So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

8月某日 広島車両所 [貨物日記]

既に1ヶ月近く前になりますが、久々に広島車両所を覗いて来ました。

まずはヤードの方を見てみると、解体線にカサカサになった紫色のDE10 1588が
いました。廃車後長らくここで過ごして来ましたが、いよいよ解体になってしまう
みたいで残念です。
2.JPG

DE10の近くにはここのぬしの桃太郎カラーのスイッチャー君もいましたが、訪問
したのが朝早くだったこともあり、まだお休み中でした。 ...zzz
3.JPG

この日の構内は留置車両があまりおらずガラーンとしておりました。
4.JPG


次に車両所奥の廃車機関車置き場の方を見てみると、先日残念ながら運用を
離脱したEF67 103と104号機の姿が見えました。
1.JPG

こちらは104号機です。
6.JPG

区名札はまだ入っていました。また、回送時の車票もそのままでした。
7.JPG

さらに奥には103号機の姿もありました。EF67の全検は中止になってしまった
みたいですので、このまま部品取り車になってしまうのでしょうか。
8.JPG

特徴的な連結器まわりが特別な機関車である事を主張していてカッコいいです。
9.JPG


EF67 103号機を撮影後、帰ろうかと思ったのですが、103号機の奥になにやら
青い貨車の姿が見えます。
10.JPG

これはもしや!とさらに奥に進んでみると、なんと!広島車両所の秘蔵貨車の
チサ9000が外に出ていました。
11.JPG

チサ9000はピギーバック輸送用貨車として幡生工場で1両だけ試作されたそう
ですが、実用化はされずに廃車になったそうです。
12.JPG

この貨車の全景を是非撮影したいので今度の貨物祭で展示してもらえないで
しょうか?(一般受けは全く無いでしょうけどww)
13.JPG



【おまけ】
広島車両所の建物にペイントされたJR貨物のロゴが違和感ありまくりで素敵ですww
14.JPG




nice!(64) 

7月某日 宇都宮(タ)のシキと東光高岳 [専用線日記]

日本たばこ産業宇都宮倉庫専用線を堪能した後は、これまた久々の宇都宮(タ)へ。
ここはシキ車たちの常備駅なので、昼寝中の彼らを手軽に見学する事が出来ます。
1.JPG

おっ!! みんないますね。 お元気そうでなりよりです。 (´∀`)
2.JPG

手前からシキ1001
3.JPG

シキ1002
4.JPG

シキ1000
5.JPG

シキ1000には積車時機関車次位連結指定の表記がペイントされています。
6.JPG


シキ1000のとなりにはシキ801が
7.JPG

さらに奥には現存する最大のシキ車のシキ611がいました。
8.JPG

丸通マークが激ジブです。
9.JPG

足回りもムカデの様ですね^^
10.JPG


最奥部には先日西浜でお会いしたシキ180がいました。
11.JPG

このA梁のカーブが美しいです。
12.JPG

ここにはシキ車輸送時の介在車として使用されるヨ太郎の姿も見る事が出来ます。
13.JPG

ヨ太郎も何気に貴重になって来ました。
14.JPG



本当はもう帰ろうかと思っていたのですが、シキ車を見学してテンションが上がって
来たので、小山にある東光高岳専用線にも行って見ました。

現地に着くと専用線はいつもの様に草ボーボーの廃線状態でしたww
15.JPG

工場前のヤードへ向かって見ます。
16.JPG

写真に写っている建物はスイッチャー君たちのねぐらです。ここのスイッチャー君は
運行時しか外に出て来ません。
17.JPG

ここのぬしの姿が見えて来ました。
18.JPG

宇都宮(タ)に駅常備の車両が全員いたので当たり前ですが、この日はこちらには
シキ車の姿はありませんでした。
19.JPG

という事で、ここのぬしの変圧器タンク試験車の撮影タイムです。
20.JPG

試験車の表記類です。
21.JPG

ここは以前は高岳製作所だったのですが、東光電気と合併して東光高岳と社名が
変わったので、試験車の社名も東光高岳にきちんと変更になっていました。
22.JPG

この車両の使用中の写真はネットで探しても見つからないのですが、どの様に
使用されるのかすごく興味があります。
23.JPG


工場側へも行って見ました。以前は工場の建物の横に『高岳』の大きな看板が
あったのですが、合併後に無くなってしまったみたいです。
24.JPG

シャッターが半分開いていましたが、工場内の様子は見えませんでした。
25.JPG

工場側から見たヤードの様子です。
26.JPG

27.JPG

この線路の状況を見る限り、かなりの間運行が無いみたいですね。
28.JPG

29.JPG


この専用線のシチュエーションは最高なので、またいつか運行の日に訪問したいと
思いつつ帰途につきました。
30.JPG





nice!(58) 

7月某日 日本たばこ産業宇都宮倉庫専用線 [専用線日記]

那珂川清流鉄道保存会を訪問後、せっかくなので宇都宮(タ)の日本たばこ産業
宇都宮倉庫専用線を訪問しました。うまく行けば、昼の引き出しの時間に間に合う
かな~と行って見ると・・・。
1.JPG


おっ!! スイッチャー君がいますね。
2.JPG

こりゃラッキー!! と裏手に回ってみると、
3.JPG

積み込みホームの奥にスイッチャー君のお顔が見えました。お元気そうでなりより
です。 (*゚∀゚) ノ オヒサ
4.JPG

5.JPG


今回は畑側の方から撮影させてもらおうと向かって見ると、丁度スイッチャー君の
エンジンの火が入ったところでした。
6.JPG

エンジンの火の入ったスイッチャー君はコキ車に連結すると、
8.JPG

積み込みホームから一旦専用線の奥へ転線し、
9.JPG

あっという間に宇都宮(タ)へ向かって去って行きました。
10.jpg

とぼけたお顔が素敵です。
12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

15-1.jpg



今回はスイッチャー君がねぐらに帰ってくるシーンを撮影したいなと思っていたので、
裏手でしばし待っていると・・・。 おっ!! スイッチャー君が帰って来ました。
16.JPG

17.JPG

ここは直接クラに戻れない配線になっているので、スイッチャー君はヤード内を
ウロウロしつつ、クラへ帰って行きます。
18.JPG

19.JPG

無事家に着いたみたいです。 (´∀`)
20.JPG

スイッチャーがクラに戻り仕事が終わると、操車さんは歩いて駅に戻って行きました。
21.JPG


久々の訪問でしたが、専用線が動いている様子が見れて本当にラッキーでした。
かつては全国にあった日本たばこ産業の専用線ですが、いつの間にかここだけに
なってしまったみたいですので、末永く残ってもらいたいものです。





nice!(59) 

那珂川清流鉄道保存会 その③ [博物館・保存車両]

那珂川清流鉄道保存会の最終回はナローゲージその他の紹介をします。
2.JPG

まずは入口側の先頭にいた森林鉄道で使用されていたと思われるモーターカー。
こんなちっこい車両が動いているところを想像するだけで、ゾクゾクします。
1.JPG

その後ろには松岡産業の10t DL(元関電)が丸太を牽いた状態で展示されていました。
2.JPG



その奥にはSLやナローゲージのDL等が多数展示されていました。
3.JPG


こちらは詳細不明のSL。どこかの遊覧鉄道で使われていた車両でしょうか。
4.JPG

その横にはこちらも詳細は不明ですが、鉱山で使用されていたと思われる構内用
バッテリー機関車がいました。
5.JPG

さらにそのお隣には加藤製作所の5t DL(元金子組)がいました。
6.JPG

KATO.WORKSの表記がカッコ良すぎです。 (・∀・) カコイイ!!
7.JPG

加藤君の後ろには鉱山で使用されていたと思われる車両たちが展示されていました。
8.JPG

9.JPG


また、さらに奥にはもう一両のSLがいました。こちらは元むさしの村の園内鉄道で
使用されていた車両との事です。
10.JPG

立派な那珂川清流鉄道の銘板と協三工業の銘板が取り付けられていました。
11.JPG


さらに奥にはこれまた加藤製作所のDLたちが展示されていました。こちらは
元建設省の6t DL。
12.JPG

近くにはちっちゃな加藤3t DLが2両いました。
13.JPG

足回りをみると分かる通り、もともとは海軍に所属していた機関車の様です。
14.JPG

15.JPG

錨マークがシブいですね。
16.JPG


お次は元長野営林局の酒井製作所10t DLです。前面からみると普通のデザイン
ですが、キャブ側のお顔が湘南顔になっているのが個人的にお気に入りです。
18.JPG

17.JPG

酒井10t の後ろには協三10t DLがいました。この車両は電気化学工業の青海工場に
かつてあった構内軌道で使用されていた機関車だそうです。キャブの高さが異常に
低いのが特徴的です。
19.JPG

ちっちゃい連結器がかわいいです。
20.JPG

DLの後ろにはパンタのついたこんな車両も。こちらも構内軌道で使用されていた
車両でしょうか。
21.JPG


外に出てみるとまだまだ小型DLが並んでいました。
22.JPG

また、加藤君かなと思って見てみるとなんと!酒井工作所のDL(元能代営林署 4.8t)
ではありませんか!酒井工作所のDLを見るのは初めてだったので、大興奮でした。
加藤製のDLと同じ様に足回りにはSAKAI WORKSの文字が輝いています。
23.JPG

酒井君はもう一両いました。こちらは元王滝営林署の4.1t DLです。
25.JPG

2両の酒井君の間にはもう一両の加藤君(元関電4t DL)もいました。
24.JPG


ここにはその他にも鉄道総研からやって来た元金沢市内線の路面電車や
26.JPG

謎のバッテリーロコ
27.JPG

軌道自転車
31.JPG

森林モーターカー
32.JPG

黒部峡谷鉄道で使用されていた客車
33.JPG

釧路コールマイン坑外軌道で使用されていた機関車
30.JPG

元伊予鉄モニ30などもここで保存されていました。
28.JPG

琴電の仏生山工場のぬしのデカ1型に負けるとも劣らないインパクトのあるモニ30の
ゲテモノっぷりが素晴らしいです。 (゚∀゚) スバラシイ!!
29.JPG


挙句の果てにはモノレール(千葉都市モノレール1000形)まで保存されていました。
車体をただ保存するのではなく、懸垂状態で保存しているのには正直脱帽するしか
ありません。
34.JPG

車内は休憩所として開放されています。
35.JPG

読書コーナーもあります。
36.JPG



訪問前にネットである程度の情報は知っていましたが、実際に現地に行って見ると
とにかくすごい数の保存車両と保存されている車両などのジャンルの幅広さに圧倒
されっぱなしでした。これだけの車両を“民間”の保存会が保存しているのは本当に
すごい事だと思います。車両を保存・維持していくのは大変な事だとは思いますが、
これらの車両たちがこの地で末永く保存されることを心から願いたいと思います。
私も是非また訪問させて頂きたいと思います。





nice!(64) 

那珂川清流鉄道保存会 その② [博物館・保存車両]

前回の続きです。今回はJR(国鉄)の貨車たちを紹介します。貨車をはじめとする
大型車両たちは、敷地の中央の屋根付きの場所に保管・展示されています。
1.JPG


屋根の下にはお宝車両たちが並んでいます。ここで保存されている貨車たちの
多くは以前、宇都宮貨物ターミナルで保管されていた車両たちです。
2.JPG


まずは一番撮影し易い位置にいるヤ565(ヤ550)です。除草剤散布用の事業用
貨車でトキ25000から改造された車両です。個人的に一番お会いしたかった貨車
だったので、大興奮です。 ヾ(・∀・)ノ イエーイ!!
3.JPG

タンク体の妻面には作業用のライトが取り付けられています。宝積寺駅常備の
表記が残っています。東京鉄道管理局の表記もシブいですね~。
(ヤ565の後ろで車が 宙に浮いているのが気になりますw)
4.JPG

このゲテモノ感が堪りません。 (゚∀゚) スバラシイ
5.JPG


ヤ565のとなりにはトキ20073(トキ15000)が連結されていました。車番表記は
ほどんど消えていて判別できなくなっています。
6.JPG


こちらは車運車のク5902(ク5000)です。この車両は宇都宮タ~横浜本牧間の
自動車輸送で使用されていた車両で、現存する唯一の車運車だそうです。
7.JPG

8.JPG

2階部分には現役時代には絶対運んだことが無いであろう某高級車が積載されて
いましたw
9.JPG

車体は現役を終えた時のままのトリコロールカラーでした。
10.JPG


こちらはコキ9100(海上コンテナ輸送試作車)です。この様な貴重な車両が現存
している事自体、奇跡的な事だと思います。
11.JPG

コキ9100の表記です。
12.JPG

ここでは本来のコンテナではなく、線路置き場として活用されているみたいですw
13.JPG


コキ9100のとなりにはこれまた貴重な試作車のコサ901(海上コンテナ輸送試作車)
がいました。コンテナ緊締用のツイストロックが見えます。
14.JPG

試作車を示す900・9000番台の車番表記に萌えまくりですw
15.JPG

東高島駅常備及び東京南鉄道管理局の表記も残っていました。
16.JPG


コサ901にはワフ29855(ワフ29000)が連結されていました。これまた貴重な
有蓋緩急車で個人的にも好きな車両です。
17.JPG


こちらはホキ2610(ホキ2500)です。石灰石輸送用のホッパー車です。
18.JPG

高麗川駅常備及び東京西鉄道管理局の表記が残っています。(何気に東京3局
所属の全ての車両がそろっていたりするのがすごいです。)
19.JPG

武甲~高麗川駅間専用の表記もありました。
20.JPG


ここはJR(国鉄)貨車だけでなく、私有貨車も保存されています。この車両は
タ3077(東洋高圧工業・ホルマリン専用)です。
21.JPG

この車両は復元中の様子で、タンク体が綺麗に塗装されていた他、社紋・車番の
表記も入れられていました。
22.JPG


こちらはタキ42642(東北東ソー科学・カセイソーダ液専用)です。
23.JPG

24.JPG

25.JPG

この子は酒田港駅で現役時代の姿を撮影していたので、またここで再会する事が
できて感無量です。 ( ;∀;)
26.JPG


この他にも多数の保存車がいます。こちらはトキ21500(冷延コイル専用)です。
積み荷のコイルが濡れないようにスライド式の覆いが付いた貨車です。
27.JPG

28.JPG

この車両は新日鉄の君津製鉄所で生産された製品を輸送していたそうです。車体
には君津駅常備の表記が残っていました。
29.JPG


こちらは今でも現役で見られるバラスト散布用事業用車のホキ1382(ホキ800)です。
30.JPG

車両自体はそれほど珍しくありませんが、高崎操駅常備及び高崎鉄道管理局の
表記に萌えます。 ( ´∀`)
32.JPG


ホキ1322の横にはコキ28478(コキ55000)がいました。この車両もレール置き場と
して利用されているみたいです。
33.JPG


ワム75596(ワム70000) JR貨物の表記があります。
34.JPG

ヨ4779(ヨ3500) 横川~軽井沢間通過用に使用されていた車両との事です。
35.JPG

トラ57523(トラ55000) 多度津工の検査表記が残っています。
36.JPG


いや~素晴らしいです。ここは個人的に貨物鉄道博物館に並ぶ貨物ファンの聖地
だと思います。ここは狭い構内に多数の車両がひしめきあっている為、撮影には
ちょっと不向きですが、これら貴重な車両たちをこの様に保存してもらえているのは
すごい事だと思います。





【おまけ】
貨車たちが保存されている隣には元名鉄キハ8500系の先頭車が2両保存されて
います。会津鉄道での活躍が終了したのちにここへやって来たそうです。
37.JPG

38.JPG

キハ8500の前にはアント君もいました。
39.JPG




次回はナローゲージその他を紹介します。
40.JPG



nice!(59) 

那珂川清流鉄道保存会 その① [博物館・保存車両]

先日、ずっと前から訪問したいと思っていた那珂川清流鉄道保存会へ行って来ました。

那珂川清流鉄道保存会は全国から集まった貴重な車両を保存しており、保存車は
基本動態全てが動態保存となっているのが特徴です。収蔵車両もスイッチャーや
貨車・ナローゲージ・客車と多岐に渡っています。


現地に着き、事務所から出てこられた感じの良い管理人の女性に入場料1000円を
支払って中へ入って行くと、いきなりこの様な風景が出迎えてくれます。
ヽ(*´∀`)ノ イエーイ!!
1.JPG

園内は基本自由に見学できます。
2.JPG

北陸の14系寝台車もいますよ。
3.JPG



ここは収蔵車両の数が半端ないので、今回は私の大好物のスイッチャーを紹介します。

まずは先頭にいたDD102です。日立製の25t機の様です。公式HPには記載がありま
せんでしたが、ネットで調べてみるとどうも氏家の住友セメント専用線にいた子みたい
です。
4.JPG

車体にはワックスが塗りたくられていました。保存車両たちが大事に扱われているのが
よく分かりますね。
5.JPG

ロッド式の足回りが素敵です。
6.JPG


お次は元ジェイアール貨物 信州ロジスティクスのDB251です。日車製25t機です。
7.JPG

塗装はオリジナルのままで、“ジェイアール貨物 信州ロジスティクス”の文字を剥した
跡が残っていました。
8.JPG


DB251の後ろにはこれまた日車製15t機のD15-1がいました。
9.JPG

10.JPG

この子は昭和産業松本工場で使用されていた車両との事で、車体にはうっすらと
昭和産業の文字が残っていました。
11.JPG




D15-1の後ろにもまだまだ多くのスイッチャー達が連なっています。 (ノ゚д゚)ノ スゲー!!
12.JPG


協三工業製10t半キャブです。南福島で働いていた子だそうです。
13.JPG

10t半キャブの後ろにはなんと!協三工業製の5t半キャブまでいました。5t半キャブの
実物を見るのは初めてなので、大興奮です。
14.JPG

こんな小さなスイッチャーが大きな貨車を牽く姿を想像するだけでたまりません^^
15.JPG

こちらもロッド式です。車輪もめっちゃ小さいですね。
16.JPG

連結器に至っては簡易連結器が装備されていました。
17.JPG


こちらは日立製25t機のTD-2です。岡本にあった高崎製紙専用線で働いていました。
18.JPG

3軸ロッドが特徴的です。
19.JPG

旧字体の日立の銘板がシブいです。プレート類も綺麗に磨かれていますね。
20.JPG


お次は秩父セメントカラーの10t半キャブです。D804のナンバーが付いています。
この子も公式HPには記載が無かったのですが、坂祝の太平洋セメント専用線に
いた子みたいです。
21.JPG

シャシーはオリジナル色では無く、真っ赤に塗られています。
22.JPG


D804の後ろには私好みの日立製15t機がいました。足回りは2軸のロッド式です。
23.JPG

こちらは後姿です。 んっ!? なんかキャブの窓になんか貼ってありますね。
24.JPG

拡大してみると、岡山県にある最上稲荷のステッカーが貼ってあります。調べて
みるとこの子はかつて総社のカルピス総社工場専用線で働いていたそうです。
25.JPG


スイッチャー君たちはまだまたいますよ。こちらは14系寝台車に連結されていた
松山重車両工業の軌道モーターカー(元近鉄)です。
26.JPG

車体にあった銘板です。
27.JPG


お外にはまたまた協三工業製の10t半キャブがいました。この赤い10t半キャブは
実際に乗って体験運転をすることも出来るそうです。写真を見て頂くとわかる通り、
敷地内には各種ゲージの線路が敷設されています。
28.JPG

今度来たときは是非乗ってみたいです。
29.JPG


10t半キャブの近くにはなんと!! KATO君までいました。1067mmゲージのKATO製
スイッチャーの保存機を見るのは初めてだったので、これまた大興奮でした。
30.JPG

この子もHPに記載が無いのですが、どこで働いていたの子なのか気になります。
31.JPG


さらには大型B-B機の汽車会社製35t機のTD-1(元高崎製紙専用線)や
32.JPG

保線用車両
33.JPG

除雪モーターカーなども保存されていました。
34.JPG


この他にもまだ整備中の機関車が何両もいるそうです。 (ノ゚д゚)ノ ホントスゲー!!



次回はJR(国鉄)の貨車たちを紹介します。
35.JPG




nice!(56) 

水臨ファンの方に速報です。 [水島臨海鉄道]

燃費偽装問題の為に三菱自動車水島製作所の軽自動車生産ストップした
影響で、DD50が牽く倉敷(タ)~東水島間の線内貨物も長期運休になってしま
っていましたが、7月上旬に生産が再開されてからは、周辺道路でナンバー無し
の軽自動車の新車が走りまわる姿も見られる様になり、また一時はコンテナ
殆ど無くなってしまった、倉敷(タ)の軽自動車用の出荷ホーム周辺にも輸送用の
12fコンテナが再び戻りつつあったので、線内貨物が再開されたかを確認する為
に本日所要のついでに倉敷(タ)を覗いてみたところ、構内にはDD50君の姿が
見当たりませんでした。

これは線内輸送が復活したのでは! と急いで水島駅に向かってみたところ・・・。


キタ━(゚∀゚)━!!
1.JPG

2.JPG

単機回送ですが、久々にDD50君の元気な姿を見る事が出来ました。
3.JPG

駅に到着したDD50君は信号が青に変わるとあっという間に去って行ってしまい
ましたが、動いているDD50君の姿を見る事が出来て感無量でした。 (。ノД`)・゚・。 ヨカッタ~
4.JPG


もう一度倉敷(タ)へ行って見ると、
5.JPG

DD50君はDE701の横のいつもの場所にいました。
6.JPG




まだ軽自動車の積み込み作業自体をまだこの目で見ていないので、断言はできない
のですが、軽自動車の出荷が無事に再開されたみたいで本当に良かったです。 ( ´∀`)
7.JPG





nice!(52) 

7月某日 クモヤ・キヤ [その他]

相も変わらずテンションの上がらない日々を過ごしている今日この頃ですが、先日
クモヤ443とキヤ141が福塩線の検査で同じ週の木曜・土曜日に走るとの情報を
キャッチしたので山陽本線の回送を撮影に、いそいそと出掛けて来ました。


既にお気づきかと思われますが、私はゲテモノ系の車両が大好きなので、当然
事業用車の皆さんも大好物なのですが、彼らは滅多に走らない方々な為、今まで
運用中の姿は撮影した事が殆ど無かったので、めっちゃ楽しみです。 ( ´∀`)


まずは木曜日に走るクモヤ443を撮影にいつもの中庄駅近くのお手軽ポイントへ。
クモヤが来る時間までしばらくあったので、来る列車を片っ端から撮影しましたw

115系(D-04編成 ふるさとおこし1号)
1.JPG

115系(L-08編成 カープ列車)
2.JPG 

カープ列車を撮影後、上り列車が来るようなので振り返ってみると・・・。
なんと!EF65PFの牽くレール工臨がやって来ました。 (/^^)/ ラッキー!
3.JPG

返空列車だったみたいです。
4.JPG

そんなこんなしていると、DE10 1191の牽く3092レ(水臨)がやって来た上に、
5.JPG

またまた115系のふるさとおこし号(D-17編成 ふるさとおこし2号)がやって
来ました。この日は短い時間の間にネタ列車が集中的にやって来てくれて
ラッキーでした。 (゚∀゚ )
6.JPG



そしてお次はいよいよ本命のクモヤ君の登場です。
7.JPG

初めて見る“動く”クモヤに感激です!全検明けなので、まだピカピカでした。
8.JPG

2両編成なので、あっという間に去って行きました。
9.JPG


クモヤを撮影してテンションが上がって来たので、倉敷駅まで追っかけする事にしま
した。渋滞にハマりながらもなんとか発車の時間に間に合ったので、カメラを構えて
いると・・・。なんと!倉敷市駅を出発した水臨が先にやって来るではありませんか!

あたふたしながら、水臨の通過をまって撮影しましたが悲惨な結果に終わりました。
(この写真は大幅にトリミングしてごまかしていますw) 10.jpg

後追い写真です。水臨と並走するクモヤも中々撮影できるものでは無いので、これは
これで良かったと無理矢理思い込むことにしました ( ;∀;)
11.JPG




日にちが変わって今度はキヤの走る土曜日の様子です。この日はキヤの来る前に
ロクロクゼロの牽く1055レから撮影しました。だいぶ数を減らしてしまったロクロク
ゼロですが、めっちゃカッコイイですね~。
12.JPG


1055レの後はこの日の主役のキヤ君の登場です。この日も結構なスピードでやって
来てあっという間に去って行きました。
13.jpg

14.JPG


せっかくなので、この日も追っかけをしました。前回は倉敷駅付近で、水臨にカブって
しまったので、今回は駅から離れたポイントで待ってみました。桃太郎の牽く2073レを
撮影しつつ待っていると、
15.JPG

キヤ君がやって来ました ♪ この日は無事撮影出来ました。
16.jpg

キヤ君を無事撮影した後に、水臨が予定通りやって来ました。この日は土曜日なので
通常はキハは走らないのですが、当日の祭りに合わせた特別運行だったらしく、キハ
まで撮影出来てラッキーでした^^
17.JPG





nice!(54) 

7月某日 鉄道総研ほか [専用線日記]

先日ふと思い立ち、武蔵野線~中央線沿線のディープスポットを巡って来ました。


まずはメジャーどころの西浦和駅で軽くキンタの牽く貨レ撮影したのち、
1.JPG



北府中の東芝府中工場へ向かいます。途中の新秋津駅~新小平間にはJR東日本
の訓練センターがあり、訓練に使用される車両や訓練線の線路・ホームなどを見る
事が出来ます。

クモヤ145-118 通常の事業用車の塗装ではなく、ロゴ入りの塗装になっています。
2.jpg

見づらいですが、クモヤと訓練線のホームです。
3.JPG

反対側のホームには209系改造の訓練車が止まっていました。
4.JPG
両方の車両ともパンタが上がっていたので、訓練中だったのかもしれませんね。



そして北府中に着くと・・・。

イタ――(゚∀゚)――!! 東芝府中工場のぬしたちが見えるところに留置されていました。
6.JPG

7.JPG

まずはクハ103-525とクモニ8300です。クハ103-525は以前VVVF試験車
だったクモハ103-58とコンビを組んでいたそうなのですが、相方の方は既に
解体されてしまい、その後総研にいたクモニ8300がここにやって来て新たな
相方になったそうです。いずれの車両も今となっては非常に貴重な車両たち
ですね。
8.JPG

写真では分かりづらいですが、クモニの方は総研時代に謎の貫通扉が取り付け
られています。
9.JPG


もう一両の超お宝の保存機EF65 535も写真の撮りづらい位置ではありますが、
工場外の見える位置に留置されていました。個人的には久々にEF65 535に
会えて嬉しかったのですが、以前高崎機関区で保管されていた時はカバーを
掛けられて大切に保管されていたのにくらべると、この先の同機の行く先が
ちょっと心配です。
10.JPG

また、この日は電機の出荷日でもなんでもない日だったので、スイッチャー君たちは
工場内で昼寝中でした。
5.JPG





北府中の後は久々に国立駅へ向かいました。お目当てはここです。 (゚∀゚)
11.JPG

鉄道総研ならではの怪しぃ車両目当ての私は正面玄関の方ではなく、まず車庫の
方へ向かいました。暑さにへろへろになりながらやっとたどり着き、外から見える
ところに車両がいないかな~とウキウキしながら覗いてみましたが、
12.JPG

残念ながら見えるところには台車しかありませんでした。 orz
13.JPG

鉄道総研という事もあり、怪しい構造物はいくつか見られたものの、
14.JPG

肝心の車両はこれくらいしか見る事が出来ませんでした。
15.JPG

途中にあった車庫の中には湘南色のキハ30とクヤR291(燃料電池試験車)
らしき車両の姿がかろうじて見えました。
16.JPG


その後は敷地外から見える集電試験装置を見学させてもらいました。いかにも
研究所の設備といった感じがしますね。この線をパンタグラフを載せた台車が
最高時速200kmで行き来するそうです。
17.JPG

18.JPG

20.JPG

集電試験装置の横のループ線には謎の車両が止まっているのが見えました。
19.JPG

また、近くには集電試験装置で使用するパンタグラフたちが置かれていました。
21.JPG




そんなこんなしていると、JR総研の正門が見えて来ました。
22.JPG

23.JPG

以前来たときはこの正門からリニアモーターカーの試験車両が保存されている
のが見えたのですが、それらしき車両の姿が見えないので来た道を戻ってみると、
敷地内の奥の方に移動していました。
24.JPG

25.JPG


また、鉄道総研正門の向かい側にある「ひかりプラザ」には総研ゆかりの車両である
新幹線試験車の951形が保存・公開されています。暑さでへろへろの私は涼しい
車内でちょっと休ませて頂こうと行ってみると、
26.JPG

なんと!エアコンが絶賛故障中でした。 orz
27.JPG


仕方がないので、灼熱地獄の車内を急いで撮影して終了としました。
28.JPG

29.JPG

30.JPG

31.JPG

32.JPG

33.JPG




【おまけ】
写真はJR総研のすぐ近くにあるマンションです。一見普通のマンションですが、
34.JPG

なぜか“危険・高電圧電線”の看板があります。 (・・?..)? ハテ
35.JPG

実はかつてこのマンションの横を国立駅からの引き込み線が走っており、線路
自体は撤去されているものの、鉄道門がまだ残っています。
36.JPG

反対側は総研側の引き込み線入口になっており、
37.JPG

中は線路も残っています。
38.JPG



いや~ディープですね~  ( ´∀`)




nice!(68) 

6月某日 東福山駅 [貨物日記]

先日、福山へ行く用事があったのでちょこっと東福山(貨)駅を覗いて来ました。

まずは駅構内ヤード端に行って見ると・・・ おっ!チキ車がいますね。
1.JPG

この日の朝にJFEスチール専用鉄道から引き出された編成の様で、チキ車
(チキ5200)にはレールが載っています。
2.JPG

特殊貨物検査票には津山線経由と記載されていますね。車票は無かったので、
行き先までは分かりませんでした。
3.JPG

これらチキ車はここ東福山駅の常備車です。
4.JPG

チキ5200の種車はコキ10000ですが、台車は元コキフ50000のTR223台車を
履いています。古めかしい足踏み式の留置ブレーキがなんとも素敵です。 ( ・∀・)
5.JPG

写真の様にチキ車にレールが積まれています。
6.JPG


チキ5200の編成の奥には空車のチキ5500の編成が寝ていましたので、こちらも
有難く撮影させてもらいました。
7.JPG

8.JPG

こちらは種車のコキ5500のTR63F台車を履いています。
9.JPG



ひとしきりチキ車を撮影した後は貨物駅本屋の方へ行ってみました。
10.JPG

ここは駅横の駐車場から構内を撮影する事が出来ます。
11.JPG

13.JPG

また、日中はカマたちが休んでいる姿も見られます。この日は桃太郎が2機昼寝して
いました。
12.JPG

構内は福山だけに福山通運のコンテナが目立ちます。
14.JPG

しばしDE10がこちらで入換えを行っているのを見ていたところ、DE10が写真の
編成を切り離した後、単機で構内奥へ向かって行くので、これはもしやチキ車の
入換えを行うのでは?と慌てて向かってみると・・・
15.JPG



イタ――(゚∀゚)――!! やはりチキ車の入換えを行うみたいです!
16.JPG

そしてしばらくすると入換えが始まりました。ここでDE10によるチキ車の入換えを撮影
するのは初めてだったので、大興奮でした。 (ノ^ω^)ノ ワーイ
17.JPG

18.JPG

19.JPG

こうして見るとチキ車に載ったレールが大きくたわんでいるのが分かります。
20.JPG

一旦、構内の端へ引き上げられたチキ車はDE10に押されて、駅構内へ向かって
行きました。ちなみに写真の一番手前の線路がJFEスチール専用鉄道です。
21.JPG

22.JPG



いや~来て良かったです。今度は久々にJFEスチール専用鉄道を撮影に来ようと
思います。




せっかく福山まできたので、ここから程近い福山新幹線保線区にも行って見ました。
23.JPG

現地に到着すると大好物のゲテモノたちが目の前に寝ていたので有難く撮影させて
もらいました。
24.JPG

25.JPG

しかも構内の奥ではちょうど訓練を行っていたみたいで、高速確認車が動いている
ところまで撮影出来て超ラッキーでした^^
26.JPG

その他にも奥の方にマルタイが留置されていたので、撮影させてもらっていると・・・
27.JPG

なんと!その後ろをニーナ様が通過していきました。 (ノ゚ρ゚)ノ ビックリ!!
28.JPG


最後は構内の逆サイドにある、検収庫と
29.JPG

30.JPG

砂利積み込みホッパーを撮影して終了としました。
31.JPG


いや~お腹一杯です。でもまたこよっと (゚∀゚)





【おまけ】
東福山(貨)駅の入口に廃コンを利用したレンタルコンテナが置いてありました。
33.JPG

扉に貼ってあった紙をみると、なんと!Nゲージコンテナ界で有名な朗堂さんが
借りているコンテナでした。本物のコンテナの中にはNゲージのコンテナたちが
びっしりと詰まっているのでしょうかww  (朗堂さんは福山市内にお店があります)
34.JPG





nice!(61) 

6月某日 三菱電機専用線 特大貨物 [甲種・特大]

今回は完全にいつも以上の自己満足ネタです。 <(_ _)>


相変わらず、テンションの低い日々を送っている今日この頃ですが、気晴らしに
ネットをウロウロしていたところ、久々に西浜からシキ車の出荷があるという情報
を見つけました。しかも個人的に大好きなシキ180ではないですか!!


これは是非行かなくては!! と約6年ぶりに西浜(貨)駅へ出かけて来ました。
専用線自体は赤穂線の天和駅の目の前にあるので、天和駅に行って見ると・・・。


イタ――(゚∀゚)――!! 変圧器を載せたシキ車の登場です!! シキ180は空車の
状態は宇都宮(タ)で何度も撮影しているのですが、積車状態の撮影は初めて
だったので、誰もいない駅でひとり興奮してしてしまいました。 ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
2.JPG

草だらけで全体が写らないのがちょっと残念ですね~。
3.JPG

草が無ければこんな感じで撮影出来るのにな~と、
4.JPG

思いつつ、思いっきり手を伸ばして撮影してみましたが、これが限界でしたw
5.JPG

シキ180はA梁と呼ばれる低床弓形梁を持つ大物車なので、積み荷は梁の上に
直接置かれた形で輸送されます。A梁を持つシキ車もいつの間にかシキ550が
廃車になってしまい、このシキ180が最後の車両になってしまったみたいなので、
A梁シキ車の運用中の状態を見る事が出来るのは本当に貴重です。
6.JPG

がんじがらめに取り付けられたワイヤーがなんとも素敵です。
7.JPG

シキ180の文字が見えますね。シキ文字の前に小さなロの文字と梁の側面に
黄帯がペイントされていますが、これは最高速度65km/h以下の貨車を示す
特殊標記符号になります。シキ550亡きあと現役で黄帯の車両はこのシキ180
くらいではないでしょうか?
8.JPG

重ね板ばね式の台車も古風でいいですね~ ( ´∀`)
9.JPG


専用線の全景です。天和駅のホームの目の前に専用線があります。
10.JPG

スイッチャー君の眠るクラはシャッターが下りていました。この日は用事があって
来れなかったのですが、午前中に来ていればシキ車の引き出しでスイッチャー君が
動いているところを撮れたかもしれません。
11.JPG


そんなこんなしていると赤穂線の115系が来たので、
12.JPG

無理矢理シキ車との2ショットを撮って見ましたw
13.JPG


せっかく来たので、スイッチャーの眠るクラの方にも行って見ました。
14.JPG

写真では見づらいですが、ここのぬしの黄色いバッテリー式スイッチャーがクラの
中にいました。
15.JPG

スイッチャー君の後ろには保管中のシキ670の姿も健在でした。
16.JPG


専用線は写真の様に赤穂線から分岐しています。
17.JPG

こちらは専用線の終端部です。
18.JPG


本来であればこれで十分満足なのですが・・・。今度いつシキ車の輸送を見る事が
出来るのかわからないので・・・



思わず翌日夜の出荷を見にまたまた来てしまいましたww 
ちなみに西浜(貨)駅の出発時間は23時台と完全に夜中です。こんな時間に撮影
しようとは自分でもおかしいとは思ったのですが、どうしても輸送の様子を見てみた
くて来てしまいました。しかも鉄のくせに三脚を持っていないので、手持ち撮影の
限界に挑戦ですw
19.JPG

20.JPG


その後、大雨が降り出し雷も鳴るという撮影にはさらに最悪のコンディションになる中、
DE10が西浜(貨)駅方面からやって来ました。(走行写真はまともに撮れないので、
一部動画キャプチャーの画像も入っています。)
21.jpg

そして、DE10がシキ180を連結すると、
22.JPG

静かに西浜(貨)駅に向かって出発していきました。
24.jpg


最後に西浜(貨)駅に停車する列車を駅を跨ぐ陸橋の上から、無理矢理撮影して
終了としました。
25.JPG



自分でもアホだとは思いますが、後悔はしていませんw (゚∀゚) アヒャヒャ




nice!(65) 

6月某日 みまさかノスタルジーなど [その他]

ごぶさたしております。 <(_ _)>

最近個人的に嫌な事が続き、約1ヶ月鉄から遠ざかっていた為、ブログの更新も
サボってしまっていました。このままでは完全に引き篭もりになってしまうので、
久々に気分転換に鉄分補給に出掛けて来ました。


今回は前から気になっていた
1.JPG

この方を捕獲に行って来ました。
2.JPG

・・・とは言っても岡山へ行く用事のついでなので、岡山周辺のお手軽撮影地で
撮影する事にしました。


まずは用事の前にいつもの岡山機関区への偵察です。現地に着くと、おっ!
青ゴトーさんがいるではありませんか!
3.JPG

これから2080レで吹田へ向かうために御出勤の模様です。ここでゴトーさんと
出会うのは初めてだったので、朝からラッキーでした。
4.JPG

この日は機関区構内はいつもの運用落ちしたDE10の軍団の他はまばらでした。
5.JPG


その後用事を済ませた後は、これまたいつもの岡山貨物ターミナル(旧西岡山駅)へ。
ちょうど水臨へ向かう3093レが停車中でした。
6.JPG

編成の中には前から撮影したかったJFEのUM27A-48000番台がいました。
7.JPG

本格的な運用に入る様になって、いい感じに汚れて来ましたね~ (´∀`) 今度は是非
積車の状態を撮影してみたいものです。
8.JPG


その他にも常連の樹脂ホッパーコンテナ
9.JPG

10.JPG

11.JPG

化成品コンテナが満載でした。
12.JPG

13.JPG

14.JPG

貨物補給が終わったあとはいよいよメインの撮影に法界院駅へ向かいました。


まずは岡山行きのノスタルジー1号を狙いに駅の津山寄りのポイントで待ちかまえて
いると、先に金川行きの2926Dが来たので撮影。残り少なくなった津山色のキハ40
が連結されていました。
15.JPG

そして2926レが去ってしばらくすると、いよいよ国鉄風カラーのみまさかノスタルジー
1号がやって来ました。お手軽撮影地なので、背景はいまいちですが走行写真
撮影出来て良かったです。
16.jpg


せっかくなので、返しの4号を今度は駅の岡山寄りのポイントでも撮影しました。
17.jpg

こっちも背景はいまいちですね。 (´・ェ・`) ザンネン
18.jpg



津山線のキハもいいですね~。みまさかノスタルジーとしての運行は来週で終わり
なので、もう一度撮影に行けるかは分かりませんが、また津山線のキハたちには
会いに来たいと思います。
19.JPG




nice!(73) 

隅田川駅 [貨物駅紹介]

今週はネタが無いので、久々に貨物駅の紹介をさせてもらいます。隅田川駅は
常磐線貨物支線にある貨物駅で東北本線や上越線等を走る貨物列車がおもに
発着する駅で、以前紹介した東京貨物ターミナル駅と並ぶ、東京の二大貨物駅
のひとつです。ここは常磐線の南千住駅の目の前に駅が広がっている為、訪問
するのが比較的容易な貨物駅です。

まずは南千住駅前のバス乗り場(ドナウ広場)の前にある旧セメント専用線の
跡地です。かつてここには巨大なセメントサイロがあり、セメントタキ・ホキ車や
スイッチャー君がたむろしていましたがサイロは既に取り壊され、訪問した時は
跡地にホームセンターを建設中でした。
1.JPG

構内踏切跡に辛うじて線路の跡が残っていました。
2.JPG

こちらはかつての様子です。都心でありながら巨大なセメントサイロと
3.JPG

スイッチャー君が見られる貴重な場所でした。
4.JPG


元セメントサイロの跡地の横を進んでいくと途中に日通の営業所があり、日通の
トラックが昼寝している様子や日通所有の2tコンテナ積載用のUM9Aコンテナが
大量に積み上げられている様子が見られました。
5.JPG



さらにその奥に進むとコンテナセンターがあり、ちょっと懐かしいコンテナたちが並んで
いました。

19Aコンテナ
6.JPG

ZD18Dコンテナ(死重用途の事業用コンテナ)
7.JPG

懐かしのキャビンカラーの日通NC2コンテナの姿もありました。
8.JPG



コンテナセンターの先には機留線とコンテナホームが並んでいます。
9.JPG

機留線にはDE10 1664が昼寝していました。
10.JPG

コンテナホームには粉物(小麦粉など)のコンテナが多数留置されていた他、少数
ですが、化成品のコンテナの姿も見る事が出来ました。
11.JPG

12.JPG

また、訪問した日はなぜがスーパーレールカーゴ用のZ54A(試験用コンテナ)が
ここに鎮座していました。
13.JPG

さらに元19D非常用のコンテナなども見学しやすい場所に置いてありますので、
ここはコンテナファンの方にはおすすめのスポットですww
14.JPG


また、ナンバーの無い構内専用のトラックやトップリフター・フォークリフトの姿も
間近に見る事が出来ますよ。
15.JPG

16.JPG


コンテナホームの横の構内最奥部には隅田川ニッソーセンターやIPC隅田川
などの巨大な倉庫が並んでいます。
17.JPG

屋根付きのホームもあります。
18.JPG



さらに進み構内をほぼ一周すると隅田川駅の入り口に到着します。ここは構内を跨ぐ
跨線橋の上から入換えの様子や昼寝中の機関車たちの様子を見る事が出来ます。
また、写真には写っていませんが、写真の左側には隅田川貨車区があり、検査で
入場しているコキ車がたむろしているのを見る事が出来ます。
19.JPG


訪問した日は上の写真を撮っていると左側の奥から何やら黄色い物体がやって
来たのでズームをしてみると・・・

なんと!アント君がコキ車を牽いているではありませんか! (゚∀゚)
20.JPG

これはラッキー!と慌てて貨車区の横へ向かい、アント君の入換えの様子を激写し
まくりました。
21.JPG

ここのアント君は無線操縦なので、写真を良く見て頂くと運転台に人がいないのが
分かります。(上の写真に写っている操車さんがリモコンで操縦しています。)
22.JPG

その後も目の前をアント君が何度も往復してくれたので、興奮しっぱなしでした。
24.JPG

25.JPG

コキ車には珍しい検査を示す車票や
23.JPG

車輪削正車を示す車票が挿されていました。
26.JPG

コンテナ車票にはフラット(車輪が異常に削られて生じる傷)の文字が書かれて
いました。
27.JPG

また、古いコキ50000の入場車もいたので珍しいな~と思って見ていると・・・
28.JPG

なんと!コキ50004という超若番車でした。コキ50000は近年急速に廃車が進んで
いるので、お年で言えば44才という超ベテランが2016年に生き残っていた事が驚き
でした。 ヽ(゚Д゚○)ノ ビックリ!
29.JPG



そんなこんなしていると、アント君がねぐらに帰って行ったので、コンテナホームの
HD300と機留線のカマたちの姿を撮って終了としました。
30.JPG

31.JPG

32.JPG

この日はまたまたラッキーな事に広島更新色の最後の生き残りのEF65 2127が
昼寝していました。
33.JPG



ここは都心からほど近く手軽に訪問する事が出来るので、おすすめです。 (´∀`)
34.JPG




nice!(75) 

5月某日 水島臨海キハ [水島臨海鉄道]

最近、水臨キハの撮影が御無沙汰になっているので、久々に“走っている”キハを
撮影に出掛けて来ました。

先日見かけた混色編成だったらいいな~っと、昼過ぎの倉敷(タ)を偵察してみると・・・
1.JPG

おっ!
2.JPG

おお~っ!! 混色編成がスタンバッているではありませんか!! 来て良かったです。
3.JPG

4.JPG

混色編成の奥にはキハ30+キハ38の国鉄色が寝ていました。あとで、水臨の
HPを確認してみたところ、キハ30は5/12で今季の秋冬運行が終了したそうで、
これから夏眠に入るそうです。 ・・・という事は私にとっては次の機会までの間に
混色編成の写真が撮影できる最初で最後のチャンスだったみたいで、本当に
ラッキーでした。 (´∀`)
5.JPG


その後構内を見渡してみると、三菱自工水島製作所の軽自動車生産停止の影響か
軽自動車積み込みホームには・・・
6.JPG

本来、置かれているべき軽自動車積み込み用の19Dコンテナの代わりに産廃用
コンテナ(UM12A)が置かれていました。やはりDD50が牽く区間列車は長期運休
状態になってしまっている模様です。写真の積み込みホームと道を挟んだ向かい
側には水島製作所で生産した新車を置いておくモータープールがあるのですが、
いつもは完成車で一杯の広大な敷地は見た目3割程度しか埋まっておらず、非常に
寂しい状況でした。
7.JPG


・・・この子たちの行く末が正直心配です。
8.JPG

9.JPG



その後は夕方のキハの時間まで、間があるのでEF200狙いで倉敷駅近くの
撮影地へ向かいました。この日はEF200所定の2077レだけでなく、その前に
来る3056レもEF200の代走だったので、個人的にはこれまたラッキーでした。
10.JPG

11.jpg

そして2077レのあとの3095レはこれまた久々の水臨線内で撮影しました。
12.JPG


そんなこんなしていると夕方のキハの時間が近づいて来ましたので、まずは定番の
球場前駅~西富井駅間の土手の上で待ちかまえます。先に来るMRT300形を
撮影しつつ待っていると・・・
13.JPG


キタ━(゚∀゚)━!! 予定通りにキハ37 103とキハ37 102の混色編成が土手の上を
やって来ました。
14.jpg

15.jpg

返しの列車は土手から降りてこれまた定番の踏切横で撮影しました。
16.JPG

17.jpg


この日は天気が良かったので、調子に乗って2往復目の便も浦田駅と西富井駅で
撮影しました。
18.JPG

19.jpg

20.JPG

21.jpg


“走っているキハ”を撮影したのは久々でしたが、やっぱ水臨はいいですね~
22.JPG



また、こよっと (゚∀゚)




【おまけ】
倉敷(タ)の奥にはJFEスチール 西日本製鉄所(倉敷地区)の工場があり、
三菱自工水島製作所側に面するゲートはその名も“ダイヤモンドゲート”と
名付けられています。このゲートの中には自動車用鋼板の製造行程が
あるそうで、製品はこのゲートを通って三菱自工水島製作所に納入されて
いるとの事です。
23.JPG

公道から見えるところに鋼板ロールを積んだ構内専用のUDビックサムがいた
ので、ちょこっと撮影させてもらいました。JFE構内専用のナンバーがなんとも
かっこいいです。
24.JPG




nice!(74) 

5月某日 山陽貨物 [貨物日記]

相変わらず仕事に追われ、ストレスが溜まりまくりの今日この頃ですが、気分転換に
またまた貨レを撮影に出掛けて来ました。


まずはお気に入りのEF200(ノラ)牽引の2077レを撮影に中庄駅~倉敷駅間へ。

先にやって来たやくもを撮影しつつまっていると、
1.JPG

EF200-4が牽く2077レがやって来ました。この日も中々の汚れっぷりですねw
(ノラとは野良犬の様に汚れている事から付けられたあだ名です。)
2.JPG


せっかくなので、2077レの後もしばし撮影を続けました。

3056レ 写真では分かりずらいですが、この列車はカマの次位に2両のコキ200が
連結されているのが特徴的です。
3.JPG

3095レ この日は大宮更新色の1614号機でした。本線を爆走するDE10はやっぱ
かっこいいっすね~ (´∀`)
4.JPG

お次はまたまたやくもです。先日、自動解結装置付きに改造された500番台です。
スカート部分も赤く塗られているのが特徴的です。
5.JPG

ひっきりなしに115系の普電がやってきますが、末期色ばかりになってしまって、
ちょっとつまらなくなってしまいました。
6.JPG

そんなこんなしていると、117系サンライナーがやって来ました。しかも ラッキー
な事にmt×SUN LINERのラッピング車でした。
7.JPG



サンライナーを撮影した後はそのまま帰宅しようと思ったのですが、某カマ運用情報の
サイトを確認すると、2752レがEF210のクマイチ君の様だったので、帰らずに倉敷駅
付近に行って見る事にしました。

先にくる5071レと
8.JPG

5056レを撮影しつつ待っていると、
9.JPG

キタ━(゚∀゚)━!! 2752レを牽いてやって来たクマイチ君の登場です!ド逆光ですが、
元気な姿を記録出来て良かったです。
10.JPG



今回も短い時間でしたが、貨物補給が出来てちょっとだけ気分転換が出来ました。




【おまけ①】
ダイヤ改正後も117系で運転されている快速サンライナーですが、ダイヤ改正後は
幕がサンライナーからただの快速の幕に変更になってしまいました。幕のデザイン
が変わっただけでも、ちょっと味気なくなってしまった様に感じます。
11.JPG

こちらが以前の幕です。塗装も専用のサンライナー色でした。
11-1.JPG


【おまけ②】
上記中庄駅~倉敷駅間の撮影は踏切のところで撮影させてもらっているのですが、
踏切の列車進行方向指示器と踏切支障報知装置に取り付けられている“エ”マーク
付の南京錠に国鉄のにおいを感じてひとり萌えておりましたw
12.JPG

13.JPG






nice!(60) 

5月某日 岡山機関区ほか [貨物日記]

ここ1ヶ月、仕事が忙しくて殆ど撮影に出かけることが出来ていなかったので、
久々に貨物補給に行って来ました。まずは庭瀬駅~中庄駅間でちょこっと撮影
しました。

2077レ 今改正で運用が激減してしまった貴重なEF200(ノラ)牽引の列車です。
1.JPG

3095レ いつもの水臨です。残念ながら見事なフレームライナーでした。 (´;ω;`)
2.JPG

3083レ おっ!広島更新色の1049号機ですね。ラッキー (゚∀゚)
3.jpg



3083レを撮影した後は久々に岡山機関区へ寄ってみました。
4.JPG

特にネタ釜等はいませんでしたが、DE10たちの後ろにはここでは珍しいサメ君
(EF66 100)が寝ていました。
5.JPG

その他にはばっちぃ桃太郎と
6.JPG

運用離脱後もずっとこの辺に留置されているDE11 1034と
7.JPG

JR西日本所属のPF1131の姿が見られました。
8.JPG


また、構内の奥地には多くの隠居中のDE10たちがいるのが見えました。
9.JPG

サツマイモ色もいました。
10.JPG



短い時間でしたが、貨物補給が出来ました^^




nice!(67) 

4月某日 尾久・田端 [尾久・田端巡回]

先日、カシオペアの定期運用が廃止になったダイヤ改正後の尾久・田端界隈を覗いて
来ました。

尾久駅に着くと・・・おっ!大好物のホキ君(ホキ800)がいましたよ。ホキ君の姿も段々
貴重になりつつあるので、早速記録させてもらいました。
1.JPG

2.JPG

宇都宮貨物ターミナル駅常備・東オク(尾久車両センター)の表記に萌えまくりですw
3.JPG

JR東日本所属の貨車ですが、JR貨物の川崎車両所で全検を受けています。
4.JPG

ホッパー操作用のハンドル・レバーが武骨でかっこいいですね~。
5.JPG

ホキ車には国鉄浜松工場の製造銘板と
6.JPG

JR東日本の銘板が取り付けられていました。
7.JPG


そんなこんなしていると上野方面から185系がやって来ました。ラッキーな事に
エクスプレスカラーのOM09編成でした。185系はダイヤ改正後高崎線の定期
特急から撤退してしまったので、駅撮りの回送列車ですが個人的には貴重な
記録を残すことが出来ました。 (´∀`)
8.JPG

9.JPG


その後は駅構内を見渡してみましたが、ブルトレ用客車は前回訪問時よりさらに
少なくなってしまっていました。かろうじて、元出雲用のオシ24 701とオロネ25 7
の姿は残っていましたが、いつの間にか事業用客車のマヤ34 2004の姿も無く
なっていました。 (´;ω;`) カナシイ
10.JPG


いつものパターンであればそのまま田端運転所へ向かうのですが、今回は久々に
尾久駅構内の北端の踏切の方からまわってみました。
11.JPG

構内の奥には数少なくなったブルトレ24系とホキ車、カシオペア用E26系の姿が
ありました。
12.JPG

E26系にはレアキャラのカヤ27が連結されていました。何気にカヤ27が編成に
組み込まれているのを見るのは初めてだったので、これまたラッキーでした。
13.JPG


さらに進むと構内入換え用のDE10 1752の姿がありました。入換えを行ないそうな
車両がまわりに見当たらない状況でもカマのエンジンが掛かっていたのが、逆に
物悲しさを感じました。
14.JPG


さらに進むと尾久車両センター入口がありました。門扉がカシオペアカラーに塗ら
れていますね。
15.JPG


尾久車両センターの周囲の風景は写真の様に下町感が一杯なので、個人的に
お気に入りです。お散歩にもお勧めですよ。
16.JPG

車両センターの中にはぬこ様が不法侵入していました。(わたしもそこに入りたいだすw)
29.JPG



尾久駅を堪能した後はいつもの田端運転所へ。クラの中にはいつもの様にDE10と
EF65PFの姿がありましたが・・・
17.JPG

留置線の方はほとんどカマの姿がありませんでした。 orz
18.JPG

この日居たのはひさし付のEF81 133と
19.JPG

20.JPG

DE10 1571だけでした。(来た時はもう一両PFがいたのにすぐにいなくなってしまいました。)
21.JPG

こんな感じなので、
22.JPG

連絡線も気持ち錆び付いてしまっているように見えました。
23.JPG


ダイヤ改正後は予想以上に寂しくなっていました。 (´;ω;`)



【おまけ】
田端運転所を見た後に田端駅に向かうと、駅に隣接している保線基地にレール
チキ車がいました。しかも個人的に超久々のチ+チキ+チ編成です!
24.JPG

個人的にチ1000が大好きなので、テンション上がりまくり状態で撮影していると、
なんと!ゾロ目のチ1111ではありませんか!このゾロ目を以前から撮りたかった
ので、ほんとラッキーでした。
25.JPG

27.JPG

上の写真を見てもらうと分かる様にチ1000はレールを乗せる車両では無く、チキ
6000にレールを積んだ際にはみ出たレールが干渉しないようにする“遊車”として
連結されています。チ1000の車票には〇遊と記入されています。
26.JPG

積車のチキ6000には小名木川駅(越中島貨物・東京レールセンター)→田端操の
車票が挿さっていました。
28.JPG



JR東日本の駅を見に行ったのですが、何気に貨車ネタ満載の一日でしたw (゚∀゚) アヒャ






nice!(66) 

今日の倉敷(タ) [水島臨海鉄道]

本日、水島へ行く用事があったので久々に倉敷(タ)を覗いて来ました。

現地に着くと・・・おっ!
1.JPG

国鉄色のキハ30 100+キハ38 104の編成とキハ37 103が並んで留置されて
いますね。
2.JPG

こうして見ると国鉄色の2編成が並んでいるみたいですね~。 (´∀`)
何気にこの並びを撮影するのは初めてだったりするので、ラッキーでした。
3.JPG

キハ37 103とペアを組んでいるのは当然ですが、水臨色のキハ37 102です。
キハ37 101はクラの中で点検中でした。今度は国鉄色+水臨色の走行写真
撮ってみたいものです。
4.JPG


そんなこんなしていると、ラッキーな事に、東水島から戻って来たDE70 1が
キハたちが休んでいる横の線路に入線して来ました。国鉄色キハとの並び
まで撮れるとは今日はついています。 (ノ。・ω・)ノ イエーイ!
5.JPG

DE70 1はすぐに三菱自工前方面へ引上げられたのち、
6.JPG

いつもの定位置へもどって行きました。
7.JPG

昨年の7月に全検から戻って来たDE70 1もいい感じに汚れてきました。 (・∀・)
8.JPG


その後は三菱自工前側にあるコンテナホームを覗いてみると、先日に実運用が
始まった模様のJFEスチールのUM27A-48000が置かれていた他、
9.JPG

センコー所有のここではあまり見かけたことの無いISOコン規格の真っ白なホッパー
コンテナが留置されていました。(旭化成向けでしょうか?)
10.JPG

11.JPG


以前はこのコンテナホーム付近にはもっと多くのホッパーコンテナや産廃コンテナが
留置されていたのに急にいなくなってしまったな~と思っていると・・・。

いつの間にかに軽自動車積み込み用のホーム側に移動していました。 (゚∀゚) アヒャ
12.JPG



今度は久々にキハたちの走行写真を撮りに訪れようと思っています。





【おまけ】
水臨の三菱自工駅周辺は駅名のとおり、周辺に三菱自工水島製作所の工場が
広がっています。ここは今燃費不正で問題となっている、軽自動車の主力工場で
熊本地震の影響による部品供給のストップと合わせて、現在操業がストップして
いるみたいです。せっかく、リコール問題から復活しつつあったのに、この様な事が
また起きてしまい、本当に残念です。
13.JPG

今後、数か月単位での操業停止の可能性もある事から、水臨のコンテナによる
軽自動車輸送などにも今後影響が出て来そうです。
14.JPG





nice!(59) 

新しいレンズを買いましたw [その他]

私が普段メインで使用している望遠ズームレンズはEF70-300mm F4-5.6L で
かなりのお気に入りなのですが、この度新望遠ズームレンズを購入しました。


そのレンズは・・・ EF70-200mm F2.8L IS II USMです!以前から欲しかった
憧れのレンズでした。
1.JPG

早速開封の儀です。 (*´∀`) イエーイ!
2.JPG



・・・という事で、とっくの昔にお気づきかとは思いますが、EF70-200mm F2.8L 型の
キャノン特製の“USBメモリー”を買いました。以前販売された時は瞬殺で買えなかった
のですが、今回抽選販売で本体+標準ズームとこの望遠レンズの2種類が抽選販売で
再販されたので、両方を申し込んでみたところ、望遠レンズの方が当たったので早速
購入してみました。
3.JPG

キャップは取り外し可能です。
4.JPG

中々リアルですね。ズームリングは動きませんが、ピントリングの方は動きます。
5.JPG

三脚座もちゃんと付いていますよ。
6.JPG

お尻のキャップを外すとUSBメモリーの端子が出て来ます。
7.JPG

実物のレンズと比べても中々の存在感ですw
8.JPG




いい大人がまたアホな物を買ってしまったと思いつつ、眺めてはひとりニヤニヤ
している今日この頃です。ψ( ̄▽ ̄)ψ コンドハホンタイガホシイッス






nice!(59) 

4月某日 伯備貨物 [貨物日記]

最近お疲れ気味だったので、どこにも出掛けずゴロゴロしていようと思っていたの
ですが、某貨物のカマ運用のサイトをボ~っと見ていると、3084レ・3083レともに
広島更新色が運用に入っている模様だったので、もしかしたら木野山駅周辺の
桜に絡めて撮影出来るかもしれないと思い、慌てて出掛けて来ました。


現地についたので、桜はどうかな~とあたりを見渡してみると・・・  ガビーン!!
木野山駅横の桜は半分以上が既に散ってしまっている状況でした。 ( ;∀;)


それでは!と一縷の望みで木野山駅の先にある第2高梁川橋梁の方に行って
見ました。ここは土手にある桜の木もしくは対岸にある桜を入れたアングル
撮影出来るみたいだったのですが、両方とも見事に散ってしまっていました。
仕方がないので、河川敷からのアングルで普通に撮影をして、
1.JPG

お次は木野山駅を発車する3084レを狙います。先に下りやくもを撮影しつつ、
2.JPG

3084レを撮影しました。今度こそは!と無理やり桜の木を絡めてみましたが、
何だかよくわからない結果に終わりました。
3.JPG


3084レの撮影のあとは3083レを定番のポイントで撮影しようと行ってみましたが、
写真の様に既に大半が散ってしまっている状況でした。
4.JPG

仕方がないので、車両アップで散った桜の木をごまかして見ましたww
おっ!ふるさとおこし号ですね。 (゚∀゚) ラッキー!
5.JPG

無理やりの後追いです。ふるさとおこし号は岡山側のみ“くまなく”君のお顔が
ペイントされています。
6.JPG

その後に来たやくもです。風が吹くたびに桜の花びらが散りまくっていたので、
気のせいか花びらのピンク色がみるみる減っているような気がしますw
7.JPG


お次は今日のメインイベントの3083レですが、某カマ運用情報によると3083レが
来るまではまだ時間がありそうだったので、車の中で休んでいたのですが・・・。
なんと!予定時刻の20分以上前に突然3083レがやって来てしまい、カメラ
構える事すら出来なかった私の目の前を広島更新色の1046号機が通りすぎて
行ってしまいました。  。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。 ウワワン



仕方がなかったので、木野山駅のホームに行って、残り少なくなった桜の花びらの
アップを撮影して無理矢理花見気分に浸ったのちにとっとと帰宅しましたw
8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG



来年リベンジ出来るかしら?




nice!(65) 
前の20件 | -