、
ここはコンテナファンの方にはおすすめのスポットですww
14.JPG


また、ナンバーの無い構内専用のトラックやトップリフター・フォークリフトの姿も
間近に見る事が出来ますよ。
15.JPG

16.JPG


コンテナホームの横の構内最奥部には隅田川ニッソーセンターやIPC隅田川
などの巨大な倉庫が並んでいます。
17.JPG

屋根付きのホームもあります。
18.JPG



さらに進み構内をほぼ一周すると隅田川駅の入り口に到着します。ここは構内を跨ぐ
跨線橋の上から入換えの様子や昼寝中の機関車たちの様子を見る事が出来ます。
また、写真には写っていませんが、写真の左側には隅田川貨車区があり、検査で
入場しているコキ車がたむろしているのを見る事が出来ます。
19.JPG


訪問した日は上の写真を撮っていると左側の奥から何やら黄色い物体がやって
来たのでズームをしてみると・・・

なんと!アント君がコキ車を牽いているではありませんか! (゚∀゚)
20.JPG

これはラッキー!と慌てて貨車区の横へ向かい、アント君の入換えの様子を激写し
まくりました。
21.JPG

ここのアント君は無線操縦なので、写真を良く見て頂くと運転台に人がいないのが
分かります。(上の写真に写っている操車さんがリモコンで操縦しています。)
22.JPG

その後も目の前をアント君が何度も往復してくれたので、興奮しっぱなしでした。
24.JPG

25.JPG

コキ車には珍しい検査を示す車票や
23.JPG

車輪削正車を示す車票が挿されていました。
26.JPG

コンテナ車票にはフラット(車輪が異常に削られて生じる傷)の文字が書かれて
いました。
27.JPG

また、古いコキ50000の入場車もいたので珍しいな~と思って見ていると・・・
28.JPG

なんと!コキ50004という超若番車でした。コキ50000は近年急速に廃車が進んで
いるので、お年で言えば44才という超ベテランが2016年に生き残っていた事が驚き
でした。 ヽ(゚Д゚○)ノ ビックリ!
29.JPG



そんなこんなしていると、アント君がねぐらに帰って行ったので、コンテナホームの
HD300と機留線のカマたちの姿を撮って終了としました。
30.JPG

31.JPG

32.JPG

この日はまたまたラッキーな事に広島更新色の最後の生き残りのEF65 2127が
昼寝していました。
33.JPG



ここは都心からほど近く手軽に訪問する事が出来るので、おすすめです。 (´∀`)
34.JPG




nice!(77) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京貨物ターミナル駅 [貨物駅紹介]

貨物専用線・臨海鉄道の紹介ネタで始めた弊ブログですが、最近御紹介する
ネタが枯渇して来ましたので、今後はいままで訪問した貨物駅や鉄道関係の
博物館・保存車両などの紹介をしつつ、撮影記と絡めながら細々と続けさせて
頂きたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。 <(_ _)>


貨物駅紹介の1回目は先日訪問した東京貨物ターミナル駅を紹介致します。
東京貨物ターミナル駅は東海道本線貨物支線にある貨物駅で日本各地からの
貨物列車が数多く発着する日本の貨物駅としては最大の面積を持つ駅です。

訪問した日は最寄りの東京モノレール競馬場駅から徒歩で駅のある大井中央
陸橋方面へ向かいました。東(タ)は駅の中央を大井中央陸橋が跨いでいるので
陸橋の上から駅構内の様子を見る事が出来ます。モノレールの駅を降りてしばし
歩いて行くと大井中央陸橋の左側(駅北側)に東京貨物ターミナル駅の構内本部
ビルの看板が見えて来ました。
1.JPG

こちらは構内本部ビル入口の看板です。看板には中央研修センターや大井機関区
の文字も併記されていますね。
2.JPG

ちなみに東(タ)の横には新幹線の大井車両基地があり、新幹線が昼寝している
姿を見る事が出来ます。(フェンスが高くてかなり見づらいですが・・・)
3.JPG



構内本部ビルの横には電機の機留線があり、電機たちが休んでいる姿が見られ
ます。(EF210桃太郎ばっかりですが)また、大井機関区の機関車検修施設も併設
されています。
4.JPG

機留線の横には着発線が並んでいます。ちょうどHD300に牽かれた列車が入換え
の為にやって来ました。
5.JPG

さらに進むと貨車の検修線が見えて来ました。
6.JPG

なにやら私の好物が並んでいますww
7.JPG

“大井貨車区”とペイントされたワムハチの廃車体がいますね。事業用貨車の印の
白線が残っているのが素晴らしいです。
8.JPG

検修線にはコキ車に混じってスーパーレールカーゴ用のM250系の電動車部分も
昼寝していました。交番検査でしょうか?
9.JPG

普段は留置線の奥地で寝ている為、陸橋からはほとんど見る事が出来ないみたい
なのでラッキーでした。
10.JPG



検修線のさらに奥は倉庫エリアとなっており、大手物流会社の看板の付いた大きな
建物が並んでいます。
11.JPG

12.JPG



お次は駅構内の南側の様子を見てみます。こちらはコンテナホームとなっています。
15.JPG

16.JPG

なんか、事業用の変わったコンテナでもないかな~とウロウロしてみたのですが、
17.JPG

見つけたのはW19Dコンテナの後ろに隠れていたZX19Aコンテナ(荷崩れ防止
訓練用)だけでした。
18.JPG



そんなこんなしていると、着発線で入換えをしていたHD300がやって来ました。
これまたラッキーな事に試作機の901号機でした。
19.JPG

量産機とは大分デザインが違いますね。(特にデッキまわりが)
20.JPG

ハイブリット車だけあって、さすがに静かでした。
21.JPG



せっかくなので、駅の南端の方へも行って見ました。お隣の新幹線大井車両基地で
昼寝しているドクターイエロー
22.JPG

検収庫などを見ながら南下して行きますが、さすが新幹線の基地なのでかなりの
距離を歩きます。
23.JPG

24.JPG

途中にはJR東海アルファードの緊急車両がいました。赤色灯の付いたアルファード
は初めて見ました。 (ノ゚ο゚)ノ オオオ
25.JPG



大井車両基地をすぎるとやっと東(タ)の南端が見えて来ました。鉄道コンテナを
乗せたトラックが多数駐車していました。
26.JPG

27.JPG

さらに先を行くとENEOSのスタンドがありました。
28.JPG

どうもここはJRの直営みたいで、
29.JPG

構内で使用中のコンテナ用フォークリフトが当たり前の様に給油していましたw
30.JPG



へろへろになりながらやっと南側へたどり着きました。ここが正式な入口に
なります。さらに奥まで歩いてみましたが、構内の様子が見えるポイント
殆どなかったのであきらめて帰りました。 orz
31.JPG

31-1.JPG


いや~さすが日本一の貨物駅です。めっちゃ疲れました。 (;´Д`)



【おまけ】
駅の南側を歩いていると日替わりランチと書かれたのぼりが立っていました。
32.JPG

覗いてみると“ぐるめ屋桃太郎”と書かれたシブい食堂がありました。JR貨物の食堂
らしいネーミングですね。 (´∀`)
33.JPG




nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
貨物駅紹介 ブログトップ