So-net無料ブログ作成
現役専用線 ブログトップ
前の10件 | -

新日鐵住金 尼崎製造所構内軌道 [現役専用線]

久々の現役専用線の紹介です^^

新日鉄住金 尼崎製造所は石炭火力発電所で使われるボイラチューブなどの
シームレスパイプを製造している工場で、製造所構内でナローゲージの構内
軌道が現役で使用されています。通常構内軌道は工場内にある為、部外者が
見る事は出来ないのですが、ここの素晴らしいところは工場の間に県道57号
尼崎港線が通っており、東西の工場を結ぶために軌道が県道を横断している
事から踏切を渡る列車を撮影する事が出来ます。
1.JPG


ここは2回目の訪問で1回目の訪問時はお盆休みだったため、列車の運行を
見る事が出来なかったので、先日再訪問をしてきました。

当日、現地に着くと・・・。おっ! 早速サイレンを鳴らして列車がやって来ました!!
2.JPG

ちっちゃなナローゲージの機関車が堪りません。現役のナローゲージをこの目で
見る事が出来て感無量です。 。゚(T^T)゚。 カンムリョウ
3.JPG

なんの積み荷かすごく気になります^^
4.JPG



列車が踏切を渡るときは路面電車の信号と同様の黄色い矢印が点灯します。
5.jpg

列車が通る前に係員さんが踏切にやって来ると、
6.JPG

後ろから機関車に押された列車がやって来ました。
7.JPG

列車が踏切を渡るときは「軌道車が通ります。ご注意ください。」という放送が
大音量で流れる中、機関車がけたたましいサイレンを鳴らしながらやって来ます。
8.JPG

機関車のアップです。キャブの運転士さんと比べてもらうと、機関車の小ささが
分かって頂けると思います。この黄色の塗色は新色だそうで、以前は緑色が
主だったそうです。
9.JPG


そんなこんなしていると、その緑色の機関車がシームレスパイプ?を積んだ
貨車を押してきました。
10.JPG

11.JPG

個人的にはこの緑色の方が好みです。 ( ´∀`)
12.JPG

なんとも素晴らしいシチュエーションですね~
13.jpg


この日はラッキーな事に立て続けに列車がやって来てくれましたので、
短い滞在時間でしたが、結構楽しませて頂きました。
14.JPG


このブログ初めての企画ですが、踏切を渡る機関車の動画を貼ってみます。




先に書いた通りここは構内軌道の為、公道から見る事が出来るところは殆ど
無いのですが、上記の踏切のほかにも若干ですが見る事が出来る場所が
あります。今度はこちらを走る列車を撮影してみたいものです。
16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG



【おまけ】
初めて昨夏にここを訪問した時にレールを満載したトラックが止まっていました。
20.JPG

構内を覗いてみると、構内軌道の工事中でした。この日列車の運行は見れません
でしたが、エエものが見れました。 ( *´エ`) エガッタ
21.JPG




nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

苫小牧 王子製紙苫小牧工場専用線 [現役専用線]

王子製紙苫小牧工場専用線 は室蘭本線苫小牧駅と工場を結ぶ
専用線で、工場で生産された紙製品を運ぶコキ車が入線します。
1.JPG


専用線は苫小牧駅西側より分岐しています。
2.JPG


専用線入口です。専用線側に設置された柵付きの遮断棒が面白い
です。なお、ここは工場周辺から専用線を伺える場所が皆無の為、
撮影はこの工場入口付近に限られます。
3.JPG

4.JPG


工場への引き込み及び引き出しはJR機が直接入線して行います。
訪問当時はDD51が入線していましたが、現在はDF200が入線して
いる模様です。
5.JPG

6.JPG

工場へ入って行くDD君です。柵のついた遮断棒が上がっているのが
分かります。
7.JPG

8.JPG

9.JPG


ここに入線するコキ車には通常のJR12fコンテナの他にJR20fコン
テナが入線するのが特徴です。
10.JPG

運用されているJR20fコンテナの中には運用区間表記が記載されて
いるものも多く見られます。これらは基本的に王子製紙関連の運用で
使用されているものと思われます。

『苫小牧⇔隅田川・梅田間専用』  ※熊谷貨物(タ)撮影
11.JPG

『苫小牧⇔隅田川⇒大阪(タ)・梅田・百済⇒札幌(タ)⇒苫小牧』
※苫小牧貨物駅撮影
12.JPG




【おまけ】
苫小牧駅の外れに何気なく留置されていたブルドーザーが妙に
とぼけたお顔だったので思わず撮影してしまいました。
13.JPG

お顔の前に生えた雑草がさらに“いい味”を出していますww
14.JPG


nice!(26) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

石巻港 日本製紙石巻工場専用線 [現役専用線]

日本製紙石巻工場専用線は仙石線貨物支線の石巻港駅に隣接する
専用線で工場で生産された紙製品を運ぶコキ車が入線します。日本
製紙石巻工場は東日本大震災で被災し壊滅的な打撃を受けましたが、
現在は復興し専用線も復活しております。復活の際に工場内の線路
配置の見直し及び整理が行われている為、現在は以前の姿とは大きく
変わっています。

今回は震災以前の姿(2005年~2007年)の姿を紹介します。
1.JPG

写真は専用線隣接のJR貨物の石巻港駅の様子です。石巻港駅も
被災後、復旧の際に線路の大幅な整理が行われて以前とは大きく
姿を変えているそうです。石巻港駅についてはまた別の機会に紹介
させてもらおうと思っています。
2.JPG


ここは専用線の中の様子を伺えるポイントが殆んど無い為、撮影が難しい
専用線です。写真は唯一といっても過言ではない、踏切(釜踏切)から見た
専用線の様子です。タイミングが合えば専用線のスイッチャーによる構内
入換の様子を撮影する事が出来ます。
5.JPG


写真の中央の線路が貨物支線でこの線路を挟んだ右側が石巻港駅、
左側が日本製紙専用線になります。
4.JPG


写真の様に専用線内は被災前は数多くの線路が分岐していましたが、
復旧の際に線路の多くが整理されてしまった為にこれらの枝線は見られ
なくなってしまった模様です。
3.JPG


釜踏切から撮影した専用線の入換えの様子です。
8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG



釜踏切の他は石巻港駅のヤードからも工場内を行き来するスイッチャー
君をかろうじて見る事が出来ます。しかしながらかなり距離がある為、
望遠レンズが無いと撮影はちょっと厳しいです。
6.JPG

7.JPG



この専用線には3両のスイッチャーが在籍していました。

DD40A1(北陸重機?40t機)
12.JPG

DD40A2(北陸重機?40t機)
13.JPG

D35-2(日本車両35t機)
14.JPG

D35-2のナンバーのアップ
15.JPG

この3両のスイッチャーのうち、DD40A1とDD40A2は奇跡の復活を
とげて現在も現役ですが、D35-2は残念ながら廃車となっています。



今は遠くに住んでいる為、かつて住んでいた宮城への訪問がいまだ
出来ていないのですが、いつか復活した現在の専用線の姿を撮影に
訪問したいなと思っています。



【おまけ】
先に紹介した写真を見てお気づきかと思いますが、ここのスイッチャー
君の後ろには必ず控え車が連結されています。
16.JPG

妻板の形状からしてワム車の改造でしょうか??



nice!(25) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩沼 日本製紙岩沼工場専用線 [現役専用線]

日本製紙岩沼工場専用線は東北本線(常磐線)岩沼駅から工場を
結ぶ専用線で工場で生産された紙製品を運ぶコキ車が入線します。
出荷された紙製品はかつては北王子駅まで発送されていました。
物流倉庫廃止に伴ない北王子駅への輸送は廃止されてしまいました
が、今でも鉄道貨物輸送自体は着駅を変更の上で継続しています。

写真は工場付近の踏切から見た岩沼工場の様子です。
1.JPG

専用線の列車の授受は岩沼駅南にあるヤードにて行われます。この
専用線は午前と午後に1日2回の出入場がありますので、撮影する
チャンスが比較的多い専用線です。
2.JPG

JR機に牽かれた列車が駅南のヤードに到着すると程なくして工場から
スイッチャー君がやって来ます。
3.JPG

主力機のDD40N1です。北陸重機製の40t機です。現在ここの入換は
日本製紙のグループ企業の南光運輸が担当していますが、以前は
日通が担当していたそうです。
4.JPG

5.JPG

スイッチャー君はヤードに到着すると機回しを行い、到着貨物を牽いて
工場へ向かいます。
6.JPG

7.JPG

列車は専用線をゆっくりとやって来ますので、追っかけも可能です。
8.JPG

9.JPG

列車が工場内へゆっくりと吸い込まれて行きます。
10.JPG

今は輸送が廃止された液化塩素タキの姿が見えます。かつては
液化塩素タキの他ラテックスのタキ車も見る事が出来ました。
11.JPG


工場内の線路の様子は入口の踏切付近の外はほとんど見る事が
出来る場所が無いのですが、工場周辺にほんの数箇所だけ中を
伺う事が出来る場所があります。

写真は専用線の北端部分でお休み中のスイッチャーが留置されて
いるのを見る事が出来る他、構内入換中の列車が写真の位置まで
やって来ます。写真を見ると右側の線路の手前には荷役設備の様な
物が見られますので、かつてはラテックスのタキ車などがここに来て
いたのかもしれませんね。
12.JPG

また、工場裏手に流れる阿武隈川の堤防上からも撮影が可能な
場所が数箇所あります。
13.JPG

その中にはこんな場所もありました。
14.JPG

なんと!液化塩素タキの荷役線です。液化塩素タキの荷役中の
姿を関係者以外が見れるのはかなりレアなのではないでしょうか。
(現在はタキ車による液化塩素の輸送は廃止されています。)
15.JPG


この専用線には先に紹介した主力機のDD40N1の他にももう1両
協三製スイッチャー(DD401)が在籍しています。こちらは以前の
主力機でかつて日通が入換を担当していた時代はオレンジ色の
日通カラーに塗られていたそうです。普段は構内入換担当の為か
写真の専用線の北端部分で寝ている事が多く、動いている姿を
撮影するのは難しい子です。
16.JPG

DD401が専用線を行く姿は一度だけ撮影する事が出来ました。
個人的にはこっちのシブい協三君の方が好みだったので、この子
にお会いした時は狂喜乱舞してしまいました。 ヾ(゚∀゚)ノ゜
17.JPG

19.JPG

20.JPG


また、この専用線は駅南のヤードにおける列車引渡し時にJR機との
競演が見られるのも魅力的です。現在はEH500に交代しましたが、
かつてはED75との競演が見られました。
21.JPG

22.JPG

23.JPG

また、ここにはJR貨物のスイッチャー君もやって来るので、専用線の
スイッチャー君との競演も見る事が出来ます。
24.JPG

25.JPG


また行きたいな~  ( ´∀`) 



nice!(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

郡山 日本石油輸送専用線 [現役専用線]

日本石油輸送専用線は東北本線郡山駅から日本オイルターミナル
郡山営業所を結ぶ専用線で関東及び仙台北港の製油所からタキ車
によって石油が到着しています。ここには日本オイルターミナル向け
の列車が到着するにも関わらず、専用線自体は日本石油輸送が
保有しているのがちょっとややこしい感じの専用線です。

郡山駅から磐越東線に沿って約1.5Kmほど北上した所に日本オイル
ターミナル郡山営業所があり、付近の公道から荷役線の全体を見渡す
ことができます。
1.JPG

荷役中のタキ車です。
2.JPG

3.JPG

4.JPG

訪問した日は大物のタキ43000のトップナンバーが何気なく居て
びっくりしました。 ヾ( ̄0 ̄; )ノ オー!
5.JPG

タキ車に挿さっていた車票です。
5-1.JPG

タンクローリー車への積み込みの様子も近くで見る事が出来ます。
6.JPG


この専用線にはスイッチャーはおらずJRの機関車が直接入線します。
訪問当時(2006・07年)はDE10が入換を行っていましたが、現在は
HD300へ変更になっているそうです。
7.JPG

8.JPG

9.JPG


また、専用線の最奥部には小規模なヤードがあり、日本石油輸送の
遊休タキ車等の留置に使用されています。訪問時は銀色の化成タキ
車(タキ23800・タキ16500)が留置されていました。
13.JPG

14.JPG

ラテックス輸送用のタキ23800です。同じタキ23800でも台枠の塗色
やタンク体の形状にいくつかのバリエーションがありました。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

これらは奥野谷浜のJSRで運用されていた模様です。
18.JPG

プロピレンオキサイド専用車のタキ16500もいました。でっかい
タンク体が特徴的です。
19.JPG

こちらは新南陽のトクヤマで運用されていたみたいです。
20.JPG

これらの化成タキ車たちはしばらくここで留置されておりましたが、
結局次の職場が見つからず、残念ながら仙台港へ送られて解体
されてしまいました。  。・゚・(ノД`)・゚・。
22.JPG

もちろん主力の石油タキ車が留置されているのも見られます。
21.JPG



【おまけ】
郡山駅の東側にはヤードがあり、多数の石油タキ車たちがたむろ
しているのを見る事が出来ます。
10.JPG

11.JPG

なお上記写真の右側には保土ヶ谷化学の郡山工場があり、かつては
専用線が接続しており、化成品タキ車が入線していましたが現在では
廃止されております。

郡山駅では電機と専用線を行くDE10(現在はHD300)との列車の受け
渡しの様子も東口の広場から手軽に撮影出来ます。今は亡きJR貨物の
ED75が懐かしいです。
12.JPG

nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

宇都宮(タ) 日本たばこ産業宇都宮倉庫専用線 [現役専用線]

日本たばこ産業宇都宮倉庫専用線は東北本線宇都宮貨物ターミナル
駅から日本たばこ産業宇都宮倉庫を結ぶ専用線で製品のタバコ等を
コキ車によって輸送しています。

1.JPG

宇都宮貨物ターミナル駅の仕分け線から専用線は分岐しています。
2.JPG

専用線の奥には荷役ホームの付いた大きな倉庫の建物があります。
3.JPG

4.JPG

構内ヤードには多くの線路が残っていますが、その多くは既に使われて
いないようです。
5.JPG



ここは平日1日1往復のみの運行の為、運行の撮影難度は高めです。

この日は朝の引き込み時をねらって倉庫の前で待っていると、操車さん
とスイッチャーの運転手さんが駅方面から歩いてやってきて倉庫の門を
開けて中に入って行きました。
6.JPG

しばらくするとスイッチャー君がコキ車を受け取りに単機で出て来ました。
7.JPG

ここのぬしは珍しい富士重工製の25t機(DB251)です。
8.JPG


駅に向かったスイッチャー君はすぐにコキ車を牽いて戻って来ます。
9.JPG

10.JPG

そしてコキ車を荷役ホームに移動して午前の入換は終了です。
コキ車の駅への引き出しは午後に行われます。
11.JPG

この日は倉庫の外から撮影をしていると操車さんに声を掛けて頂き、
なんと!専用線の中で撮影をさせていただく事が出来ました。
感謝感激です 。゚(゚ノД`゚)゚。
12.JPG



【おまけ】
宇都宮貨物ターミナルといえばシキ車たちの常備駅として有名で、構内に
シキ車たちがたむろしているのを敷地外から手軽に撮影することが出来ます。

シキ611
13.JPG

シキ801
14.JPG

シキ1001
15.JPG

シキ559
16.JPG

シキ180
17.JPG



nice!(27) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小山 高岳製作所小山事業所専用線② [現役専用線]

前回の続きです。

古い内容で恐縮ですが、2006年10月に専用線で運行された様子を
紹介します。

当日の朝、工場前のヤードに到着するとスイッチャー君とシキ850D
がスタンバッてました。
1.JPG

シキ850Dは比較的小さめのシキ車(D梁の場合荷重85t)ですが、
積車を目の前で見るとやはり大迫力です。 (・∀・)
2.JPG

発車の時間になり、工場方面からシキ車がやって来ました。
3.JPG

4.JPG

5.JPG

へろへろ線路を行く巨大なシキ車がたまりません。 (*´∀`*)
6.JPG

7.JPG

古河スカイ前の機回し線に到着しました。ここでJR機との受け渡しを
行います。
8.JPG

JR機が来るまでしばらく時間があるので、間近でシキ車を観察する
事が出来ます。
9.JPG

変圧器のアップ。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

シキ850Dのゴツイ3軸台車が印象的です。
13.JPG

小山駅からJR機が到着しました。
14.JPG

JR東日本のカマですね。
15.JPG

DE10はシキ車に連結するとすぐに小山駅へ出発して行きました。
16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

JR機が小山駅へ向かうのを見届けるとスイッチャー君は工場へ戻って
行きます。
20.JPG

21.JPG

帰りは積荷が無いので心なしか軽やかに走って行きます。
22.JPG

スイッチャー君がねぐらに到着するとすぐにシャッターが閉められました。
23.JPG


また行きたいな~



nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小山 高岳製作所小山事業所専用線① [現役専用線]

高岳製作所専用線は東北本線小山駅から高岳製作所小山事業所を
結ぶ専用線で工場で生産された変圧器がシキ車によって出荷されて
います。この専用線は総延長が約3Kmと長く、途中住宅地や田んぼの
中を通る事から撮影ポイントが多いのが特徴ですが財源が財源だけに
めったに運行が無いのが難点です。 (゚∀゚)

専用線は小山駅の北側から分岐して工場へ向かいます。
1.JPG

線路は住宅地の中を抜けて行きます。
2.JPG

3.JPG

“ふみきりちうい”の表示が素敵です。
4.JPG

線路のへろへろ感がたまりません。このへろへろ線路の上を巨大な
シキ車が通ると思うとぞくぞくします。
5.JPG

工場の近くには機回し線もあります。
6.JPG

奥に工場が見えて来ました。手前の建物はスイッチャー君たちの
寝床です。
7.JPG

工場の前には小ヤードがあります。倉庫用のワム車やシキ車の
梁などが置かれているのが見られます。
8.JPG

専用線は最後に工場前の道路を横断して工場へ吸い込まれて行きます。
9.JPG


工場前の小ヤードでは運が良いと運行日以外でもシキ車が寝ている
のを見る事が出来ます。

まずはかつてここをねぐらにしていた日通のシキ613。シキ610も現役
のシキ611の1両を残してすべて廃車になってしまいました。(ノД`)
10.JPG

11.JPG

こちらは今も現役の日通のシキ801。
12.JPG

ブルーの車体が珍しいシキ810。元々は東芝物流の所有でしたが、
後年日通に移籍し、しばらくはここに留置されていましたが、その後
先に紹介したシキ801とニコイチ改造されて消滅してしまいました。
13.JPG

また、ヤードの端にはシキ車の様でシキ車でない車両が留置されて
いるのが見られます。(シキ810の奥の車両)
14.JPG

この車両は高岳製作所所有の変圧器タンク試験車両で、変圧器の
容器を実際に車両に積載した状態で試験を行う車両の様ですが、
実際に使用された様子は見たことがありません。
15.JPG

荷重400tの表記がすごいです。(ノ゚⊿゚)ノ スゲー
16.JPG

シキ800用 シキ370用 シキ610用の表記があります。
17.JPG


最後にここで見られる(見られた)スイッチャー君たちを紹介します。

まずはメインの1号機関車。協三の35t機です。以前はクリーム色
だったそうですが、次に紹介する2号機の入線に合わせて塗色が
現在のカラーに変更されました。
18.JPG

こちらは予備機のD35-101と表記された2号機。川重製の35t機です。
以前は五日市のセメントターミナル専用線にいました。
19.JPG

最後は以前在籍していた日車25t機です。上記の2号機の入線に伴い
廃車になった模様です。
20.JPG


次回は専用線の運行の様子をお伝えします。(*´ω`)ノ


nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

根岸 JX日鉱日石エネルギー根岸製油所専用線 [現役専用線]

JX日鉱日石エネルギーの根岸製油所専用線は根岸線根岸駅に
隣接する専用線で工場で精製された石油製品が石油タキ車に
よって各地に発送されています。
1.JPG

根岸駅の車扱貨物取扱量は国内最大規模との事で、駅構内には
大量の石油タンク車がひしめいています。写真の手前側が根岸駅
構内で、奥側が専用線になります。
2.JPG

駅構内は右を見ても左を見ても石油タキ車に埋め尽くされています。
3.JPG

4.JPG

5.JPG

・・・中々壮観な眺めですww

訪問時(2005年)は今となっては懐かしい旧塗色のEF200も見られ
ました。
6.JPG


ここは大規模な専用線の為、複数のスイッチャー君が生息しています。
まずは主力の新潟鉄工製のNDD56型が駅に出てきました。同型機は
2両配置されています。
7.JPG

8.JPG

ここにはもう1両古い新潟鉄工製のD50型(D504)がいるのですが、
出てこないかな~としばし待ってみると・・・。
9.JPG

キタ━(゚∀゚)━! D504の登場です!!
10.JPG

11.JPG

個人的にはこっちの方が好みです。
12.JPG

ちなみに同型機のD502が以前紹介した影森の秩父太平洋セメント
三輪鉱業所専用線にいます。この子は以前はここで働いていました。
13.JPG


ここは1回しか訪問していないので、近々再訪したいな~と思っています。



nice!(33) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

安善 在日米軍鶴見貯油施設専用線 [現役専用線]

在日米軍鶴見貯油施設専用線は鶴見線安善駅と在日米軍鶴見貯油
施設を結ぶ専用線でここから在日米軍横田基地までタキ車(通称米タン)
によってジェット燃料が輸送されています。

写真は安善駅のヤードの様子です。
1.JPG

こちらは旧浜安善駅のヤードの様子です。浜安善駅廃止後は機回し線
として使用されています。現在、安善駅とこの旧浜安善駅間については
安善駅の構内側線扱いになっているそうです。
2.JPG

逆方向からの写真です。ヤードの途中から左側に伸びている線路が鶴見
貯油施設エリアⅠに続いています。
3.JPG

4.JPG

線路は道路を渡り、
5.JPG

貯油施設エリアⅠに入って行きます。(軍事施設なのでこの先の写真は
ありません)
6.JPG

貯油施設は上記旧浜安善駅隣接ののエリアⅠの他に安善駅に隣接の
貯油施設エリアⅡがあります。以前はこちらのエリアⅡを使用しており
ましたが、現在はエリアⅠから出荷されています。
7.JPG

エリアⅡを使用していた頃の写真です。フェンスの中に米タンがいます。
8.JPG

お約束の警告看板です。
9.JPG


・・・実は専用線内を行くDE10に牽かれた米タン列車の写真はまだ撮って
いません。m(_ _)mスミマセン


・・・なので安善駅の様子などを。

横田からやってきた返空列車の到着時の安善駅の様子です。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG


ここは最初に訪れた時(2005年頃)は日本陸運産業のタキ35000に
構内が埋め尽くされておりましたが、
15.JPG

いつの間にか日本石油輸送のタキ38000を経て今ではタキ1000に
主役が変わっています。(ノ゚⊿゚)ノびっくり!
16.JPG

先日訪問した際には構内にまだタキ38000の姿もありました。
17.JPG

NRS(日本陸運産業)のタキ35000。
18.JPG

JOT(日本石油輸送)のタキ38000。
19.JPG

JOT(日本石油輸送)のタキ1000。
20.JPG

いずれもタンク体に貼られたJP-8のステッカーが特別な車両である事を
主張しています。


【おまけ】
現在は残念ながら解体されてしまいましたが、数年前までは旧浜安善駅
にかつて使用されていた駅舎が残っていました。
21.JPG

駅舎自体も風情がありましたが、なによりも駅名票に書かれた東京南
鉄道管理局の文字が涙モノでした。(´ω`*)
22.JPG



nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 現役専用線 ブログトップ