So-net無料ブログ作成
検索選択

1月某日 武州原谷 秩父太平洋セメント秩父工場専用線 [専用線日記]

先日、四日市港で元本輪西のスイッチャー君(赤)に会ったので、もう一両の
本輪西君(青)に会いたくなったので、秩父鉄道の武州原谷駅へ行って来ました。

現地に着くと・・・ 構内は人影もなくシ~ンとしています。スイッチャー君も
いつもいる駅舎横の定位置に見当たりません。
1.JPG

スイッチャーはどこかいな?と思って探してみると、スイッチャー君は2台とも
見事にクラの中で就寝中でした。これはもしやウヤなのかしら!? と、ひとりで
あたふたしていると・・・。 。(゚Д゚;)≡(;゚Д゚)・。゚
2.JPG

その後、しばらくしてクラの中からエンジン音が聞こえ始めて赤い日立君が
クラの中から顔を出してくれました。残念ながら、お目当ての元本輪西君(青)
ではありませんでしたが、ウヤでなくて良かったです。 (´∀`*)ホッ
3.JPG

ここでスイッチャー君の出庫の様子を見るのは初めてだったので、ラッキー
でした。いや~来て良かったです^^
4.JPG

スイッチャー君は一旦、影森方面へ引き上げたのち、
5.JPG

駅の方へ向かいます。
6.JPG

その後、なぜか駅を通過して工場ヤードの奥へ行ってしまいました。 (・・?))アレレ
7.JPG

ヤード奥へ行ったスイッチャー君はすぐに戻って来て、
8.JPG

いつもの定位置で三ヶ尻の太平洋セメント熊谷工場からの返空列車が来るまで
待機の模様です。
9.JPG


そして、時間になると三ヶ尻方面から貨レ(7005レ)がやって来ました。
10.JPG

この日は古豪デキ103が牽いて来ました。このカマは一時期赤に塗られて
いましたが、やはり青の標準色の方がしっくりきますね。
11.JPG

久々に私の大好物のヲキ・ヲキフ君たちにも会えました。 ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ
12.JPG

13.JPG


ヲキ・ヲキフ君たちを激写しまくっていると、上り貨レ(7404レ)が入線して
来ました。こちらは茶色のデキ505が牽いていました。
14.JPG

貨レは一旦ここで運転停車するため、カマの三並びを見る事が出来ました。
15.JPG


その後、7404レが発車するといよいよ入換えの開始です。列車は一旦影森
方面へ引き上げられて、
16.JPG

転線したのち駅に戻って来ます。
17.JPG

駅に着くと待ちかまえていたスイッチャー君に連結されて、
18.JPG

19.JPG

今度はスイッチャー君がヤードの奥へ引っぱって行き、工場内を通って
20.JPG

石灰石ホッパーへやって来ます。
21.JPG

その後、数両ずつ石灰石の積み込みを行います。
22.JPG

23.JPG


そして石灰石の積み込みが終了すると、
24.JPG

列車は来た道を通って、駅へ戻って来ます。
25.JPG

26.JPG

列車が駅に着くとスイッチャー君はすぐに切り離されて、
27.JPG

今度はデキ君が三ヶ尻方に連結されます。
28.JPG


このあと列車は着発線へ転線する為、一旦秩父方面へ引き上げられるのですが、
秩父方に向かっては若干の勾配があり、積車の列車をデキだけでは押す事が
出来ない為、デキの後ろにはスイッチャーが連結され珍しいEL+DLの状態で
列車を押して行きます。
29.JPG

しかもここのすごいところは、列車を押すスイッチャー君が途中でEL付きの
列車ごと突放するのが目の前で見ることが出来る事です。
30.jpg

いや~何度見てもたまりません。 (*´艸`*) タマラン
31.jpg

引き上げられた列車は着発線へ転線の後、発車時刻になると三ヶ尻に向って
発車して行きました。
33.JPG

34.JPG


その後は三輪鉱山の方もちょっと寄って見ましたが、列車の時間ではなかった
為、線路だけ撮影して終了としました。相変わらず、良い雰囲気の場所でした。
今度はこちらのスイッチャー君を撮影しに来たいと思う今日この頃です。
35.JPG





【おまけ】
こちらは武州原谷駅の駅前広場の写真です。貨物駅なので、職員さんの車が
数台とまっているだけのこじんまりとした駅前です。お隣に秩父通運の営業所
があるのもポイントが高いです。
36.JPG

駅名標も手作り感満載で好ましいです。
37.JPG

しかも一般の客が絶対に来ない場所なのに、なぜか秩父鉄道の旅と催物案内が
設置されています。私の様な鉄ヲタ用でしょうかww
38.JPG




nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 貨物鉄道博物館 [博物館・保存車両他]

今回で四日市界隈の訪問記の最終回です。

東藤原を急いで撮影した後はもう日も落ちかかっていましたが、どうしても
外せなかった貨物鉄道博物館に寄らせてもらいました。
1.JPG


現地につくと、まず丹生川駅前に新たに敷設された線路の上に並ぶ化成タンク
車の編成が迎えてくれました。ネットの情報で知ってはいましたが、展示されて
いるタキ車もピカピカにお化粧直しされていて最高のコンディションでした。 ( ´∀`)
2.JPG

タム8000【タム8000 三菱瓦斯化学 過酸化水素専用】
3.JPG

タム6263【タム5000 東北東ソー化学 塩酸専用】
4.JPG

タム2920【タム500 ガソリン専用】
5.JPG

タ2001【タ2000 アルコール専用】
この子は長らく福島臨海鉄道の宮下駅に保存留置されていた車両です。無事に
保存された状態でまた再会できて感無量です。 ( ;∀;) エガッタナー
6.JPG

タンク車編成の先頭には元巴川製紙所の協三工業製のDB101号君がいました。
この子だけちょっとくたびれていますね。お顔には“しめ縄”が付けられていました。
7.JPG

いや~素晴らしいです。 よだれが止まりませんww  ヽ(・∀・ )ノ スンバラシイ!!
8.JPG



タンク車に萌えまくったあとはメインの展示線へ向かいます。こちらは元東武鉄道
B4形39号蒸気機関車を先頭にした有蓋車と無蓋車による編成となっていました。
9.JPG

ト246【ト200 元名古屋鉄道】
10.JPG

ト246に挿されていた車票です。“土管”の品名にまた萌えてしまいます。
11.JPG

ワ11【ワ1 元蒲原鉄道】
12.JPG

13.JPG

ワ5490【ワ1 元鉄道省】
14.JPG

15.JPG

ワフ21120【ワフ21000 元西濃鉄道】
ワフ君の前にはアント15が留置されていました。
16.JPG



また奥の方にはシキ・ホサ・テラの編成が展示されていました。

シキ160【シキ160 元AEパワーシステムズ・富士電機】
シキ車が保存展示されている場所は全国でもここだけです。巨大なシキ車を
間近に見られるとは本当に素晴らしい場所です。
17.JPG

18.JPG

19.JPG

“京葉市原駅常備”の表記にまたまた萌えてしまいますw
20.JPG

21.JPG

梁のサイドには最終運用時のペイントの跡が残っていました。
22.JPG


ホサ1【ホサ1 元福井鉄道・浅野セメント
23.JPG

テラ146【テラ1 元国鉄 石灰関連商品輸送用】
24.JPG


展示線の脇にはJOT(日本石油輸送)のUR4-1冷蔵コンテナも展示されていました。
25.JPG

また、展示線の裏ではト15【ト1 元名古屋鉄道】が修復作業中でした。
26.JPG

展示車両を撮影させて頂いた後は、見学させて頂いたお礼の代わりに丹生川駅で
入場券と貨物鉄道博物館のガイドブックを購入させてもらったのち帰途につきました。
27.JPG





久々の四日市界隈巡りで沢山の鉄分補給が出来ました^^ 
また、こよっと。 (゚∀゚)
28.JPG


nice!(57) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 東藤原 太平洋セメント藤原工場専用線 [専用線日記]

前回の続きです。

南四日市で撮影の後は、当初はコスモ石油専用線を撮影の予定でしたが、
この日は昼前の便が撮影出来なかった昭和四日市石油専用線の撮影の方を
優先したした為、同専用線撮影の後はまだ少し時間があったので三岐鉄道
東藤原駅へちょこっとだけ行って来ました。

駅に着くと既に日が傾きかけていましたので、急いで撮影させてもらいました。
1.JPG

駅前の保存貨車のホキ25767(ホキ5700)も健在でした。個人的にはセメント
貨車といえばこのホキ5700が思い浮かぶのですが、もしかしたらホキ5700が
この様に保存・展示されているのはここだけかもしれません。
2.JPG

ホキ車には現役時代を彷彿とさせる車票が入れられていました。
3.JPG


駅を見た後は駅構内・専用線入口へ向かいます。駅横の踏切そばの定位置
にはED453とED451の重連が留置されていました。両者とも東洋電機製造・
東洋工機製の45t機です。丸みを帯びた車体がレトロな感じでいいですね~
4.JPG

専用線の方を観察してみると、輸送の終了した骨材線の線路が既に剥されて
いるのが確認出来ました。
5.JPG


駅構内の方も見てみます。既に当日の入換えは終了してしまっていたみたいで
構内はシーンとしていましたが、数量のセメントタキ車と奥の方にもう一両の電機
が留置されているのが見えました。
6.JPG

・・・という事で近寄ってみると、
7.JPG

黄色いくちばしを付けたED458がお休みしていました。 (゚∀゚)
8.JPG

このカマは元東武鉄道のED5001で先のED451たちと異なり東芝製で、車体も
角ばっています。
9.JPG

この黄色いくちばしの様なものは冬季の除雪が必要な期間のみ除雪用のカマに
取り付けられているスノープロウで、除雪作業を行わないときは写真の様に引上げ
られています。東藤原駅には冬季の間、駅構内除雪用のカマが常駐しています。
10.JPG

以前は秩父鉄道からやって来たデキ202が秩父鉄道時代のブルーの塗装のまま
使用されていましたが、数年前に廃車・解体されてしまいました。
10-11.JPG

ちなみに三岐鉄道のカマは一部を除き、右側運転台となっているのが特徴です。
11.JPG



せっかくなので、構内で寝ていたセメントタキ車たちも撮影させてもらいました。
かつては全国のあちこちで見られたセメントタキ車もいつの間にかここのタキ
1900たちが最後になってしまいました。 (´;ω;`) ブワッ
12.JPG

タキ1900は製造期間が長く、また制作したメーカーも数社にわたっている為、
車紋坂の位置や車体構造・ハッチや手すりに色々なバリエーションがあって
見ていて飽きません。
13.JPG

14.JPG


ここはいつみてもいい風景ですね~^^
15.JPG

東藤原駅自体も構内踏切のある昔ながらの駅で味があります。
16.JPG




今度は三岐鉄道沿線で一日じっくり撮影をしたいものです。




nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 JSR四日市工場専用線 [専用線日記]

前回の続きです。

四日市港のあとは南四日市のJSR専用線へ向かいました。駅のヤードに到着
すると、既にこれから工場へ向かうコキ車がスタンバッていました。
1.JPG

この日の担当スイッチャーは協三君みたいです。ここではもう一両の日車君しか
動いている所を撮影したことが無かったので、これまたラッキーです^^ 
ここのスイッチャーにも塩浜同様に“しめ縄”が取り付けられていました。
2.JPG


3.JPG

発車までまだ時間があったので、スイッチャー君やコキ車を撮影ししていると・・・
4.JPG

5.JPG

おっ!! 左側に青い物体が見えますね。
6.JPG

もう一両のスイッチャー君(日車)がコキ車の後ろに隠れていました。 (゚∀゚) アヒャ
7.JPG



工場への出発の時間が近づいてきたので、工場の入口へ移動して列車の入線
シーンを撮影させてもらいました。ちなみに左側に直進している線路は三菱化学
四日市事業所川尻地区への専用線跡です。(廃止になって久しいようですが、
線路はまだ工場まで現存しています。)
8.JPG

9.JPG

列車は工場の前で一旦停止します。操車係さんのうちの1人が降りて、
10.JPG

工場入口の貨車門を開きます。操車係さんの足元の脚絆がかっこいいです。
11.JPG

貨車門が開くと列車はゆっくりと工場内へ入って行きました。
12.JPG

13.JPG

工場の中では早速スイッチャー君の機回しが行われていました。
14.JPG



列車の工場への入線シーンを撮影後は、駅に戻って先ほど撮影できなかった
日車君を撮影させてもらいました。日車君の方にもちゃんと“しめ縄”が取り付け
られていました。
15.JPG

16.JPG

南四日市駅には伊勢鉄道が乗り入れているので、伊勢鉄道のキハ車も見ることが
出来ますよ。
17.JPG




またこよっと。 (゚∀゚)
18.JPG



次回は三岐鉄道にちょこっと寄った様子をお伝えします。 ( ´∀`) ノ バーイ





nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー