So-net無料ブログ作成
検索選択

1月某日 四日市港 太平洋セメント専用線 [専用線日記]

前回の続きです。

朝イチの塩浜での撮影終了後は四日市港へ向かいました。まずは末広橋梁を
渡るDD51の牽くセメント列車から撮影です。ここは以前は橋の袂まで行けたの
ですが、今は近くまで行くことが出来ないのでちょっと遠いですが、手前にかかる
臨港橋から撮影をしました。
1.JPG

ちなみにこちらが臨港橋の写真です。こちらも末広橋梁同様に可動橋となって
います。可動橋が2つも並んでいる所は全国でも珍しいのではないでしょうか。
今度はこちらが開いているのを見てみたいものです。
2.JPG

そんなこんなしていると時間になり列車がやって来ました。末広橋梁はもちろん
ですが、まわりのレトロな倉庫街と合わせて何度見てもいい風景です。 ( ´∀`)
3.JPG


末広橋梁を渡るセメント列車を撮影した後は急いで専用線との授受線へ向かい
ました。やって来たDD君のカマ番をみるとなんと!!元鷲別機関区所属でその後
門司へ転属し岡見貨物の終焉まで活躍していた1147号機ではありませんか!
ここでまた会えるとは感無量です。 。゚(T^T)゚。
4.jpg

現役のセメント列車が見られるのは全国でもここだけになってしまいました。
黒タキ車で統一されて編成が激シブです。
5.JPG

列車が授受線に到着するとDD51はすぐに切り離されて、機回しを行います。
6.JPG


今回ここに来た目的の一つが本輪西から転属してきたスイッチャー君の姿を
撮影する事だったのですが、機回し中のDD51の奥になにやら赤色の機関車
見えますね。 (゚ー゚*?)オヨヨ?
7.JPG

キタ――(゚∀゚)――!! 元本輪西君がやって来ました。元気そうでなりよりです。
またまた感無量です。 。゚(T^T)゚。 カンムリョウ
8.JPG


機回しを終えたDD51は専用線からやって来た列車を連結すると四日市駅に
向けて出発して行きます。
9.JPG

そしてその列車のあとを今度は元本輪西の「DD511」が追っかけて行きます。
(あっこっちもDD51ですね^^)
10.JPG

11.JPG

本輪西時代の栗林商会のマークとサイドのナンバープレートが取り外されている
他はそのままの状態で使用されているみたいですね。旋回窓がいいですね~
12.JPG


機回しを終えた元本輪西君はDD51が牽いてきた返空列車を連結して、あっと
いう間に太平洋セメント四日市出荷センターへ向かって出発して行きました。
13.jpg

私も列車の後を追って太平洋セメント四日市出荷センターへ向かいます。専用線の
途中には、今では珍しくなったシブいワイヤー式の踏切もあります。
14.JPG


出荷センターにつきました。構内では早速入換えの作業が始まっていました。
15.JPG

16.JPG

ここのもう一両のぬしのDD452は以前行われていた骨材輸送用の荷役設備の
中で昼寝をしていました。
17.JPG

一方、以前予備車が寝ていた車庫の中はからっぽでした。DD511の入線に
伴い以前在籍していた黄色いOD451は解体されてしまったみたいです。
18.JPG


ここは入換えのあいだ何度もスイッチャー君が目の前をウロウロしてくれるので、
撮影チャンスがたくさんあっていい場所ですよ^^
19.JPG

20.JPG

爆煙に萌え~w
21.JPG


大分お腹がいっぱいになって来たので、ここでの撮影を終了としました。
22.JPG

23.JPG



次回は南四日市の様子を紹介します。 (・ω・) ノシ




nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 昭和四日市石油専用線 [専用線日記]

先日ひさびさに専用線の聖地の四日市へ行って参りました。近年、石原産業
専用線や三菱化学専用線などが廃止になってしまいましたが、ここはまだ昭和
四日市石油専用線や太平洋セメント専用線、JSR四日市工場専用線、コスモ
石油四日市製油所専用線が現役です。現在、これだけの数の専用線が密集
している所はここしかありません。

前日は市内に宿泊し、朝イチから専用線めぐりの開始です。まずは塩浜駅に
接続している昭和四日市石油専用線から撮影を開始しました。ここは、通常は
北陸重機製のスイッチャーが背面重連で使用されていますが、ネットの情報
では検査の為、予備車の日立製のスイッチャーがしばらく使用されているとの
事でした。実は日立君たちはまだ撮影した事が無かったので、お会いするのを
楽しみしてやって参りました^^

塩浜駅に着くと、スイッチャー君たちがやって来るまでまだ時間があったので、
構内を観察しながら時間をつぶしました。
1.JPG

個人的には久々の石油タキ車に大興奮です。 (*´д`*)ハァハァ
2.JPG

構内の大多数は緑色のタキ43000 形243000番台で埋め尽くされていました。
関東の緑タキはほぼタキ1000となっていますが、ここはタキ24300が主力と
なっています。
3.JPG

おっ!! 黒タキもいますね。タキ243000の初期に生産された車両は黒色で製造
され、現在でも黒色を纏っています。黒タキもいつの間にか貴重になってしまい
ましたね。
4.JPG

ここで運用されている車両の常備駅は殆どが、塩浜駅常備ですが四日市駅
常備の車両もいるのを初めて見ました。
5.JPG

構内の外れにはDD51 899が寝ていました。DD51が定期貨物列車を牽く姿が
見られるのも愛知機関区のDD51が最後となってしまいました。ここは近鉄線と
隣接している為、写真の様に近鉄の車両とのコラボが見られます。
6.JPG


そんなこんなしていると、四日市方面から凸凸の牽く5271レがやって来ました!
凸凸の姿を見るのも、昨年廃止になった特別なトワイライトEXP以来です。
7.JPG

凸凸かっこいいっすね~。これだけでも来た甲斐がありました。 ( ´∀`)
8.JPG


5271レが到着するといよいよスイッチャー君の登場です。日立君がやって来る
かな~とドキドキしながらまっていると・・・。

キタ――(゚∀゚)――!! 日立君の登場です。やっとお会いすることが出来ました。
9.JPG

正月明けだったので、しめ縄が取り付けられていますね。これまたレアな姿を
見る事が出来ました^^
10.JPG

いや~しぶいっす。
11.JPG

日立君たちはヤードの空車タキを連結すると、あっという間に製油所へ向って
出発して行きました。
12.JPG


スイッチャーが去った後は5271レを牽いてきた凸凸が構内を入換えする姿も
見る事が出来ました。
14.JPG



この後は11頃の便を狙って行ってみたのですが、ウヤだったので14時過ぎの
便を狙うために専用線へ向かいました。写真の左側に見える線路が専用線です。
右側に見える近鉄線の線路は標準軌なので、線路幅が違うのが分かります。
15.JPG

こちらは途中の塩浜1号踏切から見た専用線の様子です。左側に見える線路
が昭和四日市石油専用線で、右側の錆び付いた線路が廃止となった石原産業
専用線跡になります。こうしてみると複線の様に見えます。
16.JPG

廃線跡ではわんこが気持ちよさそうに昼寝していました。
17.JPG

線路脇の看板には石原産業四日市工場の文字が残っていました。
18.JPG


製油所付近までやって来ました。石原産業専用線の線路は写真奥の踏切の
先で終わっており、その先の線路は剥されてしまっているみたいです。左側の
昭和四日市石油専用線は踏切の先で左側にカーブして製油所構内へ入って
行きます。
19.JPG

ちなみに上記写真をとった場所には第4種踏切があり、その名も“タバコ屋前
踏切”とありますが、タバコ屋さんはとっくに廃業したみたいで踏切の周りには
それらしき建物はありませんw
20.JPG


まだ列車が来るまで時間があったので、製油所入口まで来てみました。シブイ
手動式の踏切が設置されています。
21.JPG

鉄道門の横にはこれまたシブい踏切小屋もあります。踏切小屋にもしめ縄が
取り付けられていました。製油所の入口とは思えないレトロなシチュエーションが
最高です。
22.JPG



そして時間となりましたので、先程のタバコ屋前踏切まで戻って日立君たちが
牽く列車を撮影しました。
23.JPG

いや~来て良かったです。
24.JPG

駅からの返しもキッチリ撮影してここは終了としました。
25.JPG

せっかくなので、日立君たちを1両ずつ撮影させてもらいました。2両共ピカピカ
でした。だいぶお年だと思いますが、末永く元気でいてもらいたいものです。
26.JPG

27.JPG





【おまけ】
塩浜駅に隣接した近鉄塩浜駅には近鉄塩浜検修車庫が隣接しており、近鉄の
事業用車の姿を見る事が出来ます。訪問日も電気検測車「はかるくん」や
28.JPG

電動貨車のモト90形やデ32(写真の上にちょこっと写っています)の姿を見る
事が出来ました。
29.JPG






塩浜は貨物とゲテモノ車両が好物な私にとって最高の場所です。 (゚∀゚) ウヒャヒャ
30.JPG


次回は四日市港の様子を紹介します。




nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新日鐵住金 尼崎製造所構内軌道 [現役専用線]

久々の現役専用線の紹介です^^

新日鉄住金 尼崎製造所は石炭火力発電所で使われるボイラチューブなどの
シームレスパイプを製造している工場で、製造所構内でナローゲージの構内
軌道が現役で使用されています。通常構内軌道は工場内にある為、部外者が
見る事は出来ないのですが、ここの素晴らしいところは工場の間に県道57号
尼崎港線が通っており、東西の工場を結ぶために軌道が県道を横断している
事から踏切を渡る列車を撮影する事が出来ます。
1.JPG


ここは2回目の訪問で1回目の訪問時はお盆休みだったため、列車の運行を
見る事が出来なかったので、先日再訪問をしてきました。

当日、現地に着くと・・・。おっ! 早速サイレンを鳴らして列車がやって来ました!!
2.JPG

ちっちゃなナローゲージの機関車が堪りません。現役のナローゲージをこの目で
見る事が出来て感無量です。 。゚(T^T)゚。 カンムリョウ
3.JPG

なんの積み荷かすごく気になります^^
4.JPG



列車が踏切を渡るときは路面電車の信号と同様の黄色い矢印が点灯します。
5.jpg

列車が通る前に係員さんが踏切にやって来ると、
6.JPG

後ろから機関車に押された列車がやって来ました。
7.JPG

列車が踏切を渡るときは「軌道車が通ります。ご注意ください。」という放送が
大音量で流れる中、機関車がけたたましいサイレンを鳴らしながらやって来ます。
8.JPG

機関車のアップです。キャブの運転士さんと比べてもらうと、機関車の小ささが
分かって頂けると思います。この黄色の塗色は新色だそうで、以前は緑色が
主だったそうです。
9.JPG


そんなこんなしていると、その緑色の機関車がシームレスパイプ?を積んだ
貨車を押してきました。
10.JPG

11.JPG

個人的にはこの緑色の方が好みです。 ( ´∀`)
12.JPG

なんとも素晴らしいシチュエーションですね~
13.jpg


この日はラッキーな事に立て続けに列車がやって来てくれましたので、
短い滞在時間でしたが、結構楽しませて頂きました。
14.JPG


このブログ初めての企画ですが、踏切を渡る機関車の動画を貼ってみます。




先に書いた通りここは構内軌道の為、公道から見る事が出来るところは殆ど
無いのですが、上記の踏切のほかにも若干ですが見る事が出来る場所が
あります。今度はこちらを走る列車を撮影してみたいものです。
16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG



【おまけ】
初めて昨夏にここを訪問した時にレールを満載したトラックが止まっていました。
20.JPG

構内を覗いてみると、構内軌道の工事中でした。この日列車の運行は見れません
でしたが、エエものが見れました。 ( *´エ`) エガッタ
21.JPG




nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

12月某日 水島臨海鉄道 [水島臨海鉄道]

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 <(_ _)>

三菱自動車水島製作所の軽自動車生産が既に再開され、軽自動車を運ぶ
DD50君の区間貨物運用も既に復活していましたが、なかなか撮影の機会が
無かったので、久々に水臨へ行って来ました。倉敷(タ)に到着すると、さっそく
DD50君がスタンバッているのが見えました^^

本当はコンテナホームで軽自動車の積み込みシーンから撮影したかったのですが、
この日は既に積み込みが終了してしまっていたので、DD50の出発の時間まで、
構内などを撮影しながらしばし待っていると・・・
1.JPG

DD50が出発位置までやって来ました。 (〃・ω・)ノ イエーイ!
2.JPG

3.JPG


しばし出発位置で待機のあと、まずはコキ君のいるコンテナホームへ御出勤です♪
4.jpg

いったん、構内奥へ引き上げたのちに
5.JPG

コンテナホームへ向かいます。
6.JPG

7.JPG

コキ車への連結が終わると、出発時刻までしばし待機します。
8.JPG


出発のシーンはベタですが、三菱自工駅前の定番ポイントで撮影しました。
9.jpg

この日は4両のフルコンのコキ車を連ねていました。積み荷の軽自動車の
出荷も順調の様でなりよりです。 (´ー`) エガッタ
10.JPG

三菱自工駅前のあとは港東線のこれまたド定番の場所で撮影し、
11.jpg

返しの単機は東水島駅近くの場所で撮影しました。ひさびさにDD50の元気な
姿が撮影出来て良かったです。
12.JPG


その後はせっかくなので、DE10の牽く3093レと3095レを撮影させてもらいました。
3093レはまたまた港東線のこれまたド定番で今度は釜アップの位置で、
13.jpg

この日はJFEスチールのイルカコンテナが数多く積載されていました。
14.jpg

15.jpg

その後はちょこっと東水島駅で入換えの様子を撮影し、
16.JPG

その後、午後の3095レを球場前駅近くで撮影し終了としました。
17.jpg



やっぱ水臨はいいですね~ 今度はDE701撮りにこよっと。 (゚∀゚)
18.JPG





nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー