So-net無料ブログ作成
検索選択
廃止専用線 ブログトップ
前の10件 | -

本輪西 JX日鉱日石エネルギー室蘭製油所専用線その② [廃止専用線]

前回の続きです。( ・_・)ノ


専用線内のスイッチャー君による入換の様子を紹介します。ここには
栗林商会所属の2両のスイッチャーが在籍しておりました。
1.JPG

まずはメイン機だった青色君(DD512)です。
2.JPG

日車の銘板が付いています。ナンバーからして50t機と思われます。
3.JPG

セミセンターキャブ機です。ボンネット上の手すりが特徴的です。
4.JPG

この子は専用線廃止後武州原谷の太平洋セメント専用線へ移籍
して現在も活躍中です。
5.JPG



ここのもう1両のスイッチャー君は赤色君(D511)です。一応、予備機
扱いの様でしたがタキ車の入換の多い時は青色君との競演も見られ
ました。
6.JPG

7.JPG

こちらも日車製の50t機の模様ですが、青色君よりも大分お年を
召しているみたいで昔ながらの古めかしいデザインです。
8.JPG

こちらもセミセンターキャブ機です。2エンド側のボンネットに括りつけ
られた“ほうき”が素敵です。(雪払い用でしょうか?)
この子は専用線廃止後は四日市の太平洋セメント四日市出荷セン
ターへ移籍しています。
9.JPG


ここの専用線は構内を朝から夕方まで入換を行っていたので、お腹
一杯になるまで撮影が出来る専用線でした。
10.JPG


また、専用線に発着する列車はJR機が牽いて来るので、JR機が
入換を行う様子も撮影する事が出来ました。
11.JPG

12.JPG




ここにはJOT(日本石油輸送)のタキ車が入線していましたが、当時
現役だった石油タキ車のほぼ全形式を撮影する事が出来る専用線
でした。


タキ11000(35t積 石油類専用)
このタキ車は当時既に道内でしか見られなくなっていた形式で、この
子を撮影する為にここに通った思い出があります。
13.JPG

タンク体上部の大きなドームが渋いです。粘度の高いC重油を輸送
する為、積荷の取り卸し時に使用する蒸気加熱管が装備されている
のが特徴です。
14.JPG


タキ35000(35t積 ガソリン専用)
35 t 積ガソリンタンク車の標準形式としてかつては全国各地で当たり
前の様に見られた形式でしたが、訪問当時(2006年~2008年)既に
廃車が進み、中々見られない形式になっていました。
15.JPG


タキ43000(43t積み ガソリン専用)
タキ35000に替わるガソリンタンク車の標準形式として、現在も
多数が活躍中です。写真はJOT標準カラーの黒色の車両です。
16.JPG

こちらはOT(日本オイルターミナル)からJOTへ移籍した車両です。
車体カラーがOT時代の青色のままとなっています。
17.JPG

こちらは1989年から増備された24300番台車です。マイナーチェンジ
を行い荷重が従来の43tから44tへ変更になっています。
18.JPG

24300番台車の初期車は上記写真の様に車体色は黒でしたが、
途中の製造分よりグリーン+グレーの2トーンカラーへ変更されて
います。
19.JPG


タキ40000(40t積み ガソリン専用)
元成田空港向けジェット燃料輸送用で保安対策車になっています。
20.JPG


タキ38000(38t積み ガソリン専用)
こちらも保安対策車です。
21.JPG

タキ38000のトップナンバー車もここにいました。(本輪西駅撮影)
22.JPG


タキ44000(43t積み 石油類専用)タキ11000同様蒸気加熱管を
装備しています。C重油等の輸送用に現在も活躍中です。
23.JPG


タキ1000(45t積み ガソリン専用)タキ43000後継の新形式で
現在も増備が続いています。
24.JPG

まさに石油タキ車の博物館でした。 (゚∀゚)


訪問した時の活況ぶりからここが後年廃止になるとは全く想像して
いなかったので、室蘭製油所の製油設備閉鎖・専用線廃止のニュース
を聞いたときは信じられない思いでした。タキ車で埋め尽くされている
構内をスイッチャー君が泳ぐように入換を行っている風景がもう見られ
ないのが本当に残念です。




【おまけ】
現地訪問後に撮影したタキ車の画像を見返していると・・・。
台車の上になにか文字が書かれているみたいに見えます。 ( ‥)ン?
25.JPG

26.JPG

27.JPG

29.JPG

なんと! 廃車と書かれていました。 (ノД`) ウゥ
28.JPG




【おしらせ】
長らく専用線のネタを中心に週一のペースで細々と紹介させて頂き
ました幣ブログですが、専用線の紹介は今回で一応最終回(ネタ切れ)
となります。次回以降はまだ詳しく紹介していない臨海鉄道内の専用
線や貨物駅・貨物ターミナル・保存鉄道などを御紹介させて頂きつつ、
日々の撮影ネタを織り交ぜながらさらに細々とブログを続けさせて
頂きたいと思っております。今まで以上に更新頻度が低くなるかとは
思いますが今後ともお付き合いをよろしくお願い致します。 <(_ _)>



nice!(50) 

本輪西 JX日鉱日石エネルギー室蘭製油所専用線その① [廃止専用線]

JX日鉱日石エネルギー室蘭製油所専用線は室蘭本線本輪西駅
から製油所を結ぶ専用線で生産された石油製品がタキ車によって
道内各地へ出荷されていましたが、2014年3月の室蘭製油所の
製油設備閉鎖に伴い、最後まで残っていた札幌貨物ターミナル
駅向けの輸送も5月末に終了し専用線は廃線となりました。なお、
室蘭製油所についてはJX日鉱日石エネルギー室蘭製造所と改称
し石油化学製品の製造拠点として現在も操業中です。

写真は専用線の全景です。構内には広大なヤードが広がり多数の
タキ車が留置されている様子を見る事が出来ました。
1.JPG


専用線を本輪西駅側から見た風景です。中央にあるフェンスの左側が
工場内の専用線、右側が列車の着発線になります。
2.JPG

3.JPG


こちらは崎守駅(陣屋町駅)方面から見た専用線終端側から見た風景
です。写真の右側に写っている建物はスイッチャーのねぐらです。
4.JPG

5.JPG


構内の中央部にはちょうど国道をまたぐ歩道橋があり、そこからも
専用線の様子を見る事が出来ました。
6.JPG

7.JPG

石油タキ車マニアにはたまらない光景ですww
8.JPG

9.JPG


タキ車で構内が埋め尽くされていますww 中々壮観な眺めですね。
10.JPG


分かりづらい写真ですが、専用線の奥の方で行われている荷役の様子
も公道より見る事が出来ました。
11.JPG


この専用線からはかつてはLPガス輸送も行われており、LPガスの
荷役設備がまだ残されていました。
12.JPG


札幌貨物ターミナル行きの車票です。危険品輸送を示す赤ラインが
入っています。
12-2.JPG



【おまけ】
専用線のすぐ横を室蘭本線が通っていたので、専用線の撮影
傍ら本線を行く貨物や特急列車も撮影する事が出来ました。
13.JPG

14.JPG

こちらはお隣の陣屋町からやって来たチップ列車です。
14-2.JPG

木材チップワム車かっこいいっす ヽ(゚∀゚)ノ
14-3.JPG




次回は専用線内の入換の様子をお伝えします。 (・ω・)ノシ
15.JPG


nice!(55) 

陣屋町 室蘭市営崎守埠頭公共臨港線その② [廃止専用線]

前回の続きです。今回は専用線部分の紹介をします。

前回紹介したとおり、崎守埠頭公共臨港線 山手線専用線の終端部は
木材チップヤードに隣接しており、ここで木材チップの荷役が行われて
います。
1.JPG

木材チップの荷役線の様子です。
2.JPG

3.JPG


こちらは陣屋町臨港駅から見た荷役線の様子です。奥にスイッチャー
君の姿が見えますね。
4.JPG

ちょうど荷役中でした。
5.JPG


しばらくすると荷役が終わった様で、スイッチャー君による入換が
始まりました。
6.JPG

7.JPG

列車の最後部に後部標識を取り付け中の姿も撮影出来ました。
8.JPG


目の前をちょこまかと入換を行うスイッチャー君の姿をたっぷり撮影
出来てひとり大興奮しておりました。 ヾ(゚∀゚)ノ
9.JPG

10.JPG

11.JPG


そして入換が終了するとスイッチャー君はねぐらの前まで戻って来て
しばしの休息に入りました。 (u_u)..zZ
12.JPG


スイッチャーの入換終了後もヤードの奥では・・・。
13.JPG

ワム車への荷役が続いていました。
14.JPG


ここのぬしのDB256です。(日車25t機) ここにはもう1両同型の
DB255もいます。
15.JPG

雪国仕様のごっついスノープローがかっこいいですね~ ( ´∀`)
16.JPG



ここには2008年3月のチップ輸送廃止後の8月にも訪問してみました。
赤くさび付いた線路が物悲しいです。
17.JPG

18.JPG

ベニヤ板が打ちつけられていた駅舎が悲しすぎます。 (´;ω;`)
19.JPG

荷役線も草で埋もれていました。
20.JPG

専用線の境界標です。
21.JPG

スイッチャーのねぐらにはスイッチャー君が深い眠りについていました。
22.JPG



公共臨港線自体はまだ、かろうじて廃線になっていない様ですので、
何とか復活しないかな~とひそかに願っております。
23.JPG



nice!(40) 

陣屋町 室蘭市営崎守埠頭公共臨港線その① [廃止専用線]

室蘭市営崎守埠頭公共臨港線は室蘭本線の陣屋町(貨)駅から
伸びる陣屋町臨港線(正式には陣屋町駅の構内側線)の終着駅
である陣屋町臨港駅から伸びる専用線で、専用線の終端部には
室蘭港で水揚げされた木材チップの積み込み設備を有し、ここから
前回紹介した萩野にある日本製紙白老工場まで木材チップが輸送
されていましたが、ここからの木材チップ輸送については2008年
3月に廃止になりました。専用線内の運行管理ついては室蘭開発
が室蘭市より受託しています。

なお、この公共臨港線は正式には廃止になっていない模様で、
定期貨物の廃止後も廃車になった鉄道車両の海外への輸出時に
ごくまれに使用された実績があるそうです。室蘭開発のHPには
専用線の記載が残っています。
http://www17.plala.or.jp/murokai/)の事業紹介ページの
中の荷役施設管理に専用線の記載があります。

今回は陣屋町臨港駅及び陣屋町駅からの構内側線の様子について
紹介致します。写真は陣屋町臨港駅構内の様子です。
1.JPG

駅構内にはヤードがあり、留置中のワム車の姿が見られました。ここ
から木材チップの積み込み設備までが専用線区間(崎守埠頭公共
臨港線 山手線)になります。
2.JPG

埠頭の奥にはチップヤードがあり、室蘭港で水揚げされた木材チップ
が山積みになっていました。
3.JPG

また、駅構内の西側にも専用線が延びていましたが、(崎守埠頭公共
臨港線 海手線)こちらは一度も使用された事がないそうです。
4.JPG

5.JPG

陣屋町臨港駅の駅舎です。
6.JPG

良く見ると室蘭開発の陣屋現業所の建物に間借りしているみたい
ですね。( ´ω` )
7.JPG

構内には木材チップの積み込みが完了したワム80000 480000番台
がスタンバっていました。
8.JPG

9.JPG


しばらくすると陣屋町駅からDD51がやって来ました。
10.JPG

カマの汚れ具合がたまりません。 (゚∀゚ ) シブイ
11.JPG

到着したDD51は早速、ヤードに留置されているワム車の先頭に連結し
発車の時刻までしばし待機します。
12.JPG

木材チップ貨車を連ねたDD君が、かっこいいですね~。 ( ´∀`)
13.JPG

発車時刻になると列車は萩野駅に向けて発車して行きました。
14.JPG

15.JPG

陣屋町駅の構内側線を行く列車です。陣屋港駅~萩野駅間は
1日1往復のみの運行でしたので、撮影の難易度は高めでした。
16.JPG


こちらは冬の様子です。訪問した日は結構な大雪でしたが、北海道
らしい専用線の風景が撮影出来て大満足でした。
17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

屋根に設置された防水シートが大活躍していました。 (゚∀゚) アヒャ
21.JPG



【おまけ】
陣屋臨港駅の近くにある室蘭港フェリーターミナルの岸壁からは
対岸にある日本製鋼所室蘭製作所の専用鉄道の一部を見る事が
出来、運が良ければ製鋼所の貨車の姿を見る事が出来ます。
22.JPG

23.JPG

24.JPG

25.JPG

こちらはぱっと見はJRのコキ車みたいですね。
26.JPG



次回は専用線の様子を紹介します。 (・ω・)ノシ




nice!(44) 

萩野 日本製紙白老工場専用線 [廃止専用線]

日本製紙白老工場専用線は室蘭本線萩野駅から工場を結ぶ専用線で
陣屋町駅(室蘭港)から原料木材チップが専用ワム車で搬入されて
いた他、コキ車によって製品の出荷もされていましたが、2008年3月に
廃止になりました。


写真は萩野駅の駅舎です。訪問した当時(2006年~2007年)は有人
駅でしたが、2011年以降は無人化されてしまったそうです。
1.JPG

駅の構内にはヤードが広がっています。
2.JPG

以前は本輪西から石油タキ車も到着していたそうです。
3.JPG


駅構内での入換の様子です。写真は陣屋町からDD51に牽かれて
やってきた列車をヤードへ押し込んでいるところです。手前に写って
いる茶色いスイッチャーがここのぬしの北陸重機君(日通)です。
4.JPG

5.JPG

チップを積んだ列車のヤードへの押し込みが終了するとDD51は
機回しを行い先にヤードで待機していた返空列車に連結します。
6.JPG

その後一旦室蘭方面へ引き上げを行い、
7.JPG

駅のホームに停車し、出発の時間まで待機します。
8.JPG


DD51の入換が終了するといよいよスイッチャー君が登場し、陣屋町
から到着した列車を工場へ引き込んで行きます。
9.JPG

10.JPG

11.JPG

茶色のスイッチャーというのも珍しいですね。
12.JPG

スイッチャーに牽かれた列車は専用線をゆっくりと進んで行きます。
13.JPG

14.JPG

15.JPG


工場内の専用線の様子です。製品出荷用のコキ車の姿もちらっと
見えますね。
16.JPG


ここで活躍していたのは、チップ輸送専用にワム80000を改造した
ワム80000の480000番台が使用されていました。このワム車は
積荷のチップを積み込む為に屋根が無蓋化された他、積荷取卸し用
のあおり戸が片面のみ取り付けられています。また、積荷の水濡れ・
飛散防止の為に運用時は屋根にカバーが取り付けられていました。
17.JPG

こちらはあおり戸の取り付け改造がされていない面です。塗色を
除けばワム80000の原型を留めています。訪問した日はラッキー
事にトップナンバーに出会う事が出来ました。 ヽ(*゚∀゚)ノ ラッキー!
18.JPG

駅構内のヤード上には跨線橋があり、そこから改造された屋根を間近で
見学する事が出来ました。
21.JPG

単一形式で統一された専用貨物編成が素敵でした。 ( ´∀`)
22.JPG 


ここは訪問当時、すでにここでしか見られなくなった木材チップ貨車の
最後の砦だったので、廃止は残念でした。
19.JPG

20.JPG


次回は陣屋町駅での木材チップの積み込みの様子を紹介します。



nice!(40) 

十勝鉄道その② 日本オイルターミナル帯広営業所専用線 [廃止専用線]

日本オイルターミナル帯広営業所専用線は前回紹介した日本甜菜
製糖芽室製糖所専用線と同様に帯広市産業開発公社専用線から
分岐していた専用線で、こちらの列車運行・専用線内入換についても
十勝鉄道が受託しておりましたが、2012年5月に廃止となりました。


帯広市産業開発公社専用線の分岐点です。写真奥が本線(第2線)、
手前の線路が日本オイルターミナル専用線に向かう線路(第2工業
団地線)になります。
2.JPG

留置中のタキ車が見えます。
1.JPG

第2工業団地線の終端部です。かつては車止めの手前側にも線路が
伸びており、いくつかの専用線が接続していたそうです。写真右側の
フェンスの中が日本オイルターミナルの専用線になります。
2-2.JPG

専用線の内部の様子です。荷役線のみが2線配置されていました。
3.JPG

訪問時はちょうど荷役作業中でした。
4.JPG

構内にはニヤクコーポレーションのタンクローリーの姿もありました。
5.JPG

構内をのんびり撮影しているといきなりDE10君がタキ車を引き連れて
登場し、専用線内の入換を始めました。 ε=(ノ゚Д゚)ノ  アワワ
6.JPG


あわてて専用線の出口へ移動して待っていると・・・。

キタ━━(゚∀゚)━━!!  DE君の登場です!!
7.JPG

前回も紹介しましたが、デッキの増設ランプと改造されたスノープロー
アイスカッター)がかっこいいです。
8.JPG

単機で専用線から出てきたDE君は
9.JPG

第2工業団地線を出て本線(第2線)に戻り
10.JPG

車庫のある日本甜菜製糖芽室製糖所へ向かって帰って行きました。
ヾ( ´ー`)ノ~ バーイ
11.JPG




空車タキ車の引き出しは訪問日は日本甜菜製糖芽室製糖所からの
出荷と合わせて行われていました。

まず、日本甜菜製糖芽室製糖所から出荷のコキ車が出てくると・・・
12.JPG

途中でコキ車を連結したまま、一旦日本オイルターミナル専用線に
スイッチバックで進入し、後部にタキ車を連結してコキ車+タキ車の
編成で帯広貨物駅へ向かって行きました。珍しい石油タキ車+コキ
車の連結が見る事が出来ラッキーでした。
13.JPG


根室本線の横をゆっくりと行く列車の姿がなんとも素敵でした。 ( ´∀`)
14.JPG



nice!(36) 

十勝鉄道その① 日本甜菜製糖芽室製糖所専用線 [廃止専用線]

十勝鉄道は帯広貨物駅に接続する帯広市産業開発公社の専用線
及び日本甜菜製糖専用線の運行を受託し、専用線内列車の運行を
行っていましたが、2012年5月に廃止となりました。今回は日本甜菜
製糖芽室製糖所専用線を紹介します。(2006年訪問)

日本甜菜製糖芽室製糖所は甜菜(ビート)を原料とした製糖を行って
おり、ここからコキ車によって製品が出荷されていました。なお、十勝
鉄道は日本甜菜製糖の子会社になります。
2.JPG

工場の入口付近の様子です。構内に機関車たちがたむろしているのが
見えますね。
1.JPG

専用線(帯広市産業開発公社線)は根室本線と平行していました。写真
左側の線路が専用線になります。
3.JPG

工場内にはコキ車の姿も見えました。
4.JPG

工場内に設置されていた十勝鉄道の事務所兼機関庫です。
5.JPG

構内にはJR東日本から移籍した主力機のDE10 1543号機が休んで
いるのが見えました。
6.JPG

DE10はお顔に十勝鉄道の社章がペイントされた他、デッキへのフォグ
ランプの取付けやスノープローの改造等がされていました。 (゚∀゚) カッコイイ!!
7.JPG

機関庫の前には予備機のD5606の姿も見えました。D5606は元苫小牧
開発のDD13タイプの機関車で前回紹介した北旭川のオイルターミナル
専用線にいたD5603の兄弟機になります。
8.JPG

キャブに大きくペイントされた“十勝鉄道”の文字がシブいです。
9.JPG

構内のさらに奥にはDE10入線以前の予備機だったDD201の姿も
見えました。日立製のセミセンターキャブ機です。
10.JPG

10-1.JPG
※予備機だったD5606とDD201はその後のDE15 1525の入線に
  伴い、移籍の為搬出されたそうです。



訪問した日は10時過ぎに工場前に到着したものの、あてずっぽうで
訪問したこともあり中々動き出さず、13:00過ぎになってやっと構内の
入換が始まりました。 (⊃Д`o) マチクタビレター
11.JPG

構内でしばし入換を行った後にDE10がコキ車を牽いて工場から出て
来ました。
12.JPG

13.JPG

14.JPG

牽いてきたのはたった1両でしたがww
15.JPG


長大なへろへろ線路を行く列車の姿がたまらない専用線でした。廃止
されてしまったのが本当に残念です。 (゚´Д`゚)゚ サビシイ
16.JPG
※単機回送の後追い写真です。



【おまけ】
専用線は根室本線に隣接していたので、専用線の列車待ちの間に
本線を行く特急列車や高速貨物を撮影する事が出来ました。写真は
北海道名物のDF200の牽くコンテナ貨物です。 (゚∀゚) カッコイイ!!
17.JPG

SLばりの煙を出していましたがww
18.JPG



次回は十勝鉄道が運行していたもう1つの専用線を紹介します。


nice!(42) 

北旭川 日本オイルターミナル旭川営業所専用線 [廃止専用線]

久々に専用線の紹介をさせて頂きます。(紹介出来る専用線のネタも
だいぶ少なくなって来ました。)


日本オイルターミナル旭川営業所専用線は宗谷本線北旭川駅に隣接
する専用線で本輪西のJX日鉱日石エネルギー室蘭製油所から石油
タキ車によって石油製品が到着しておりましたが、2012年5月に廃止
になりました。
1.JPG

2.JPG

専用線は荷役線1線と側線が2線のみのシンプルな配線でした。
3.JPG


専用線内の様子は付近の陸橋及び陸橋下の側道から撮影を
する事が出来ました。訪問当日は入換の時間を知らずに訪問
した為、残念ながら入換の様子は撮影出来ませんでした。
(旭山動物園の訪問がメインだったのは内緒ですww)
4.JPG

5.JPG

ヤードの隅っこに2両の旭川通運のスイッッチャーが留置されて
いるのが見えます。
6.JPG

7.JPG


留置されていた旭川通運の2両のスイッチャーはいずれも国鉄
DD13タイプのスイッチャーでした。(残念ながら解体済みです。)

【D5603 元苫小牧開発】
8.JPG

【DD13 40 元国鉄】 貴重な一つ目の初期型DD13でした。
9.JPG

立派な通運マークがかっこいいです。 (゚∀゚) カコイイ!!
10.JPG

スイッチャーたちの横には謎の貨車も留置されていました。
11.JPG


これらのスイッチャーたちは訪問した当時(2006年)既に予備機
扱いになっており、専用線のぬしはJRから移籍したDE15 1521
に変わっていました。(訪問日はクラの中でお休み中でした。)
12.JPG




一つ目のDD13が動いているのが見たかったな~ (-_- )シミジミ
13.JPG




【おまけ】
専用線の横にはJR北海道の旭川運転所があり、夏休み中のDE15の
ラッセルヘッドが大量に留置されているのが見られました。
14.JPG

こっちもちゃんと撮っておけば良かったな~。




nice!(37) 

名取 サッポロビール仙台工場 [廃止専用線]

東北本線名取駅には駅に隣接してサッポロビール仙台工場があり、
駅の側線が工場内まで伸びていました。ここから製品のビール
コキ車によって出荷されていましたが、2012年3月のダイヤ改正で
貨物列車の発着が無くなり、オフレールステーション化されました。
工場まで伸びていた側線は一見すると専用線の様でしたがwikiに
よるとサッポロビールの専用線自体は1989年に廃止されており、
その後専用線跡地(工場敷地内)にコンテナホームが設置された
との事です。(ずっと専用線だと思いこんでいました)
1.JPG

2.JPG

写真中央に写っているED75がいるところがコンテナホームになります。
コンテナホームへは電機が直接入線する為、ここにはスイッチャー君は
いませんでした。
3.JPG

コンテナホームは1面1線のみの為、入換は電機による単純な押し込み・
引き出しだけの為、あまり面白みはありませんでした。

コンテナホームから列車が引き出されると・・・
4.JPG

機関車が機回しを行い・・・
6.JPG

反対側に連結して・・・
7.JPG

出発準備完了!(これだけですww)
8.JPG


ここは入換え自体は面白みはありませんでしたが、列車の牽引機が
当時(2007年)既に運用が少なくなっていたED75であった事が一番の
魅力で、原色・更新色・新更新色とバラエティーに富んでいたED75達の
撮影に足繁く通った思い出があります。

原色
11.JPG

12.JPG

17.JPG

更新色(通称白パンダ)
13.JPG

15.JPG

16.JPG

新更新色
14.JPG

側面の大きな“ED75”のペイントが特徴的だった1028号車(通称
虹ガマ)も入線していました。
9.JPG

10.JPG


【おまけ】
コンテナに書かれた“空びん 河内屋”の文字がビール工場らしくて
いいですね~ (´∀`*)
18.JPG



nice!(35) 

岩沼 丸昭興業岩沼工場専用線 [廃止専用線]

丸昭興業岩沼工場専用線は東北本線岩沼駅から丸昭興業岩沼工場
を結ぶ専用線で鶴見線の扇町にある昭和電工川崎事業所よりタキ車に
よる液化アンモニウムの到着がありましたが、丸昭興業の本社移転に
ともなう岩沼工場自体の閉鎖により2008年3月に廃止となりました。

写真は岩沼駅ホームから見た専用線の様子です。
1.JPG

こちらは駅外から見た駅のヤード及び専用線の様子です。写真中央の
専用線でタキ車が荷役中の様子が分かります。
2.JPG

専用線はタキ車の引き上げ線と荷役線のみのこじんまりとした専用線
でした。専用線の真横に生活道路が通っていたので、専用線の様子を
間近に見る事が出来ました。
3.JPG

4.JPG

ここの入換はアント君が担当していました。
5.JPG

6.JPG

タキ車の荷役中の様子です。
7.JPG

8.JPG

9.JPG

専用線で運用されていた日本陸運産業(現日陸)のタキ18600です。
当時全国でも扇町~岩沼間でしか運用されていなかった珍しいタキ車
で、白くて長いタンク体特徴的でした。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

ここで運用されていたタキ車たちは一見皆同じように見えてタンク体
等に細かな差異があったり、常備駅が神栖駅・越中島駅・村田駅
(現千葉貨物)などバラエティーに富んでいたのが興味深かったです。


岩沼駅構内の入換はJR貨物のスイッチャー(協三20t機)が担当して
いました。JR貨物のスイッチャーの塗色はオレンジ色が多数ですが、
ここは珍しい青・白でした。(ここ以外では川崎車両所でも見られます。)
13.JPG

14.JPG

15.JPG

駅ホームから見たスイッチャー君の寝床です。(まるで犬小屋ww)
16.JPG

タキ車の車票です。危険品車票を示す赤ラインが入っています。
18.JPG

工場内で荷役中の液化アンモニウムのローリー車です。タキ車と同様に
白色に塗られています。これは高圧ガス保安法容器保安規則で塗色が
規定されている為で、液化塩素車の黄色(タキ5450)やLPガス車の灰色
(タキ25000)などがよく知られています。
17.JPG



【おまけ】
丸昭興業のあった岩沼駅の西側には専用線の他に砕石線があり、JRの
ホキ800が入線しているのが見られます。
19.JPG

20.JPG

運用は不定期なので、完全に時の運ですがまれにED75による入換の
様子や積車のホキの姿などが見られます。
21.JPG

22.JPG

23.JPG


岩沼には以前仕事の関係で駅から歩いて行ける所に住んでいた
ので、専用線好きの私にとっては最高の環境でした。住んでいた
当時、休みの度に専用線や数少なくなったED75が牽く貨物列車を
撮りまくっていたのが懐かしいです。 ( ´∀`) 

次回は岩沼駅に接続するもうひとつの専用線を紹介します。


nice!(30) 
前の10件 | - 廃止専用線 ブログトップ