So-net無料ブログ作成
検索選択

10月某日 水島臨海鉄道 [水島臨海鉄道]

今年の7月に全検から帰って来たDE70 1を早く撮影したいと
思っていたのですが、帰って来て早々にDE70 1にトラブルが
発生した事と個人的に水臨を訪問するタイミングが無かった
事から、10月に入ってしまいましたが、DE70 1の走行写真を
撮影に行って参りました。


写真はトラブルから復帰直後の8月に撮影したDE70 1です。
故障したと聞いた時はどうなる事かと思いましたが、無事に
復活して良かったです。 (´ω`) ヨカッター
1.JPG


上記の写真から大分時間が経ってしまいましたが、久々に
DE70 1の走行写真を撮影する事が出来ました。1発目は
お気に入りのこの場所で撮影しました。
2.JPG

東水島駅での入換えの様子です。
3.JPG

やっぱ原色のDEはいいですね。
3-1.JPG

4.JPG

この日は東水島駅での入換えのあとは単機回送でした。
5.JPG


こちらは別の日に倉敷市駅~球場前駅間で撮影した
DE70 1です。朝日の中やってくる列車がかっこいい
です。 カコ(・ω・)イイ!!
6.JPG

7.JPG


ひと仕事が終わって倉敷(タ)に帰って来た時の様子です。
10.JPG

まだ車体はピカピカですね。(゚∀゚*) ピッカー
9.JPG

8.JPG

広島車27-7の表記が見えます。
12.JPG


また、追っかけしよっと。(゚∀゚)
13.JPG





【おまけ】
先日速報をアップさせて頂きましたが、しばらく夏眠して
いたキハ30の運用が始まりました。
14.JPG

15.JPG

16.JPG

今のところはキハ38とペアを組んでいます。
17.JPG

キハの方もまた撮影にこよっと。(゚∀゚)
18.JPG



nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月某日 旧津山扇形機関車庫 [博物館・保存車両他]

若桜鉄道からの帰りに津山に寄って旧津山扇型機関庫を
ちょこっとだけ覗いて来ました。

旧津山扇型機関庫は今年リニューアル工事の為一般公開を
中止し、線路増設および建物の改修工事を行うと発表されて
いますが、現地に着くと・・・。


あれっ!? まだ工事が行われている雰囲気は無く、以前の
機関庫そのままの光景が広がっていました。
1.JPG

しかしながら、展示車両の配置は今後の工事の都合の為か
変更になっていました。
2.JPG

なんかキハ52の隣にブルーシートが見えます。
3.JPG

どうも交通科学博物館からやって来たD51 2の様です。
4.JPG

その奥には同じく交通科学博物館から来たDF50 18と
DD13 638の姿も見えます。
5.JPG

ここのぬしのDE50 1の姿が見当たらないな~と思っていると
外で糸魚川からやって来たDD16 304と並んでいました。
6.JPG

DE50 1の2エンド側を初めて見ました。(゚∀゚) ヤター!!
7.JPG

全景が見れたのはうれしいのですが、雨ざらし状態なのが
ちょっと心配です。
8.JPG

DD16 304はラッセルヘッドは片側だけ保存されるみたい
ですね。
9.JPG

DD15やDE15のラッセルヘッドに比べると巨大ですね~
10.JPG


DE50とDD16をもうちょっとまともに撮れないか、付近を
うろうろしてみると・・・。キハの間からDE50のキャブ部分と
12.JPG

DD16 304の本体を辛うじて撮ることが出来ました。(゚∀゚)
13.JPG


構内の留置線を見てみるといつの間にかキハ47の津山色が
殆どいなくなってしまったみたいですね。
14.JPG

完全に昭和ですw
15.JPG



リニューアルオープンが待ち遠しいですね。 (´ω`)



nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月某日 若桜鉄道 [その他(鉄道)]

伯耆大山を訪問した翌日、こちらも久々の若桜鉄道を
訪問して参りました。


まずは定番撮影地の第2八東川橋梁で撮影しました。
これぞ!ローカル線という風景がお気に入りの場所です。( ´∀`)
1.JPG

橋に近寄ってもう一枚。
2.JPG


その後はここに来る時はいつも訪問する若桜駅へ。
3.JPG

ここには古き良き昭和の風景が今でも残っています。
4.JPG

若桜駅は入構券(300円)を購入するとホームだけでなく、
構内を自由に見学することが出来るのが魅力です。
5.JPG

保存されているC12 167・DD16 7の目の前にも行くことが
出来ます。
6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

C12 167は運転室が見学できる様になっていたので、
有難く見学させて頂きました。
10.JPG

綺麗に手入れがされていますね。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

個人的には日本車両の古い銘板がたまりません。(゚∀゚*)
14.JPG


駅の構内には保存車両だけでなく、魅力的な施設・建物も
数多く残っています。
15.JPG

ターンテーブルも綺麗に整備されています。SL運転の
体験日には実際にSLが乗る姿を見る事が出来ます。
16.JPG

ターンテーブル横の車庫には元長野電鉄の ト6が保管
されています。写真を撮った後でト6の奥に何気に以前は
いなかったヨ太郎君がいるのに気づきました。
17.JPG

あとで調べてみたところ、神奈川の愛好家の方々が
JR貨物より購入した車両がここにやって来たそうです。


私の大好物のスイッチャー君(除雪用)は構内の最奥で
昼寝していました。
18.JPG

近くの竹林公園のペイントがされたWT-3003号もこの日は
お休みだったみたいです。
19.JPG

若桜駅には改札横に物販コーナーがあるので、ちょっと
覗いてみるとSL観光列車運行募金付き一日フリー乗車券
綴りが販売されていたので、応援の気持ちを込めて購入
させてもらいました。
19-1.JPG

写真入りの硬券が4枚入っています。
19-2.JPG

19-3.JPG
若桜鉄道では4月にSL運行の社会実験を行いましたが、
近い将来のSL運行に是非繋げて頂きたいと思います。


若桜駅の後は隼駅へ行ってみました。ここはバイク乗り
(SUZUKI隼)にとっては聖地になっており、この日も
多くのライダーがやって来ていました。
(肝心の隼は1台しかいませんでしたがw)
20.JPG

駅の中も隼であふれています。
21.JPG

どさくさ紛れにはやぶさ2号のポスターまでありましたw
22.JPG


北陸鉄道からやって来たED301とJR四国からやって来た
オロ12も健在でした。
23.JPG

駅構内を撮影していると、ちょうど列車がやって来ました。
列車はステンレスカーですが、これぞ日本という風景が
最高ですね。
24.JPG

駅では“かかし”が列車をお迎えします。
25.JPG


若桜鉄道は何度来てもいいですね~。近いうちにまた
訪問したいと思っています。
26.JPG




【おまけ】
せっかく鳥取にきたので、ニュースにもなった“スタバ”と
27.JPG

“すなば”に行って来ましたw
28.JPG

29.JPG

30.JPG


どちらのお店も大盛況でした。(〃・ω・)ノ



nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月某日 伯耆大山駅 [貨物駅・車両所など]

前々回、伯耆大山の王子製紙専用線の訪問記をアップ
致しましたが、ここは2015年3月改正で旧米子貨物駅
(米子操)の廃止に伴い、同貨物駅の機能が移転されて
います。今回は専用線と一緒に訪問した新設となった
伯耆大山駅の貨物駅部分の紹介を致します。


写真は構内外れの踏切より撮影した駅の全景です。左奥が
旅客駅の方の伯耆大山駅で、右側のスイッチャー君がいる
方が新設された貨物駅部分です。
1.JPG

写真左奥に見えるコキ車が留置されているヤードは以前から
あるヤードでここで王子製紙専用線との列車のやり取りを
行なっています。
2.JPG

ここには以前から2両のスイッチャー君が働いています。
米子貨物駅の移転に合わせて塗り替えられたのか、2両
共まだ綺麗な状態でした。
3.JPG

コキ車を連ねたスイッチャー君が真新しいコンテナホームに
備え付けられています。スイッチャー横に“架線終端”の看板
がありますが、ここまで架線が来ているので、電機での入換え
も考慮されている模様です。
4.JPG

構内はほぼJRの12fコンテナで埋め尽くされています。
5.JPG

鳥取側の引上げ線にはお休み中のEF64 1000番台が
お休みしています。米子貨物駅廃止前は米子駅構内で
昼寝していましたが、改正後はここに居場所を移した
みたいです。
6.JPG

田んぼの真ん中で寝ている姿がなんともいえません。( ´∀`)
7.JPG

ほんの一瞬でしたが、スイッチャー君の入換えも撮影出来
ました。カコ(・ω・)イイ!!
8.JPG

9.JPG

スイッチャー君の入換え風景の撮影が終わったあと、後ろを
振り向くと目新しい駅舎の姿が見えました。
10.JPG

入口側へ行ってみます。
11.JPG

看板もピカピカです。 (`・ω・́)
12.JPG

13.JPG

コンテナホーム側は12fコンテナしか見えませんでしたが、
産廃輸送用の20f無蓋コンテナも引き続き取り扱っている
模様です。米子貨物駅時代は日立金属の20f無蓋コンテナ
(UM13A)もなども見られましたが、この日は確認出来
ませんでした。
14.JPG



せっかくなので、廃止された旧米子貨物駅跡地にも行って
見ました。まだ廃止当時の姿がそのまま残っていました。
15.JPG

当然ですが、なんにもいません。(´;ω;`)
16.JPG

18.JPG

検収庫の中もからっぽで、
19.JPG

残されたトロッコが寂しそうでした。
20.JPG

ここにもう貨車が来ることが無いと思うと寂しいです。
21.JPG


但し、構内の一部はまだJR西日本が使用している模様で、
実設訓練センターやバラストのストックポイントが確認
出来ました。
22.JPG

23.JPG

バラスト輸送用のホキ車(JR西日本所属)も休んでいる
のが見られました。
24.JPG




【おまけ】
構内には電機用のパンタ点検台も残っていました。
25.JPG

点検台の下部にあった“ディスコンボー入れ”の表記に
なぜかひとり萌えまくっていました。(゚∀゚)アヒャ
26.JPG



nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月・9月某日 特別なトワイライトエクスプレス [特別なトワイライトEXP]

7月末から運行の始まった特別なトワイライトEXP山陰コース
ですが、岡見貨物を思い出させる原色凸凸の記録を残したい
という一心で、相変わらずせっせと通い続けています。

まずはPFと凸凸の機関車交換が見られる瀬戸駅の様子から
紹介します。

【瀬戸駅】
まずはPF(EF65)に牽かれた列車の入線の様子です。
1.JPG

ここもホームは老若男女のギャラリーであふれています。
2.JPG

PFはホームに到着するとすぐに連結が外されます。連結面にも
カンが取り付けられているのですね。
3.JPG

機関車が離れている短い時間だけですが、展望スイートの
お顔が良く見えます。
4.JPG


しばらくすると、岡山方面から凸凸(DD51)がやってきます。
機関車は一旦1番線に入線して、再度岡山方面へ引き上げた
のちに、
5.JPG

2番線の列車に連結されます。操車掛さんがデッキに乗った
凸凸に萌えまくりですw
6.JPG

凸凸が連結されたあとは発車までしばしの休息です。
7.JPG

8.JPG


その他の場所でもあちこちで撮影を行なってみました。


【庭瀬駅~中庄駅】
ここの定番撮影地は既に激パだったので、少し庭瀬駅寄りの
ところで撮影してみたのですが、中々いい場所でした。
9.JPG

【倉敷駅付近】
倉敷駅付近のお手軽撮影地ですが、ここも同業者でいっぱい
でした。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

【倉敷駅~清音駅】
以前も紹介させてもらった撮影地です。夕日の中を行く
トワイライトEXPがかっこいいです。
13.JPG

【総社駅~豪渓駅】
いつも激パのこの場所ですが、何とか撮影出来ました。
やっぱりここはいい場所ですね。( ´∀`)
14.JPG

【豪渓駅】
豪渓駅でしばらく停車するので、停車中の編成を撮影
する事が出来ます。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

【日羽~美袋】
9月だともうこの辺でも日が当たらないみたいです。
18.JPG


凸凸の瀬戸駅への送り込み単回も撮影してみました。

【美袋~日羽】
凸凸は単回でも迫力がありますね。カコ(・ω・)イイ!!
19.JPG


次の山陰コースの運行は10月下旬になる為、伯備線内の
走行写真の撮影は難しくなりそうなので、今度はこの単回を
追っかけてみようと企んでいます。ψ( ̄▽ ̄)ψ



【おまけ】
瀬戸駅で撮ったPF君とDD君ですが、よ~く見てみると
バーコードが貼られています。
20.JPG

21.JPG

レジを通したらいくらと表示されるのでしょうか!? (゚∀゚)アヒャ



nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー