So-net無料ブログ作成
検索選択

大成 鉄道博物館その① [博物館・保存車両他]

熊谷(タ)・広瀬川原を訪れた翌日、少し時間があったので鉄道博物館を訪問
して来ました。ここを訪れるのは何気に初めてだったりします。

大宮駅からはニューシャトルに乗って向かいました。鉄道博物館がある大成駅
(鉄道博物館駅)は大宮駅のとなりなので、あっという間に到着します。写真
ありませんが、途中大宮総合車両センターの上空を走るので車両センター
構内の様子も見れるのが楽しいです。
1.JPG

久々にニューシャトルに乗りましたが、いつの間にかに新車が入っていたの
ですね。平日の昼間でしたが、結構な乗車率でした。
2.JPG

駅名標です。この大成駅は鉄道博物館開業に伴い、鉄道博物館駅に正式に
改名されたそうですが、旧駅名の大成も小さく表記されています。
3.JPG

駅の改札口の様子です。なにやら展示物が見えますね。
4.JPG

改札口の横にはニューシャトルのタイヤ・ギアや
5.JPG

記念ヘッドマークが展示されていました。さすが“鉄道博物館”って感じです。
6.JPG


駅を出てエントランスを進んで行くと、
6-1.JPG

まずは神田にあった交通博物館から移設されたD51 426のカットモデルが
来場者をお迎えします。 (○・ω・)ノ オヒサシブリ~
7.JPG

また、D51の前にはこちらも交通博物館から移設された167系のモックアップが
展示されています。ずっと実物のカットモデルかと思っていたのですが、博物館
用に新規に制作されたものだそうです。
8.JPG

9.JPG

なつかしの東海型大目玉に萌えまくりですww
10.JPG

室内も実車同様に再現されています。
11.JPG

修学旅行用車両の特徴であるデッキ入口上のスピードメーターもついています。
12.JPG

13.JPG

運転室後ろのデッキには給水器もあります。
14.JPG

もちろん運転席も見学出来ます。(中には入れません。)
15.JPG

車体には修学旅行のサボがありました。
16.JPG

また、車体の後ろには台車も展示されていました。
17.JPG


プロムナードを見学後はいよいよ館内へ入ります。まずはエントランスで入館手続き
Suica使用可)をして、
18.JPG

館内の入口にある自動改札を通って入館します。改札の前の床には、
19.JPG

SLのナンバープレートが展示されていました。 (ノ゚ο゚)ノ ビックリ
20.JPG




次回は展示車両を紹介します。 (´・ω・)ノ ノシ
21.JPG




nice!(74) 

1月某日 熊谷(タ)・広瀬川原 [貨物駅・車両所など]

先日関東に行く用事があったので、久々に熊谷貨物ターミナル駅を覗いて来ました。
まず着発線の方へ行って見ると、DE君が昼寝しているいつもの光景がありました。
1.JPG

この日の担当はDE10 1668と
2.JPG

DE10 1513でした。ここで働くDE10はジェイアール貨物・北関東ロジスティクス
所属の機械扱いのカマなので車籍はありませんが、いまとなっては全国的にも
貴重な現役の原色DE10たちです。この日もいい感じの汚れっぷりですねw
3.JPG

さらに進むとEH200の牽く列車が小休止していました。2071レでしょうか?
4.JPG

久々にブルーサンダーを見ました。 カコ(・ω・)イイ!!
5.JPG

大好物の化成品タンクコンテナも載っています^^
6.JPG

7.JPG

8.JPG


その後は仕訳線の方へ行って見ました。
9.JPG

ここは構内を跨線橋が跨いでいるので、貨車を上から眺める事が出来ます。
この日も多数のコキ車や安中貨物用のトキ車などが昼寝していました。
10.JPG

11.JPG


最近本線で見かけることが少なくなってきたコキ50000がこの日はずいぶん多く
留置されているな~と眺めていると・・・ コキ車に車票と白票が入っています。
なんだか嫌な予感がしたので、車票と白票をズームで撮影してみると・・・
12.JPG

・・・宇都宮(タ)への廃車回送の車票が挿さっていました。  (´;ω;`)ブワッ
13.JPG

白票には“命に依り”と書かれているのが見えます。この白票が入っている時は
大体の場合、廃車解体の為に最期の場所への回送中を意味します。
14.JPG



そんなこんなしていると、秩父鉄道の授受線のあるヤードにDE10 1513がやって
来ました。これは秩鉄のデキがホキ車を牽いてやって来るのではと思い、しばし
待って見ました。
15.JPG

授受線の横には昼寝中のホキ10000が連なってします。このホキ10000によって
扇町より石炭が運ばれてきます。
16.JPG

授受線の線路が石炭で真っ黒になっているのが面白いです。
17.JPG

しばらくするとデキに牽かれた返空列車が入線して来ました。
18.JPG

カマはデキ103でした。このカマは以前真っ赤にペイントされていましたが、今は
標準色のブルーに戻っています。
19.JPG

駅に到着するとデキはすぐ切り離され
20.JPG

一旦熊谷駅方面へ引き上げたのちに
21.JPG

ヤードの空き番線に戻って来ます。
22.JPG

デキが一旦ヤード内に停車すると、今度はDE10が動き出し列車に連結されます。
23.JPG

そして列車へのDE10の連結が終了すると、デキは三ヶ尻方面へ戻る為、一旦
ヤードの端へ向かい、その後秩鉄線内へ戻って行きました。
24.JPG

25.JPG

26.JPG

27.JPG

久々に石炭ホキの授受が見れてラッキーでした。


本当はあまり時間が無かったのですが、デキを見た事でテンションが上がってしまった
ので、広瀬川原もちょっと覗いて来ました。
28.JPG

29.JPG

昨年引退したデキ107と104はまだ健在でした。
30.JPG

SL運行が復活する東武鉄道へ補機として譲渡との噂があるみたいですが、本当
だったらいいですね。
31.JPG

踏切近くには現役最古参のデキ102がいました。
32.JPG

デキ102を撮影していると運転士さんがやって来て、武川方面に向かって回送
されていきました。この日は動いているデキ100を2両も見れてラッキーでした。 (´∀`)
34.JPG




また、こよっと (゚∀゚)
35.JPG




【おまけ】
熊谷(タ)の横にシブい日野のトラック(日野KS)がいたので思わず撮影して
しまいました。懐かしの日野のウイングマークがかっこいいです。
36.JPG





nice!(59) 

12月某日 特別なトワイライトエクスプレス [特別なトワイライトEXP]

12月に入っても飽きもせずにせっせと撮影に通っている特別なトワイライトエクス
プレスですが、休みの関係で土曜日の往路しか基本的に撮影のチャンスが無く、
山陰コース復路の撮影はあきらめていたのですが、年末最終週は火曜日休みが
取れることに気づいたのでこれはチャンスと撮影に行って来ました。

復路を撮るなら美袋駅でのカマ交換でしょう!! と美袋駅へ向かいましたが、途中
豪渓駅の横を通りすぎると、トワイライト色のPFが停車しているのが見えました。
1.JPG

せっかくなので、ホームでピカピカのPFを撮影させてもらいました。
2.JPG

両サイドにカンが取り付けられています。
3.JPG


PFを撮影した後は美袋駅へ。いつもの採石場横の踏切に到着すると既に10名
近くの同業者がスタンバッていました。まずはやくもや普電を撮影しつつ、本業!?
の3081レを撮影します。この日は牛乳パックの1017号機の牽引でした。
4.JPG

5.JPG

6.JPG



そしてしばらくすると・・・。 キタ―(゚∀゚)―!! PF君の登場です!
7.JPG

かっこイイっすね。
8.JPG


PF君は美袋駅構内に一旦入線の後、砕石線で待機するため入換えを行います。
入換え撮影の為、私も砕石線入口の踏切へ移動しました。
9.JPG

しばらくすると操車さんを乗せたPFがやって来ました。向かって右側の操車さんは
女性の方でした。 カコ(・ω・)イイ!!
10.JPG

PFが砕石線に入って行きます。
11.JPG

本線用の機関車がへろへろ線路の砕石線にいるなんともレアな光景を撮影する
事が出来ました。 ヾ(゚∀゚ )ノ コレガトリタカッタ!
12.JPG


その後は美袋駅へ移動し、ホームで凸凸牽引列車の入線を待ちます。ホームでは
社員さんたちが歓迎の準備をしていました。
13.JPG


そして時間になり、凸凸牽引の列車が入線して来ました。
14.JPG

カン付きの1186号機は初撮影だったりします。
15.jpg

凸凸の先ではPFがお待ちかねです。
16.JPG


本当はホーム先端でカマ交換の写真を撮りたかったのですが、すでに激パ状態
だったので客車の方を撮影したのちは出発シーンを撮るべく、駅を出ました。
17.JPG

何気に大阪行きの幕を撮影するのは初めてだったりしますw
18.JPG


駅を出たのちは定番の採石場横の踏切へ向かったのですが、途中で列車から
切り離された凸凸単回が出発してしまったので、あわてて撮影しました。
19.JPG

無理矢理なPFとの顔合わせですww
20.JPG

煙を吐きつつ行ってしまいました。凸凸はこの後、一旦豪渓方面へ行った後に
米子に回送されるためにまた戻って来ます。
21.JPG


その後、いつもの採石場横の踏切に到着しましたがいつの間にかとんでも無い数の
同業者で埋め尽くされていて、ここでの撮影は無理かと思いましたが列の最後尾に
なんとか潜り込ませてもらいました。
しばらくすると、砕石線に待機していたPFが駅へ向かうために出て来ました。
22.JPG

それにしてもすごいギャラリーの数です。
23.JPG


PFが列車に連結されてしばらくすると、今度は米子へ戻る凸凸が帰って来ました。
24.JPG

25.JPG

無理矢理ですがPFとの並びが撮れましたw こうして見るとカンの色が結構違うの
ですね。 (´∀`)
26.JPG


そして発車時間になるとPFに牽かれた列車がゆっくりとやって来ました。大好きな
この場所でトワイライトEXPが撮影出来るとは感激です。 ( ;∀;) カンゲキ
27.jpg

28.JPG



いや~来て良かったです。(それにしてもすごい人出でした)
29.JPG


nice!(58) 

12月某日 多度津工場他 [貨物駅・車両所など]

ご挨拶が大変遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 <(_ _)>

前回の続きです。大王製紙専用線を訪問した後は、再度多度津へ戻りこれも
久々の多度津工場を覗いて来ました。ネットの情報ですと長らく高松運転所に
留置されていた12系・14系客車が入場しているとの事です。

工場入口の踏切に到着するといつもの光景が広がっていましたが、スイッチャー
君の色がちょっと変な感じがします。
2.JPG

ズームしてみると以前の正統派オレンジ色からなんかピンクっぽい色に塗り替え
られてしまったみたいですね。(ちょっと微妙ですね。)
3.JPG

保存貨車のトキ車とワラ1のトップナンバーはまだ健在でした。
4.JPG

長らく放置されている為、トキ車の妻板の下部が腐って穴が開いてしまって
いますね。 ( ; ; ) ワラ1の方はまだ比較的まともな状態でした。
5.JPG

次に構内の右奥を覗いてみるとお目当ての12系と14系が留置されていました。
6.JPG

ドアになんか貼ってありますね。
7.JPG

拡大してみると“東武鉄道譲渡車の為 部品取り等禁止”と書いてありました。
東武鉄道で復活するSL運行に合わせた譲渡対象車になったみたいです。
一時は解体かもしれないと思っていたので、ひと安心です。是非このブルー
カラーのまま運行してもらいたいものです。 (´∀`)
8.JPG

さらに右の奥には国鉄色のキハ58 293とJR四国カラーのキハ28(58?)が
いました。もしかしたらキハ28最古参だったキハ28-2002(元キハ28-2)で
しょうか。
9.JPG

10.JPG


多度津工場を覗いたあとは、せっかくなので多度津駅の様子も見てみました。
11.JPG

まずは普段廃車車両が留置されている構内の最奥部を見てみると・・・
12.JPG

こちらも高松運転所から移動してきた。キロハ186-1がいました。今となっては
貴重な合造車ですが、保存はされるのでしょうか?
13.JPG

車番プレートが外されているのが気になります。
14.JPG

キロハを撮影した後は駅前のハチロクを撮影しつつ、構内の反対方向へ。
15.JPG

ハチロクの奥には私の好物が寝ていますw
16.JPG

この子たちです。
17.JPG

ここは保線基地になっていて、JR四国所属のチキ6000がいつもここで昼寝
しています。ラッキーな事にこの日は積車の様子を見る事が出来ました。
18.JPG

19.JPG

“四” 高松駅常備の表示がシブいです。
20.JPG

チキ車の奥にはこれまた好物の保線モーターカーもいました。
21.JPG

22.JPG

お腹がいっぱいになったので、お隣の讃岐塩屋駅でちょっと撮影してこの日は
終了としました。

7000系
23.JPG

2000系 南風
24.JPG

3079レ(伊予三島行き) この日は押太郎トップナンバーでした。
25.JPG



【おまけ】
多度津駅構内に前から気になっている食堂があるのですが・・・
26.JPG

入口がこんな感じなので、入る勇気がありませんw
27.JPG

お品書きもすごいですww
28.JPG



nice!(62)