So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

5月某日 水島臨海鉄道 キハ30 [水島臨海鉄道]

今週、今シーズンは結局キハ30が動いているところを撮影出来なかったな~っと
思いながら、何気なく水臨のHPをみてみたところ・・・

なんと!! 5/21(月)~5/25(金)の5日間キハ30が運行すると告知されている
ではありませんか!!

これは是非撮影に行かなければといそいそと出掛けて来ました。 ( ´∀`)

この日は夕方の2往復狙いで出掛けたのですが、自分としては貨物は外せ
ないので、両方が手軽に撮影出来る弥生駅から撮影をスタートしました。
HPで告知されているだけあって、沿線では普段見掛けない同業者の姿も
見られました。

駅についてしばらく待っていると、DE10 1750の牽く3095レがやって来ました。
この日も安定のスカコキ祭りでした。 (゚∀゚)アヒャ
1.jpg

そして3095レが去ってしばらくすると本日の主役のキハがやって来ました。
2.JPG

キタ―(゚∀゚)―!! 久々のキハ30です。久々に動くキハ30を撮影出来て感無量です。
3.jpg

御元気そうでなりよりです^^
4.JPG


弥生駅で無事キハ30の捕獲が成功した後は、三菱自工前駅付近の元西埠頭線
との分岐点近くで返しの列車を撮影しました。
5.jpg

この日は天気が良くて良かったです^^
6.jpg


その後は倉敷(タ)に行ってしばし休憩中のキハの姿を撮影しました。
7.JPG

キハ30形の特徴の外吊り式の扉が激シブです。これでサボと区名札が入って
いれば最高ですね~
8.JPG

9.JPG

倉敷(タ)の奥にはいつもの様にDE701と
10.JPG

DD506がお昼寝中でした。
11.JPG



そんなこんなしているうちに2往復目の出発の時間になったので、倉敷(タ)
からの出庫シーンを撮影しました。
11-2.JPG

キハたちの車体はまだまだきれいですね。
12.jpg

キハ出庫シーンの撮影後はちょこっと東水島駅でDE10とコンテナを撮影したのち
13.JPG


最後の返しは三菱自工前駅で撮影しました。
14.jpg

また秋にお会いしましょう (*´ω`)ノ マタネー
15.jpg

16.JPG

17.JPG





【おまけ】
弥生駅で見かけた列車への乗車の仕方の掲示です。
18.JPG
キハの色が突っ込みどころ満載なのがほほえましいです。




nice!(38) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 越中島貨物 JR東日本東京レールセンター [貨物日記]

久々にカエルとイヌに会いたくなったので、越中島貨物駅に行って来ました。(゚∀゚)アヒャ

いつもの如く、最寄り駅の潮見駅から歩いてレールセンタへ向かう事にします。
1.JPG

まずはレールセンターの対岸から構内の様子を見てみます。レールを積載
した多数のチキ車たちが見えます。
2.JPG

ここのぬしのカエル君もチキ車たちに埋もれていました。
3.JPG



レールセンターに着きました。おっ!! イヌ君の姿も見えますね。
4.JPG

この日はイヌ君たちが撮影し易い位置に背面重連で寝ていてくれたので、
有難く撮影させてもらいました。
5.jpg

とぼけたお顔が素敵です^^
6.JPG

お尻側のボンネットには“しっぽ”がペイントされていますね。
7.JPG

強烈なお顔のロンチキのエプロン車の姿も見えました。
8.JPG


そんなこんなしているうちに構内の奥から、9295レの到着の時間に合わせて
カエル君が御出勤して来ました。
9.jpg

お元気そうで何よりです^^
10.jpg


カエル君の入換えを撮影していると、新小岩方面からDE10に牽かれた9295レが
やって来ました。
11.JPG

ここはJR東日本の原色DE10がやって来るのがポイント高いです。
12.jpg

DE10が一旦引き上げられると
13.JPG

カエル君に押されたチキ車がこちらにやって来ました。
14.JPG

15.JPG


目の前にお気に入りのカエル君がやって来ました。 ( ´∀`) オヒサ
16.JPG

17.jpg

カエル君に押されたチキ車は着発線の奥へ押し込まれ
18.JPG

チキ車を切り離したカエル君は控車代用のチキ車を引き連れていったん戻り
19.JPG

その後、DE10が牽いてきたチキ車へ向かい
20.jpg

返空列車を牽いてレールセンターへ向かいます。
21.JPG

いや~いいっすね~
22.jpg

23.JPG

その後、レールセンター内で入換えが行なわれます。
24.JPG


そのころ、引上げ線で待機していたDE10も動き出し
25.JPG

レールセンターから出てきたチキ車を連結したのち、9294レとして新小岩駅に
向かって出発して行きました。
26.jpg

短い時間でしたが、楽しませてもらいました。



まだここでロンチキの入換えを撮影した事が無いので、今度は午前便狙いで
来ようと思います。 (・ω・) ノシ






nice!(53) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 ANA A321neo [その他(飛行機)]

※今回、鉄分はまったくございません。<(_ _)>


わたくし世間がお休みの時が逆に忙しい商売の為、ゴールデンウイーク前後は
当然のごとく激忙で、殆ど鉄活動が出来ていない今日この頃です。 (´・ω・`) ショボーン

やっとゴールデンウイークが明けたのに今週も出張でした。 。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。 モウヤダー

出張が終わった後は疲れ果ててしまったので、羽田で飛行機を待つ間はカード
ラウンジでコーヒーを頂きつつ、ボケ~ッ(*゚ρ゚)としながら時間をつぶしました。
(私は月1回しか飛行機に乗らないので、カードラウンジにしか入れません。)
1.JPG

その後搭乗時間が近づいて来たので、搭乗口に向かいます。この日は53番
搭乗口だったのですが、何気なく外を見ると見慣れないB747の姿が見えます。
2.JPG

なんと!! 韓国と中国の政府専用機がV1・V2スポットに並んで駐機していました。
そういえばこの日は日中韓首脳会談が行なわれていましたね。珍しい機体を
見る事が出来てラッキー!!でした。
3.JPG

これは別の日の写真ですが、ここはV1・V2スポットが目の前に見えるので、運が
良ければ政府専用機なども見る事が出来るお気に入りのスポットです。
4.JPG

5.JPG

だだここはVIPが乗降機するタイミングでは、保安上の理由からロールカーテンが
全て閉められてしまいます。この日も上記の写真を撮影したあと程なくして閉め
られてしまいました。



時間になったので、飛行機に乗り込みます。この日の機体は時刻表によると
A321だったのですが乗り込んでみると、なんと!! 最新鋭のA321neoでした。
6.JPG

シートバックには全席モニターが設置されています。まだ2機しかいない珍しい
機体です。
7.JPG

モニターで早速遊んでみます^^
8.JPG

メニュー画面を撮り忘れたのですが、メニューの中に『機外カメラ』というのが
あったので表示させてみたところ、いきなりプッシュバック中のトーイングカーの
お顔のドアップが見えました^^
9.JPG

プッシュバックが終わったところです。従来から、機種によっては通路上に設置
されたモニターで離着陸時の様子を見る事が出来ましたが、目の前のモニター
で見る事が出来るのはめっちゃ楽しいですね^^
10.JPG

タキシングの途中では先程の政府専用機の姿をまた見る事が出来ました。
11.JPG

貴賓待合室の近くには要人を乗せて来たと思われる車両が終結していました。
(スマホの画像なので、粗くてすみません。)
12.JPG

モニター画面に戻ります。私を乗せた飛行機はD滑走路へ向かって行きます。
13.JPG

滑走路に到着しました。
14.JPG


離陸後もずっと機外カメラの画像を表示する事が出来ます。この日は正面に
雲の上から顔を出す富士山の姿を見る事も出来ました。 (゚▽゚*) スンバラシイ!!
15.JPG

目的地の空港が見えて来ました。
16.JPG

スポットイン時のマーシャラーの姿までしっかりと見れました。
17.JPG


これめっちゃ楽しいです^^




nice!(61) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ピーポーようかん [水島臨海鉄道]

今週も水島近辺へ行く用事があったのですが、ちょっとだけ時間があったので、
久々に水島駅で3095レ一本勝負の撮影をして来ました。この日の3095レの
担当はDE10 1750でした。
1.jpg

個人的にブロックナンバーのカマが好みです。 (*゚∀゚)カコイイ!!
2.jpg



3095レをサクッと撮影した後は、せっかくなので水島駅の隣の常盤駅の近くに
ある清正堂さんにも寄って来ました。
3.JPG

購入してきたのは以前に一度紹介したピーポーようかんです^^
4.JPG

かわいい掛け紙に包まれています。キハ20を中心に倉敷市駅近くの美観地区と
水島駅近くの水島コンビナートが描かれたデザインが秀逸ですね。
5.JPG

捨てるのがもったいなくて、思わず近くに転がっていた額に入れてみてみました。
結構いい感じです。 (・∀・)イイ!!  このまま部屋に飾る事にしましたww
6.JPG



今回は4個入り(練り2個・抹茶2個)を購入しました。箱の上部になにやら
紙が挟まれていますね。
7.JPG

清正堂さんからのお手紙が入っていました。食べた後の空き箱は連結して
遊んでね( ^ ^ ) と書かれていますね。
8.JPG



お手紙を読んだ後はいよいよキハ20形ようかんとの御対面です。ニコニコの
お目目がかわいらしいです。
9.JPG

今回はいつものニコニコお目目に加えて新しいお目目のキハも入っていました。
清正堂さんのHPを見ると2月から加わった新しい仲間だそうです。
10.JPG

4つ並べてみました。
11.JPG

裏側はお目目無しです。
12.JPG

箱の中には和紙に包まれた一口サイズのようかんが入っています。
13.JPG



お手紙に書かれていた通り連結して遊んでみました。 ( ´∀`)
14.JPG

そういえば以前に購入した時の空き箱を保管していたな~と、6両編成にして
みました。中々の長大編成になりました。 (゚∀゚)アヒャ
15.JPG

16.JPG

ここまでやると悪ふざけですねww
17.JPG



ちなみに本物のキハの方は引退から約1年が経ちましたが、いまも倉敷(タ)
奥の定位置で、
18.JPG

静かに佇んでいます。
19.JPG



キハ205もピーポーようかんも末永く残ってもらいたいものです。





nice!(68) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月某日 水島臨海鉄道 [水島臨海鉄道]

前回の京葉臨海、前々回の川崎臨海と続けて臨海鉄道を訪問している今日
この頃ですが、そういえばここのところ水島臨海へ行っていないな~と思い、
久々に行って来ました。


今回はお昼過ぎの3092レから撮影しようかと思って向かって行ったのですが、
現地に着く前に某サイトを確認すると、1055レが桃クマ(EF210-901)さん
だったので、倉敷駅~西阿知駅間でサクッと撮影させてもらいました。久々の
桃クマさんでしたが、大分塗装が傷んでいてお顔がハゲだらけでした。 ( ゜Д゜) アリャリャ
1.jpg



久々に桃クマさんにお会いした後は、本来の目的の水臨の撮影に向かいます。
まずは定番の球場前駅~西富井駅間の土手の上で撮影しようと待っていると、
おっ!! 遠くからDE10のヘッドライトが見えて来ました。
2.JPG

この日の3092レの担当はDE10 1614でした。スカコキが目立つのがちょっと
残念ですが、やっぱりDE10の牽く貨物はええですね^^
3.jpg



無事3092レを撮影した後は、倉敷(タ)へ。いつもの面々がお昼寝中でした。
4.JPG

おっ!! 国鉄色のキハ37の後ろにはキハ30が連結されていますね。
5.JPG

ブルーのキハ編成は奥の方に留置されているので、この日の御担当は国鉄色
編成でしょうか。これは久々にキハ30の元気な姿が撮影出来そうです^^
6.JPG

いつ見てもいい並びですね~
7.JPG

真ん中にいるMRT301には“訓練中”の札がぶら下がっていました。
8.JPG


久々に来たので、奥の方にも行ってみます。DD506君が定位置で寝ていました。
いつ見てもとぼけたお顔が素敵です。
9.JPG

無理矢理DD501とDE701も入れてみましたww
10.JPG

もっと近くでこの並びを撮影出来たらな~といつも思っています。 ( ´∀`)
11.JPG



倉敷(タ)を覗いた後は、3095レを撮影に再び球場前駅~西富井駅間に戻り、
今度はこれまた超定番撮影地の水江踏切で撮影しました。
12.JPG

時間になり、3095レがやって来ました。
13.JPG

引いてもう一枚。 ( ・ω・) イエーイ!!
13-2.jpg



無事3095レを捕獲した後は、キハを待ちます。先にMRT300の2連を撮影した
あとは、
14.jpg

先程の土手に戻りキハを待ちます。やがて時間となりキハが遠くの方に見えて
来ましたが、あれっ!? なんか青い気がします。
14-2.JPG

なんと!! 来たのは青キハでした。 ( ゚ω゚ ) オヨヨ
15.JPG

この日の出番は国鉄色では無かったのですね。残念ながらキハ30を撮影する事
は出来ませんでしたが、久々にキハを撮影出来て良かったです。
16.jpg

最後は再び踏切で撮影して終わりとしました。
17.JPG





また、こよっと。 (゚∀゚)
18.jpg





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月某日 京葉臨海鉄道 [貨物日記]

前回の神奈川臨海鉄道に続いて、先日出張ついでに京葉臨海鉄道の撮影に
行って参りました。

・・・とは言っても出張ついでであまり時間も無かったので、お手軽に蘇我駅で
駅撮りをして来ました。駅に着くと、側線にはちょうど千葉貨物行きの1091レと
宇都宮(タ)行きの8685レが停車中でしたが、1091レはすぐに発車してしまい
ました。
1.JPG

8685レの方もすぐに出発の時間となり、EF65 2088に牽かれて出発して行き
ました。個人的に久々のPFが牽く石油列車の撮影だったので、ひとりで興奮
しまくってしまいました。 (゚∀゚)アヒャ
2.jpg

しかも8685レが去った後にはEF65 2089(あっ!! 連番だ)も昼寝していました。
一度にPFを2両も見れるとは、ラッキー!! でした。
3.JPG



その後、しばらくすると千葉貨物駅から8883レ(倉賀野行き)がやって来ました。
4.JPG

個人的に超久々の京葉臨海鉄道にまたまた興奮しまくりです^^
5.jpg

6.JPG

KD604が列車を牽いて来ました。
7.JPG

列車が到着するとすぐにKD君は切り離され、
8.JPG

素早く機回しを行い、
9.JPG

10.JPG

千葉貨物駅方で一旦待機します。
11.JPG



すると、程なくして千葉機関区から8883レを牽く桃太郎さんが出区して来ました。
12.JPG

173号機です。
13.JPG

14.JPG

この日の8883レは青い日本オイルターミナル(OT)のタキ43000・44000や
黒い日本石油輸送(JOT)のタキ43000が連結されたカラフルな編成でした。
以前は石油列車はこの様な編成が当たり前でしたが、最近はタキ1000で
統一された列車が多くなって来ているので、意外に珍しかったりします。
15.JPG



そんなこんなしていると、今度は東京(タ)から桃太郎に牽かれた4095レが
やって来ました。
16.JPG

172号機ですね。(あっ!! また連番だw)
17.JPG

京葉臨海鉄道の沿線にはポリエチレンの生産拠点が複数あるので、写真の
UH20Aなどのポリエチレン関連のコンテナが多数見られます。
18.JPG

この日はレアキャラのアルキルアルミニウム輸送用のUM8Cも見られました。
アルキルアルミニウムという物質は消火困難な危険物なので、専用の赤い
容器で輸送されます。山口県の新南陽にある東ソー南陽事業所からここまで
はるばるやって来ます。この危険感一杯のビジュアルが堪りません^^
19.JPG



4095レの千葉貨物駅への出発まで、少し時間があるので出発シーンは駅外で
撮影しました。ちょうどKD604が機回し中でした。
20.JPG

21.JPG

22.JPG

23.JPG



その後時間となり、千葉貨物駅に向かって出発して行きました。
24.JPG

その後、千葉機関区の方にも行ってみましたが、カマたちは殆どが出払って
いたので、この日の撮影は終わりにしました。
25.JPG




いや~やっぱ臨海鉄道はいいですね~ 今度は休みを取って、じっくりと
臨海鉄道内で撮影したいものです。 ( ´∀`)
26.JPG





nice!(63) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月某日 神奈川臨海鉄道 ちょこっと浮島線 [貨物日記]

先日ちょっと時間があったので、用事がてら川崎貨物駅を覗いて来ました。
この日は土曜日だったので、どうかな~と行ってみると・・・。


見事にガラ~ンとしていました。 (^-^;) ソリャソーダ
1.JPG

川崎車両所の方も見事にお休みの模様で、
2.JPG

全てシャッターが閉まっていました。
3.JPG



それでは今回は久々に浮島線の石油列車でも撮影しよう!と決めたのですが、
列車の時間まではまだ時間があったので、途中でぬこ様や
3-1.JPG

桜の花びらや
3-2.JPG

浮島線の線路をのんびりと撮影しながら、予定していた撮影地を目指して
歩いていると、
4.JPG



なにやら後ろの方で踏切の音が聞こえるような気がします。振り向いてみると・・・

にょーっ!! 313レがもう来ちゃいました。この日は当初ここに来る予定が無かった
ので、あらかじめダイヤ改正後の時刻を控えて来なかったのですが、あとで確認
してみたところ、見事にダイヤが変わっておりました。 (゚∀゚)アヒャ
5.JPG

あわてて撮影しましたが、ほとんどカマだけの写真になってしまいました。
(しかもド逆光)
6.jpg

列車は呆然とする私の前を無常にも去って行きました。 (´・ω・`) ショボーン
7.JPG


本当は返しの314レはJXTGエネルギー川崎製油所専用線の入口の近くか、
末広町駅あたりで撮影しようと思っていたのですが、予定より早い時間に
とっとと列車が行ってしまったので、急遽手前の多摩運河付近で撮影する
事にしたのですが、撮影アングルが決まらずあたふたしているうちに314レ
がやって来てしまいました。
8.JPG

後ろの首都高がちょっと目障りですが、それでも久々に浮島線のタンカー
列車が撮影出来て良かったです^^
9.jpg

10.jpg


浮島線で撮影の後、川崎貨物駅に戻るとちょうどDD55 18が構内入換え中
でした。
11.JPG

12.JPG

突放入換もやっていました。写真では分かりづらいですが、DD55 18が押す
石油タキ列車のうちの先頭の3両が
13.JPG

列車がブレーキをかけるのに合わせて、突放されて行きます。ここは日常的に
突放入換が行なわれているので、見ていて飽きません。
14.JPG


最後は駅の北外れにある保線基地(JR東日本神奈川工事区 塩浜基地)を
覗いて終わりにしました。
15.JPG

この日もKRC810N(右側)がいつもの定位置で寝ていました。
16.JPG

いや~何度見てもかっこいいっすね~
17.JPG

KRC810Nの奥にもう一台のKRC810Nがいました。よく見ると奥の方には
“810N-2”とペイントされていますね。
18.JPG

KRC810Nのお隣には正統派保線モーターカーのTMC-400Aの姿もありました。
19.JPG

最近は黄色を纏う保線モーターカーも少なくなってきました。
20.JPG

今回個人的に気になったのがコレ。油圧ジャッキ付きの台車でしょうか。
21.JPG


保線区をぐるりと回って正面の方にも行ってみます。
22.JPG

奥にはGS-80の姿もありました。
23.JPG

KRC810Nの前面からの並びも撮影出来ました。
25.JPG

メカメカしさ満点でかっこいいです。 ( ´∀`)
26.JPG

さっきの台車がここからも見えました。車輪の横にコードリールの様なものが
見えますね。
27.JPG

いつ見ても素敵なお顔のこの方もいました^^
28.JPG

なんだか保線区の方がメインみたいになってしまいましたw


今度は平日にこよっと。 (゚∀゚)
29.JPG






【おまけ】
神奈川臨海鉄道塩浜機関区の前にある年季の入った看板です。
30.JPG

確かに工業地帯のど真ん中の為か、沿線のゴミが目立つのが残念です。





nice!(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月某日 伊予鉄など [その他(鉄道)]

前回の続きです。

松山駅で無事引退前のTSEの撮影を終えた後は、せっかくなので伊予鉄の撮影に
向かいました。

とは言っても、それ程時間があるわけではないので、松山駅周辺でお手軽に撮影
させてもらいました。まずは駅前ロータリーで伊予鉄バスから撮影スタートです。
いつの間にかバスの塗装が変わっていたみたいで、ロータリーには゛みかん色”の
バスが並んでいました。
1.JPG

2.JPG

結構派手な色ですね。個人的には先代の路線バスカラーの方が好みです。
2-2.JPG

個人的に伊予鉄バスといえばこのカラーなのですが (゚∀゚)アヒャヒャ
当然のごとく影も形もなく、それどころか先代のカラーの車両すらまったく見かけ
ませんでした。
3.JPG

観光バスタイプ車には旧観光色がまだいました。懐かしの日野ブルーリボンを
見つけて、ひとり萌えまくっていました^^
4.JPG

だいぶ塗装がくたびれていますね~
5.JPG

一方で路面電車の方はまだ旧色の姿が健在でした。
6.JPG

ただしこちらも塗色変更が進められている他、写真の様な新型車が多数導入されつつ
あるみたいなので、早めに撮影する必要がありそうです。
7.JPG



松山駅前で撮影のあとは、徒歩で数分の場所にある大手町駅へ向かいました。
8.JPG

ここは鉄道(高浜線)と軌道(大手町線)が平面交差している、全国的にも有名な
場所です。
9.JPG

架線の交差部分も独特ですね。
10.JPG

私がここ以外に平面交差を見た事があるのは、名古屋臨海鉄道東築線と名鉄築港線の
平面交差と
11.JPG

既に廃線状態だった田浦の臨港線ぐらいです。
12.JPG


この場所は今となっては日常的に平面交差を列車が走るのを撮影できる全国的にも
貴重な場所です。しかもここは鉄道が平面交差を渡るときに、路面電車がそれを待つ
光景が見られるのがこれまた貴重です。
13.JPG

3000系(元京王3000系)の通過を路面電車のモハ50形がじ~っと待っていますw
14.JPG


せっかくなので、旧色の路面電車と郊外線電車との交差シーンを撮影したいな~
としばらくの間粘ってみたものの、中々タイミングが合わなかったので、とりあえず
来た車両を片っ端から撮影しました。

610系(自社発注車)
15.JPG

610系と700系(元京王5000系)
16.JPG

京王5000系好きなのでテンションが上がります^^ ただ、バス同様みかん色は
なかなか“どぎつい”ですね。
17.JPG



その後は旧型路面電車が続けて来ましたが、みかん色の車両ばかりでした。

50形(57)
18.JPG

50形(72)
19.JPG


こりゃ旧色は既に激レアになってしまったのかいな~、と思っているとその後は
立て続けに旧色の車両がやって来てくれました。やはり、こっちのカラーの方が
伊予鉄らしいと思います。

50形(73)
20.JPG

2000形(2003)
21.JPG

22.JPG

23.JPG

50形(59)
24.JPG



せっかく旧色の路面電車が続けてやって来てくれたのですが、高浜線の列車との
タイミングがなかなか合わず、せっかくみかん色にまだなっていない3000系が
来たのに、
25.JPG

ちょうど停車していたのは新型車両(モハ2100形)でした。 (^_^;) ザンネン
26.JPG




旧色の車両がいなくなる前に、また是非撮影に来たいものです。
27.JPG






【おまけ】
伊予鉄の撮影後はそのまま帰ろうかと思っていたのですが、某サイトを見て
みると、伊予三島運用がEF65 2139だったので、ちょこっと寄り道しました。
28.JPG

まだ塗装は綺麗ですね^^
29.JPG

その後、伊予三島駅へ向かうシーンと
30.jpg

返しの3074レを専用線の前でサクッと撮影して帰りました。
31.jpg


今度はこっちにこよっと。 (゚∀゚)
32.JPG



nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月某日 TSE撮影 [その他(鉄道)]

2月末頃、ネットを徘徊しているとJR四国のTSE(2000系気動車試作編成)が
引退するとの記事を見つけてしまいました。 (´;ω;`)ブワッ

世界初の振り子式気動車として有名なこの車両の現役の姿を見る事が出来る
のもあと僅かという事で、撮影に行って来ました。

本当であれば沿線で走行写真が撮りたかったのですが、時間の関係もあって
松山駅で入線・出発シーンを撮影する事にしました。当日、松山駅に着くとまだ
TSEの入線までにまだ時間があったので、まずは駅外から隣接している松山
運転所の様子を見てみました。
1.JPG

キハ54が寝ていますね。この車両は松山以南で運用しているので、ここまで
来ないと中々見る事が出来ない車両です。
2.JPG

キハ54のお隣には個人的にお気に入りのキハ32の姿もありました。
3.JPG

丸目のトップナンバー車もいました^^
4.JPG

車両所の南端まで行ってみると、キハ185系の普通列車仕様車の3100番台が
昼寝していました。
6.JPG

地味な車両ですが、個人的にはこのキハ185系もお気に入りの車両です。 ( ´∀`)
7.JPG

松山駅にはJR貨物の貨物駅が隣接しているので、昼寝中のEF65PFの姿も
見る事が出来ます。
5.JPG



そんなこんなしているうちにTSEの入線の時間が近づいて来たので、松山駅へ
向かいました。旧字体の松山駅の文字がシブいですね。
8.JPG

ホームに入ると目の前に7000系電車の単行がいました。
9.JPG

ステンレス車体ですが、“単行”電車というのは趣があっていいですね。
10.JPG

1番のりばの横には貨物ホームが健在です。
11.JPG

なにやら闖入者がいますね^^
12.JPG

いや~いい雰囲気です。ワムハチの1両でもいれば最高のシチュエーションです。
13.JPG


ホーム南端からは先程の松山運転所の様子を見る事が出来ます。
14.JPG

松山運転所は駅ホームの西側にも広がっているので、留置車両をホームから
手軽に撮影することが出来ます。この日はアント君による入換えの様子も撮影
する事が出来ました。 (゚∀゚) ラッキー!!
15.JPG

2000系量産車も目の前で昼寝していました。こちらは今しばらくは安泰だと
思いますが、今後特急用気動車の投入計画があるので、今のうちに出来る
だけ記録しておきたいものです。
16.JPG

18Mとなる8600系「しおかぜ」18号が一番のりばに入線して来ました。松山駅
では1番のりばに「しおかぜ」と「宇和海」が並ぶ姿を見ることが出来ます。
17.jpg



いよいよTSE入線(1062D 宇和海12号)の時間です。遠くの方に特徴的なお顔が
見えて来ました。
18.JPG

昼寝中のEF65PFの横に入線して来ます。
19.JPG

こちらは上り方先頭車の2101です。かつてはプラグドア式の貫通扉が設置されて
いました。(現在貫通扉は塞がれています。) いかにも試作車、といったお顔が
素敵です。
20.jpg

21.jpg

下り方先頭車の2001は非貫通型運転台となっています。かつては大きな連結器
カバーが取りつけられていました。お隣は到着した5M 8000系の「しおかぜ」5号
です。
22.JPG

8000系が松山運転所へ回送されていったのち、TSE編成をじっくり撮影します。
といっても、折返し1063D 宇和海13号として出発するまで約15分しかないので、
のんびりは撮影出来ません^^ 非貫通型の運転台の方も試作車と量産車とでは
だいぶお顔が異なります。 量産車では車番が表記されている部分にはTSEの
文字が誇らしげに掲げられています。
23.JPG

こちらは量産車のお顔です。列車愛称表示機が取りつけられたほか、黄色の
警戒色がペイントされています。(瀬戸大橋線 妹尾駅で撮影)
24.JPG

中間車の2201号車です。TSE編成は量産車に比べドアの窓が大きいのが
特徴です。
25.JPG

また、号車・種別表示のサボが健在です。
26.JPG

27.JPG

何度見てもこちらのお顔は独特です。 ( ´∀`) ステキ
28.JPG

あっという間に出発の時間となり、宇和島に向かって出発して行きました。
29.jpg


今後TSE編成はなんらかの形で保存されるみたいですが、定期運用の姿を
撮影出来て良かったです。




【おまけ】
せっかく松山に来たので、お昼は駅構内で名物のじゃこ天入りのそばを食べて、
夜ごはん用には、これまた名物の醤油めしを購入しました。
30.JPG

掛け紙には伊予弁が番付形式で書かれています。
31.JPG

見た目は地味ですが、なんとも味わいのある炊き込みご飯がたまりません。 (゚Д゚)ウマー
32.JPG





nice!(65) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月某日 広島機関区・広島車両所 [貨物駅・車両所・機関区]

先日、久々に広島への用事があり広島駅前に宿泊したので、翌朝ちょこっと
駅近くの車両基地めぐりをして来ました。

まずは広島駅前から線路沿いを天神川駅に向かいました。途中、芸備線の
キハを撮影しつつ歩いて行くと・・・
1.JPG

広島運転所の庁舎が見えて来ました。
2.JPG

ここには広島運転所(乗務員区所)と下関総合車両所広島支所(検修部門)が
あり、JR西日本の電車・気動車が昼寝している姿を見る事が出来ます。また、
お隣にはJR貨物の広島貨物ターミナルもあり、写真の奥の方にはコンテナの
姿も見えます。
3.JPG


振り返って天神川駅の方へ向かおうとすると・・・。おっ、奥にいるのはもしかして!?
4.JPG

なんと!! マニ50が鎮座していました。( ´∀`) 救援車代用でしょうか?
5.JPG

いや~ 懐かしいですね~ 検査表記を見る限り、残念ながらもう現役ではない
みたいですね。かつては全国各地の車両基地で救援車代用のマニ車が見られ
ましたが、最近では見掛ける事が少なくなって来ていたので、久々にマニの姿を
見る事が出来て良かったです^^
6.JPG

車体の“荷物”の文字もそのままで、荷物車時代の原型のままでした。個人的に
荷レが大好きだったので、ひとり興奮しまくってしまいました。 (゚∀゚)アヒャ
7.JPG

懐かしの“日本国有鉄道”と“富士重工”の銘板も健在でした。
8.JPG



マニの撮影後、さらに進んで行くと遠くに昼寝中のEF67の姿が見えて来ました。
9.JPG

その先の広島機関区(乗務員区所)の建物を横目に見つつ、さらに進み
10.JPG



天神川駅の下り線ホームに到着しました。天神川駅は上下線のホームの間に
広島車両所蟹屋派出があり、お休み中の貨物ガマの姿を手軽に撮影出来ます。
11.JPG

ホームの目の前には元JR東日本のDE11 1034の姿がありました。広島貨物
ターミナルの入換え機もすでにHD300に代わっているので、予備機として待機
しているみたいです。貴重な国鉄色のDE11なので、なんとか生き延びてもらい
たいものです。
12.JPG

奥の方にはEF67 102と105が並んで昼寝していました。EF67もいつの間にか
残り3機となってしまいました。
13.JPG

久々のEF67にテンションが上がっている中、横を押太郎が通過して行ったので
1枚パチリ^^
14.JPG


今度は久々にEF67の瀬野八の走行写真も撮影したいのですが、撮影しづらい
時間の運用なので、難易度が高いです。ダイヤ改正後はどうなるのでしょうか?
15.JPG

16.JPG


天神川駅の下りホームからは下関総合車両所広島支所の車庫の様子も手軽に
撮影する事が出来ます。
17.JPG

ここのぬしのクモヤ145-1102がいつもの定位置で寝ていました。
18.JPG

クモヤの後ろには227系の姿がありました。いつも間にか広島地区は227
系の天下になってしまったのね~と嘆いていると・・・
19.JPG

下り線ホームに115系が滑り込んできました。しかも齢50を超えるクハ115-608を
含むセキC-13編成ではありませんか!! AU13E形を屋根に載せた姿をもう一度
見る事が出来てラッキー!! でした。
20.JPG


下り線ホームを撮影の後は上り線ホームへ移ります。ホームに上がると目の前
にはこれまた貴重になって来たノラことEF200 18が昼寝していました。
21.JPG

稼働数が激減しているので、こちらもダイヤ改正後も運用が残るのかが心配です。
22.JPG

上り線ホームからは広島貨物ターミナルの端っこの様子が撮影出来ます。
23.JPG

こちらからもEF67の並びが見えたので、パチリ^^
24.JPG

広島貨物ターミナルのコンテナ置き場には懐かしのCABINコンテナ(日通NC2)
の姿がありました。
25.JPG



天神川駅でお腹一杯撮影したあとは、いつもの広島車両所へ。この日は土曜日
だったので、構内はシーンとしていました。
26.JPG

ヤードの方へ行ってみると、コキ車・チキ車の横になにやら違和感のあるDD51
の姿が見えますね。
27.JPG

ズームして見ると、すでにボンネット内が空になってしまっているDD51 759の
姿がありました。毎年、貨物フェスティバルで展示されていたカマでしたが、
残念ながら解体処分となってしまったみたいです。
28.JPG

そういえばヤードにスイッチャー君の姿が見えないな~と思っていると、
29.JPG

スイッチャー君はクラの中にいました。お休みの時はここにいるみたいです。
30.JPG

31.JPG


また、ヤードの奥には既にライトが外されナンバーの切り取られたEF66 36と
32.JPG

33.JPG

車体が既にバーナーで切られ始めているEF67 104の姿がありました。
34.JPG

EF67 104より先に運用を離脱したEF67 103はクラの奥にいるのが見えました。
35.JPG





【おまけ】
朝、天神川駅に向かう途中に新幹線の高架下に珍しいコンテナがいました。
数の子を運んでいたコンテナみたいですが、現役時は北海道から広島まで
運用していたのでしょうか。 ( ´∀`)
36.JPG






nice!(65) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月某日 広瀬川原 [貨物日記]

もう1ヶ月以上経ちますが、先日用事ついでに久々に秩鉄の広瀬川原を覗いて
来ました。この日は首都圏に雪が降った日だったので、雪景色の中撮影して
来ました。

いつもの様に構内外れの踏切から覗くと、いつもの面々が昼寝中でした。
奥の方にはパレオエクスプレス補機用のデキ201の姿も見えますね。 ( ´∀`)
1.JPG

無架線御隠居コーナーの方を見ると・・・ んっ!? あれはもしかして、
2.JPG

イタ――(゚∀゚)――!! デキ104の姿がありました!! 前回訪問時に姿が消えていた
ので、てっきり解体されてしまったと思っていたのですが、健在だったのですね。
3.JPG

いや~良かったです。部品の欠品も無く、引退時のままでした。
4.JPG

もう一両の引退車のデキ107もまだ綺麗な姿で留置されていました。
5.JPG

デキ107の手前の撮影しやすい場所には全検で工場に入場したヲキ君たちが
いたのでこちらもパチリ。
6.JPG

毎回言っていますが、ここは何度来ても楽しいですね^^
7.JPG

また、この日は元旭化成延岡のスイッチャー君が茶デキ101の横にいました。
8.JPG

ここにいるという事は御隠居コーナーの入換え時に使用されているのでしょうか?
いずれにせよ、ここでスイッチャー君が動いているところを撮影するのはかなり
難易度が高いです。
9.JPG

御隠居コーナーの撮影後にもう一度踏切へ戻ると、いつの間にかデキ201と
506が出て来ていました。この後武川へ向かうのでしょうか。
10.JPG




この後は工場内に特に動きが無かったので、これまたひさびさの三ヶ尻駅へ。
石灰石輸送は元気な模様で雪景色の中を行く、冬季限定のダブルパンタの
デキの牽く列車を2本撮影する事が出来ました。

デキ505
11.jpg

デキ102
12.jpg

デッキ付の電気機関車と緩急車の組み合わせが今、見られるのは多分秩鉄
だけですよ。
13.JPG

いや~ いい風景です。 (*´д`*) タマラン
14.JPG



三ヶ尻駅の後は武川駅へ向かいました。構内には出発待ちの三ヶ尻行き列車の
他に見慣れないやたらと短い列車がいました。
15.JPG

デキ105がヲキ車3両だけを連結してスタンバッていますね。どうやら広瀬川原
行きの試運転列車の様です。
16.JPG

後ろには全検明けと思われるピカピカのヲキ車が連なっていました。
17.JPG

なぜか車番等の各種表記は塗りなおされていませんね~ (゚ー゚?) ナゼ
18.JPG

せっかくなので逆サイドからも1枚。
19.JPG



そんなこんなしているうちに、デキ301の牽く三ヶ尻行きの列車が出発し
20.JPG

その後、試運転列車が出発して行きました。
21.JPG

珍しい列車が見れてラッキー!! としみじみと余韻に浸っていたのですが・・・
22.JPG

もしかしてこれは今から列車を追っかければ広瀬川原でスイッチャー君による入換えが
見れるのでは!? とふと思いつき、慌てて列車を追っかけました。広瀬川原に到着すると、
ちょうど列車が到着したところでした。
23.JPG

先程のデキ201と506が着発線に移動していますね。
24.JPG


しばらくすると、係員さんが踏切の近くにやって来ました。これはスイッチャー君の
登場間違いなし!! とウキウキしていると、工場のシャッターが開いて
25.JPG

キタ――(゚∀゚)――!! スイッチャー君の登場です!! いや~戻って来て良かったです^^
26.JPG

いや~激シブですね~ 
27.JPG

28.JPG

スイッチャー君の後ろには控車代用と思われる救援車スム4047が連結されて
います。工場内ではありますが、黒の2軸有蓋貨車が現役で動いているところを
見れるのも多分ここだけではないでしょうか。
29.JPG

いや~たまらんです。(こればっかw)
30.JPG


スイッチャー君は到着したヲキ車を連結すると、
31.JPG

引上げ線に向かう為、こちらにやって来ました。
32.JPG

33.JPG

黒貨車を連ねた姿に萌えまくりです。 (゚∀゚) ヒャッホー!!
34.JPG

その後、スイッチャー君はヲキ車共々あっという間に工場内へ消えて行きました。
35.JPG


最後にヲキ車を牽いて来たデキ105の入換えの様子を撮影して終了としました。
36.JPG

37.JPG




いや~本当に来て良かったです。 (´∀` )





nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 宮城貨物巡り その③ [専用線日記]

最終回です。 (・ω・)ノ

前日は仙台港駅近くの某ビジネスホテルに宿泊し、早朝から気合を入れて再び
仙台臨海鉄道へ向かいます。まずは早朝にダイヤが設定されている埠頭線へ
行ってみました。前日偵察した時には積車のチキ車がいなかったので、どうせ
ダメだろうな~と思いつつ行くと・・・

やっぱり駄目でしたw
1.JPG


気を取り直して今度は仙台港駅に向かいます。クラの前にはSD55 105と103が
並んでいました。前日はクラの中でお休みだったSD55 105の動いているところを
撮影出来そうで良かったです^^
2.JPG

もう一両のDE65 2はクラの中でした。
3.JPG


カマたちを撮影した後に仙台港駅の構内の端まで行って、構内全体の様子を
見てみました。この日、駅構内に留置されていたのはJOTのタキ1000ばかりで
えらくスッキリとしていました。仙台北港駅を出入りする石油タキ車も緑灰の
ツートーンカラーのタキ1000のみになったみたいですね。以前はここに出入り
する石油タキ車もタキ1000だけでなく、黒のタキ43000の姿も見られたほか、
解体で送られてきた私有貨車の姿も多く見られてバラエティーに富んでいました。
4.JPG


そんなこんなしていると、タキ車の先頭にSD55 105が連結されました。連結後
しばらくすると353レとして仙台北港駅に向かって行きました。
5.JPG

353レを追いかけて仙台北港駅に行くと既に入換えが始まっていました。ここは
入換えの時に何度も外に出て来てくれるので、撮影のチャンスは結構あります。
6.JPG

7.JPG

このSD55 105は震災後に、京葉臨海鉄道から移籍してきたカマなのですが、
探してみたところ、京葉臨海当時(当時はKD55 105)の写真がありました。
京葉臨海も石油輸送が主力なので、当時の写真も石油タキ車を牽いていた
写真でした。
7-1.JPG


カマが目の前までやって来てくれました。
8.JPG

もうすっかり仙台の風景になじんでいますね。 ( ´∀`)
9.JPG

北国らしくボンネットには箒が常備されています。
10.JPG

いや~かっこいいっす。 (・∀・)カコイイ!!
11.JPG


仙台北港でお腹一杯入換えの様子を撮影した後は、仙台港駅にもどり前日と
同じ場所で戻りの354レを撮影しました。前日と異なり少し天気が悪かったのが
残念でしたが、DE65 2に加えてSD55 105も撮影出来て良かったです。
12.jpg

13.JPG



354レが到着後の駅構内を見てみると、いつの間にかこの日は休みだと思って
いたDE65 2が構内に出て来ていました。662レはこの子の担当みたいです。
14.JPG

その後の出発シーンを撮影して、
15.JPG

返しの663レを撮影して、仙台臨海鉄道の撮影を終了としました。
16.jpg

今回仙台西港線が撮影出来なかったので、今度来たときは是非仙台西港線を
撮影してみたいものです。



その後は仙台貨物ターミナルに寄ったのち、今回最後のメインディッシュの
日本製紙岩沼工場専用線へ向かいました。
17.JPG

前日の石巻工場同様にこちらも盛業中でした。
18.JPG

列車の時間までまだ間があったので、まずはいつも予備機が寝ている秘密の
場所に行ってみると、予備機のDD401君の姿がありました。以前岩沼に住んで
いた時から10数年が経ちましたが、当時と変わらずきれいな姿でした。
19.JPG


DD401君に御挨拶した後は、いよいよ午後の便を撮影しに専用線に向かい
ます。この日は写真の工場バックの場所で撮影しようと待っていたのですが、
時間になっても列車が来ません。orz その後、30分以上粘ってみましたが
列車が来る様子はありませんでした。
20.JPG

こりゃ最後の最後でウヤの刑かいなと思いましたが、諦めがつかず工場入口
付近にも行ってウロウロしてみましたが、全く列車が来る様子が無かったので、
諦めて帰ろうとレンタカーに乗り込むと・・・ なんと!! 突然列車がやって来ました。
22.JPG

呆然とする私の前を列車は無情にも去って行きました。 。゚(゚´Д`゚)゚。 ウワァァン
今は午後の便の時刻が以前の時間より1時間近く遅くなっているみたいです。
23.JPG


予定の場所では撮影が出来ませんでしたが、それでも返しの列車の写真は
なんとか撮影出来たので、良かったです^^
24.JPG

列車通過の直前で見事に日が陰ってくれましたがw
25.JPG

26.JPG

列車の最後尾が目の前を通過する時に日が差し始めました。 (´д`*) ナンダカナー
27.JPG




最後に岩沼駅をちょっと見学して、久々の宮城貨物巡りを終了としました。
28.JPG

29.JPG

構内には定位置にキンタが昼寝していましたが、全体的にはガラ~ンとして
いてあまり活気は感じられませんでした。
30.JPG

ここには以前はJR貨物のスイッチャーたちがたむろしていましたが、いまは
電機が直接入換えも行っているので、みんないなくなっていました。
30-1.JPG

いや~懐かしかったです。今住んでいるところからかなり遠いので中々来る事が
出来ないのですが、また是非訪問させてもらいたいと思います。




【おまけ】
仙台港駅の外れに留置されているDE10 1641をこの日も見に行ってみると
何だか前日と様子が違うような気がします。
31.JPG

近づいてみると、ライトや旋回窓が取り外されていました。前日に撮影したのが
最後のきれいな姿だったみたいです。
32.JPG





nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 宮城貨物巡り その② [専用線日記]

前回の続きです。

仙台臨海を堪能した後は、石巻港駅へ向かいました。ここも仙台臨海鉄道と
同様に東日本大震災で壊滅的な状況となってしまいましたが、こちらも見事に
復旧し、以前の様に日本製紙石巻工場で生産された紙製品がここから鉄道
輸送で首都圏に輸送されています。現地に着くと以前と変わらぬ巨大な工場
建物が健在でした。
1.JPG

但し、復旧する際には大幅に線路と構内の整理が行なわれた為、駅・専用線
共に以前の姿とは大きく変わっていました。
2.JPG

3.JPG

駅舎も新しく建て直されていました。
4.JPG

かつての駅舎は昭和の香りがプンプンする味のある建物でした。
5.JPG

また、以前は駅構内のヤードには多数の線路が敷かれ、多くの貨車がたむろして
いるのが見られましたが、
6.JPG

7.JPG

ヤードの多くの線路が撤去され、駅の北側の敷地が空き地になっていました。
その為、現在は空き地から駅の様子を近くで見る事が出来る様になっています。
着いた時、ラッキー!! な事にちょうど専用線のスイッチャーが列車を工場に押し
込むところでした。
8.JPG

スイッチャー君(DD40A1)の姿が見えて来ました。この子を含むここに在籍して
いた3両のスイッチャーは震災時全て津波により水没し、当時廃車の危機にあり
ましたが、DD40A1とDD40A2の2両は奇跡の復活を遂げました。(個人的好き
だったもう一両のD35-2は残念ながら廃車になりました。)
11.JPG

12.JPG

専用線の元気な姿をまた見る事が出来て本当に嬉しいです。
13.jpg

14.JPG


専用線を行く列車の横ではJRのDE10が絶賛入換え中でした。
9.JPG

10.JPG

15.JPG



駅での撮影の後は、駅・専用線入口にある釜踏切の方へ行ってみました。以前は
この踏切の辺りも多くの線路が敷かれていましたが、この近辺も大幅に整理され
ていました。向かって右側の線路が仙石線貨物支線で、左側が専用線になります。
16.JPG

こちらは以前の専用線の様子です。工場に向けて数多くの枝線が伸びていて
スイッチャーによる入換えがひっきりなしに行われていました。
17.JPG

17-1.JPG

また、震災以前はもう一つの専用線の七星社専用側線(写真右側の線路)もあり、
コキ車が入線している姿が見られましたが、こちらは震災復旧時に廃止になって
しまったそうです。
18.JPG



しばらくするとDE10 1595が654レを牽いてやって来ました。フルコンのコキ車を
牽いてくる姿が堪りません。 ( ´∀`)
19.JPG

654レが去った後は今度はDD40A1が工場内から列車を牽いて踏切の近くまで
やって来ました。以前と異なり、工場内の線路が大幅に整理されてしまった現在、
ここでスイッチャーの姿を見れるのは、工場からの引き出しと引き込み時だけの
模様で、結果として撮影チャンスは大幅に減ってしまったみたいです。それでも
専用線がこの様に復活してくれただけで十分です。
20.JPG

授受線に到着すると、スイッチャーは列車を切り離して、
21.JPG

踏切付近までやって来て、エンジンを切りました。次の引き込みまで小休止
するみたいです。
22.JPG

いや~いい風景です^^
23.JPG


ここの線路の横も現在空き地になっているので、スイッチャーに近づいて
写真を撮らせてもらいました。
24.JPG

25.JPG

26.JPG

ナンバープレートの横には日本カインズ(エンジニアリング)の検査シールが
貼られていました。ここでこの子たちは震災水没後に整備を受けて奇跡の
復活を遂げました。
27.JPG

製造メーカーの北陸重機の銘板も取り付けられていました。その隣にはモリヤ
産業と記載された銘板もありました。
28.JPG


そんなこんなしていると、陸前山下駅方面からDE10 1197の牽く1657レが
やって来ました。お手軽撮影地ですが、貴重になって来たDE10の牽く貨レを
バリ順の光線で撮影する事が出来て良かったです^^
29.jpg

30.JPG

31.JPG

また是非再訪したいものです。




【おまけ】
石巻港駅の後は日も暮れて来ましたが、陸前山王駅にも寄って見ました。
32.JPG

ここは仙台臨海鉄道との接続駅で、ちょうどSD55 103が牽いて来た668レ
を切り離して仙台港駅へ帰って行くところでした。
33.JPG

668レはここから852レとなり、仙台貨物ターミナルへ向かいます。
34.JPG

駅のヤード奥には先日運用を離脱して、ここに疎開留置されている719系たち
の姿がありました。
35.JPG

新しいと思っていたステンレス車も廃車になる時代になったのですね。
36.JPG

10数年前に住んでいた時はちょうど717系や417系が引退し始めた時期で
ここに疎開留置されている姿をよく撮影に来ていました。
37.JPG

38.JPG


時が経つのは早いものですね~ (-_- )シミジミ






nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 宮城貨物巡り その① [専用線日記]

1月末に10数年ぶりに以前住んでいた事のある、宮城県の貨物巡りに遠征して
来ました。お昼前に懐かしの仙台駅に到着すると大好物の牛タンも食べずに、
レンタカーを借りて仙台臨海鉄道へ直行します^^


仙台臨港鉄道の仙台港駅に到着すると、そこには懐かしの風景が待っていました。
東日本大震災で壊滅的な状況になっている写真をネットで見たことがありますが、
ここまで復旧出来た姿をまたこの目で見る事が出来て感無量です。
1.JPG

ヤードには石油タキ車と共に秋田臨海鉄道からやって来たDE65 2がいました。
2.JPG

ここに入線する際に国鉄色に塗られた塗装もイイ感じにヤれて来ていて、すっかり
仙台臨海の風景に溶け込んでいました。
3.JPG

この子には秋田臨海鉄道を訪問した2006年と2007年に現地で逢っていますが、
両訪問時共に検査中だったみたいで、解体中のブルーシートをまとった姿しか
撮影していないので、今回初めてまともな姿を撮影出来ました。
3-1.JPG

当時は新潟臨海鉄道在籍時のカラーで活躍していました。
3-2.JPG

DE65 2のキャブにはがんばろう東北のステッカーが健在でした。このカマは
震災復旧時に秋田臨海鉄道から8年間の予定で貸与されていたのですが、
2017年3月に仙台臨海鉄道に売却されたそうです。貸与期間は秋田臨海の
社紋が取り付けられていましたが、現在は仙台臨海の社紋に取り換えられて
います。
4.JPG


そんなこんなしているうちに357レが単機で仙台北港駅に向かって出発して
行きました。
5.JPG

6.jpg

7.JPG


DE65 2はしばらくの間、JXTGエネルギー仙台製油所 内で入換えを行ったのち、
358レで仙台港へ戻って来ます。今度はインカーブ側から撮影してみました。
8.jpg

9.JPG


358レが通過後、列車の後を追って仙台港駅の方をのぞいてみると・・・ おっ!!
10.JPG

SD55 103がいました!仙台臨海の生え抜きの機関車の唯一の生き残りで、
震災後に奇跡の復活を遂げたカマです。また元気な姿を見る事が出来て
本当にうれしいです。
11.JPG

いや~懐かしいです。
12.JPG


ここにはもう一機、京葉臨海鉄道から移籍したSD55 105が在籍しているのですが、
この日は写真の奥に写っているクラの中で、
13.JPG

昼寝中でした。
14.JPG



その後はコンテナホームの方へ行ってみました。以前は横浜本牧~仙台港間で
海上コンテナ輸送が行われていたので、多くの海上コンテナが見られましたが、
列車の輸送が終了したのちも、細々と海コン輸送が行われている様子で、少量
ですが、海コンの姿が構内にありました。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG


コンテナホームの最奥部を見ると・・・ んっ!! 見慣れたコンテナがいますね。
19.JPG

なんと! JFEスチールのUM27A-48000が仙台にいました。水島からはるばる
仙台までやって来ているのですね。ここでお会いできるとはビックリでした^^
20.JPG

近くにはもう一個のUM27A-48000が置かれていました。また、写真のUM27Aの
奥にDE10の姿が見えたので、近くに行ってみると
21.JPG

元仙台総合鉄道部のDE10 1641の姿がありました。
22.JPG

2012年にDE65 2の部品取り用としてここにやって来たみたいで、スノープラウや
一部の尾灯が取り外されていたものの、全体的には原型を保った綺麗な状態です。
23.JPG

回送時に貼られたと思われる注意事項の紙も貼りつけられたままでした。
24.JPG

現役時代の写真を漁ってみたのですが、まともに写っているのは仙台総合鉄道部で
昼寝しているこの写真しか見つかりませんでした。
24-5.JPG


また、近くには珍しいリーファーコンテナ給電用の電源コンテナUG15Dが大量に
積まれていました。このコンテナは現在東京(タ)~盛岡貨物(タ)間で運行されて
いる、海上コンテナ輸送列車用で使用されているコンテナなのですが、ここに
留置されているという事はリーファー(冷凍・冷蔵)コンテナの輸送自体が激減
していると言う事なのでしょうか。いずれにせよ珍しいコンテナに出会えました。
25.JPG

この風景、萌えます。 ( ´∀`)
26.JPG



コンテナをおなか一杯堪能した後は、仙台港駅の入口の方にも行ってみました。
構内は震災復旧時に大分整理されてスッキリとしていましたが、
27.JPG

構内入口に設置されているワイヤー式の踏切は健在でした。
28.JPG

一方で入口近くにあった、以前私有貨車の解体が行われていた解体線は
車止めを残して、撤去されていました。
29.JPG



仙台港駅を見学したのちは、近くの仙台埠頭駅にも行ってみました。
30.JPG

ここも見事に復旧されていて、この日も多数のチキ車が留置されていました。
以前と変わらぬ風景を見る事が出来てうれしいです。
31.JPG

せっかく来たので、翌朝の埠頭線の運行がないかな~と写真奥の荷役線の
チキ車の様子を見てみましたが、
32.JPG

残念ながらレールは載っていませんでした。
33.JPG

久々の仙台臨海を堪能した後は、石巻港へ向かいました。



次回に続きます。




nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 水島臨海鉄道 区間貨物 [水島臨海鉄道]

水臨にはちょこちょこ出掛けているものの、そういえばここしばらくお気に入りの
DD50君が動いているところを撮影していないな~と思い、またまた倉敷まで
出掛けて来ました。せっかくなので、この日は気合を入れて朝の軽自動車の
積み込み作業から撮影をしました。

倉敷(タ)に到着すると、すでに出荷される軽自動車がスタンバッていました。
1.JPG

車はコンテナ積み込み用のパレットに載せられている状態で並んでいました。
一時期輸送が休止になった時はどうなる事かと思いましたが、復活して本当に
良かったです。 ( ´∀`)
2.JPG

時間になるとフォークリフトがやって来て、コンテナへの積み込みを始めました。
3.JPG

結構なスピードで積み込み作業が行われます。
4.JPG

5.JPG

6.JPG

手際よく積み込み作業が進んで行きます。この日の財源は4台だったので、
あっという間に作業が終わりました。
7.JPG

8.JPG

軽自動車の積み込みが終わったコンテナはすぐに扉が閉じられ、
9.JPG

コキ車へ積みこまれます。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

あっという間に準備完了しました。 (゚∀゚) ハエー
この中にまさか自動車が入っているとは思えませんね^^
13.JPG



積み込み作業が終わったので、本日の主役に御挨拶に行くと・・・ あれっ!?
そこにはDD50君ではなく、DE701がスタンバッていました。この日はDE701の
出番の日だったみたいですね。日中に貨物を牽くDE701の姿も中々レアなので、
これはこれで良かったかもしれません。
14.JPG

お目当てだったDD506は定位置で爆睡していました。 (^_^;)
14-2.JPG




区間貨物の出発まではまだ時間があるので、一旦3093レを撮影に港東線と
東水島駅へ向かいました。この日の担当はDE10 1188号機でした。
15.JPG

16.JPG

東水島駅ではイルカでお馴染みのUM27A-48000のトップリフターによる積み
替えの様子も撮影出来ました。
17.JPG

18.JPG

40fコンテナが持ち上がった姿は中々の迫力ですね^^
19.JPG



そんなこんなしているうちに区間貨物の出発の時間が近づいて来たので、倉敷(タ)
に戻ると程なくしてDE701が財源を受け取りに御出勤して来ました。
21.JPG

DE701は一旦構内の端まで行くと、
22.JPG

転線してコンテナホームへ向かい、
23.JPG

コキ車を連結して準備完了です。
24.jpg



出発シーンは色々悩みましたが結局、三菱自工前のド定番で撮影して
25.JPG

26.JPG

港東線もこれまたド定番で撮影しました。
27.jpg

最後の返しの単機はド逆光ですが、三菱ケミカルのプラントをバックで
28.jpg

ちょっと予定外でしたが、DE701の元気な姿が撮影出来て良かったです。
29.JPG


また、いこっと。 (゚∀゚)





【おまけ】
倉敷(タ)の留置コンテナ群の中に違和感のあるコンテナが・・・
31.JPG

えらくひしゃげたV19Bが置いてありました。フォークリフトから落下してしまった
のでしょうか。 (?_?)
30.JPG
nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 仏生山駅 [その他(鉄道)]

最近は仕事も落ち着いて来たので、鉄分補給に行きまくっている今日この頃です^^

すでに半月前ですが、久々に四国に行きたくなったので、高松貨物ターミナルと共に
仏生山へ参拝!?に行って参りました。(高松貨物ターミナルの方は後日、貨物駅紹介
の方でアップする予定です。)

仏生山駅に到着し工場の方へ向かって見ると、まるで展示されているかの様に
“イイ”感じで車両達が並んでいました。 ( ´∀`)
1.JPG

まずはこの御方(デカ1形様)に参拝です。久しぶりにお会いしましたが、御元気
そうでなりよりです。これで一年無病息災で行けそうな気がします。 (゚∀゚)アヒャ
2.JPG

正面からも撮影してみました。何度見ても素晴らしいお顔ですね~
3.JPG


デカ様のお隣には長尾線用の1215号がいました。
5.JPG

せっかくなので、デカ様とのお並びも。
4.JPG

全労災のラッピングが賑やかですね。
6.JPG


奥の方にはことでん100周年記念ラッピング電車の“ことちゃんひやく号”が
寝ていた他、
7.JPG

こんなド派手なラッピング(JA共済連 香川)の車両もいました。えらくラッピング
車の割合が増えてるようですね。
8.JPG

駅に停車中の琴平線用1200形も瓦町FLAGのラッピング車でした。
9.JPG

10.JPG


ラッピング車も楽しいですが、個人的にはこちらの標準カラーの方が落ち着いて
いて好みです。
11.JPG

12.JPG

この元京急の並びいいですね^^
13.JPG


また、この日は旧型電車が2両も撮影出来る位置にいてくれました。工場の建屋の
方には茶色一色の300号が、
14.JPG

道路側には茶色とクリームの2トーンの500号が寝ていました。
15.JPG

16.JPG

せっかくなので500号の細部も撮影させてもらいました。
17.JPG

このゴチャゴチャとした連結器まわりが素敵です。
18.JPG

19.JPG



仏生山の参拝が終わった後は、こちらも久々の高松空港に寄って見ました。
以前近くに住んでいた時は毎月の様にここを利用していたので、懐かしいです。
20.JPG

早速、展望デッキに上がると駐機中のANAエアバスA320と、
21.JPG

その後ろには保存機のYS-11の姿が見えました。
22.JPG


実はここに来た目的はもう一機のYS-11なのですが、どこかいな~と見渡して
見ると・・・ あっ! いました!!
23.JPG

こちらがもう一機のYS-11です。
24.JPG

このYS-11は現在エアロラボ・インタナショナルという企業が所有する機体で、
元国土交通省航空局所有の機体(元登録番号JA8709)になります。退役後は
羽田空港で長期保管されていましたが、2014年にエアロラボ・インタナショナル
に売却され、同社で整備の上で再飛行に成功したものの、まだ整備はすべて
完了しておらず一時的にここにやって来たそうです。写真は羽田で保管中の
同機です。当時は海上保安庁の格納庫で保管されており、モノレールの車内
からも良く見えました。
30.JPG

ただ、2015年にここにきてからずっとこの状態みたいなので、行く末がちょっと
心配です。貴重なYS-11なので、この先も飛び続けてもらいたいものです。
25.JPG

米国籍機として登録されています。
26.JPG

27.JPG




【おまけ】
せっかく高松空港に来たので、名物の“うどんのだし”を頂きに行ったのですが、
28.JPG

見事に売切れていました。 orz
29.JPG




nice!(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 高崎界隈 [貨物日記]

先日久々に高崎近辺の貨物巡りをしてきました。メインは久々の倉賀野貨物駅
だったのですが、その前に安中駅~高崎機関区~高崎車両センターに寄って
来ました。(倉賀野貨物駅の方は後日、貨物駅紹介でアップする予定です。)


まずは安中駅の構内の様子です。本当は朝の専用線の入換えを撮影したいと
思っていたのですが、見事に寝坊してしまいましたww 本当は行くのをやめよう
かとも一瞬思ったのですが、せっかくなので構内の様子を見て来ました。
1.JPG

久々の訪問でしたが、以前と変わらぬ風景が健在でした。ここはいつ来ても
良い雰囲気ですね。 ( ´∀`)
2.JPG

ここのぬしの新潟トランシス製のDB301が朝の入換えを終えて鎮座していました。
今度こそはこの子が入換えをしている姿を撮影したいものです。
3.JPG

駅構内からも撮影させてもらいました。トキ車を連結した姿に萌えまくりです^^
4.JPG

5.JPG

ヤード奥にはトキ車が数量留置されていました。かつては当たり前の様に
見られた赤3号色を纏ったトキ車もいつの間にか東邦亜鉛の私有貨車である
このトキ25000が最後の砦になってしまったみたいです。
6.JPG

7.JPG


安中駅を見学のあとは高崎機関区へ。和田多中踏切横の通称休車線には
EF65PFの姿がありました。
8.JPG

EF65 2069とEF65 2096が留置されていました。
9.JPG

10.JPG

EF65 2069には回送車票がまだ挿されていました。車票を見ると昨年の7月末に
送られて来たみたいです。検査待ちであれば良いのですが、この通称休車線に
留置されたカマはそのまま廃車になるケースが多いので心配です。
11.JPG


この高崎機関区はかつてはEF64 1000番台が配置されていたので、構内は
いつも多くのカマであふれていたのですが、現在の配置はEH200だけになって
しまったため、構内はガラ~ンとしていました。
12.JPG

留置線の方も3両のカマがいるだけでした。
13.JPG

ここもずいぶんと寂しくなってしまいました。 ( ;∀;)
14.JPG

構内奥の高崎車両センター高崎支所の方にはJR東日本所属のカマのEF60 19と
EF65 501の姿が見えました。
15.JPG

16.JPG

この方々はいつもこの位置にいるので、まともな写真が滅多に撮れないのが
難点です。 ヾ(`ω´*)ノ モドカシイナー
17.JPG

DLの留置線の方にもいつもの面々が健在でした。ここのDD51はお召機の
DD51 842をはじめ、ほかのカマたちもお召機に準じた塗装になっていて
いつ見てもピカピカです。奥には茶色のDE10 1705の姿もありました。
18.JPG

19.JPG

カマを見学した後は電留線の方も覗いてみましたが、いたのは211系だけで
115系の姿はありませんでした。115系もえらく減ってしまったな~とその時は
思っていたのですが、その後115系が3月17日のダイヤ改正までに引退する
とのプレスリリースを見てびっくりしました。
20.JPG

気動車留置線の方にはキハ110系のキハ38風リバイバルカラーがいました。
中々似合っていますね。
21.JPG


いつもならここで見学を終えるのですが、久々の高崎訪問だったので高崎駅
側の留置線の方まで足を運んでみました。構内には12系やホキ800の姿が
あった他、写真の撮りやすい位置に旧客のスハフ42がいました。 (゚∀゚) ラッキー!!
22.JPG

23.JPG

24.JPG

奥の方にはその他の旧客の姿もありました。
25.JPG


JRの留置線のお隣には上信電鉄の高崎車両区が隣接しているのでこちらの方も
覗いてみると、昨年JRから譲渡された107系が現役当時のままの姿で留置されて
いました。
26.JPG

列番表示が4649M(よろしく)になっていたのにほっこりしてしまいました。 (´ω`)
27.JPG

107系のお隣には激シブの有蓋貨車(テム1形)の姿も見られました。
28.JPG

今度は上信電鉄の方もゆっくり訪問してみたいものです。



【おまけ】
安中駅の駅名標を何気なく見てみると、駅名の前に“ぐんまちゃん”がいました^^
29.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月某日 水島臨海鉄道 [水島臨海鉄道]

年が明け、激忙だった仕事もやっと落ち着いて来たので、ボチボチ鉄活動を再開
している今日この頃です^^

年明け最初の鉄分補給は、初詣の代わりにまたまた水臨の倉敷(タ)と東水島駅に
行って参りました。

まず倉敷(タ)に着くと、いつもの面々が迎えてくれました。
1.JPG

この日は並びが良く、国鉄色祭り状態でした。いつ来てもここは昭和の香りが
一杯でいいところですね~ ( ´∀`)
2.JPG

3.JPG

クラの前にはDD501君の姿がありました。これから検査入場するみたいですね。
これからも末永く活躍してもらいたいものです。
4.JPG

近くには水臨色のキハ37 101の姿もありました。相方のキハ37 102はクラの
中で整備中でした。最近久しくキハの撮影をしていないので、今度はキハの撮影
にも来たいものです。
5.JPG



倉敷(タ)を見学した後は東水島駅へ。ちょうどDE10 1192が入換え中でした。
6.JPG

HD300の台頭でDE10が活躍している姿も段々と貴重になってきましたね。
7.JPG

8.JPG

久々にディーゼルの香りを嗅いでひとり興奮しておりました。 (゚∀゚)アヒャ
9.JPG


ここは入換えでDE君が構内をウロウロする姿を何度も撮影出来るところなので、
いつ来ても楽しいです。
10.JPG

11.JPG

5062レが出来上がりました。 (゚∀゚) イッチョアガリー!!
12.JPG


お腹一杯になったので、最後はコンテナをちょこっと撮影しておわりにしました。
13.JPG

14.JPG

15.JPG


短い時間でしたが、鉄分補給が出来ました^^
16.JPG





【おまけ・速報】
実は“今日”も水臨に行って来たのですが、倉敷(タ)に行くと普段はここにはいない
原色のDE10の姿がありました。
18.JPG

いたのはDD10 1141でした。数年前に廃車後岡山機関区に長期留置されて
いましたが、この場所(先日コキ車が解体された場所)にいるという事は残念
ながらここで解体される模様です。現在、岡山機関区には現役を退いた多数の
DE10たちが留置されていますが、ここで順次解体されてしまうのでしょうか。 (´;ω;`)
19.jpg

ナンバー・区名札入れ・銘板は既に取り外されていました。現役時代は何度も
撮影させてもらった、思い入れのあるカマだったので、本当に残念です。
20.JPG





nice!(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

12月某日 水島臨海鉄道 [水島臨海鉄道]

昨年は秋口から仕事が激忙で、専用線めぐりや貨レ撮影・鉄道関係イベントに
全く行けない状況が続いていて、完全な鉄分不足に陥っていたので、年末に
無理矢理お気に入りの水臨へ行って来ました。

・・・とは言っても時間が無いので、倉敷(タ)をちょこちょこっと偵察して来ました。

久々に倉敷貨物ターミナルへ到着すると、いつもの風景が迎えてくれました。
1.JPG

キハたちも元気そうです。 ( ´∀`)
2.JPG

3.JPG

キハ205もいつもの位置に健在でした。
4.JPG

お気に入りのDE701君も東水島駅での入換え作業に向かうべく、出発位置で
アイドリング中でした。久しくDE701の本線貨物を撮影していないので、日が
長くなった頃にまた撮影に来たいものです。
5.JPG

訪問日がクリスマス前だったので、この日はクリスマストレインのカン付きの
MRT305の姿も撮影する事が出来ました。
6.JPG

車内はなにやら楽しそうな装飾がされていますね^^
7.JPG



車両基地側は特に変化は無かったのですが、ヤード奥の大型コンテナ置き場が
えらくスッキリとなっていました。
8.JPG

従来はここに写真のホッパーISOコンを載せたコキ102・103が長らく留置されて
いたのですが、いつの間にかいなくなってしまいました。
9.JPG

10.JPG

こりゃJR貨物へ返却されたのかしら!?と思っていると・・・

なんと!! 写真の位置に移動していました。ここはかつてキハ203が解体された
場所なので、もしや解体!?と思いつつ、あたりを見渡すと・・・
11.JPG

隣には既に車体が一部切断されたコキ102-517の姿がありました。 (´;ω;`)
まさかコキ100系が解体されるとは思っていなかったので、ビックリしました。
倉敷(タ)で長期留置されていたのは、運用上問題のある故障等が発生して
いたのでしょうか。
12.JPG

検査表記を見ると、大分前に検査期限切れになっていたみたいですね。
13.JPG



そんなこんなしていると、傍らにクレーン車とガスボンベを積んだトラックが
やって来ました。
14.JPG

その後、作業員の方がわらわら集まって来たので、もしかしたら解体作業が
始まるのかもしれないと思い、しばし待っていると、
15.JPG

クレーン車のブームが伸び始め、
16.JPG

バーナーによる車体の切断が始まりました。
17.JPG

車体はあっという間に分割されると、
18.JPG

クレーンで吊り上げられ、
19.JPG

20.JPG

傍らに積まれて行きます。
22.JPG

23.JPG

24.JPG

車体の分解・移動が終わると、次は台車の移動に取り掛かります。
25.JPG

台車の吊り上げ準備を行っている一方で、隣にいたコキ103-197の車体の切断
作業が並行して行われていました。
26.JPG

その後、台車も吊り上げられてコキ車一両の解体作業はあっという間に終了
してしまいました。
27.JPG

28.JPG

解体はあっという間に終わってしまうのですね。なんともさみしい光景でした。
勝手な予想ですが、今年度でコキ100系の前の主力車両だったコキ50000が
運用を終了するのでもしかしたらここで解体を行うための予行だったのかも
しれません。(解体作業にJR貨物の社員さんも立ち会っていました。)





【おまけ】
大型コンテナ置き場にはいつもJFEスチールのUM27A-48000が留置されて
いるのですが、この日初めてトレーラーへの積み込み作業を見る事が出来
ました。フォークリフトが大型の40fコンテナをコンテナを持ち上げる姿は迫力
がありますね^^
29.JPG

30.JPG





nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Canon F-1買いました [その他(雑談)]

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 <(_ _)>

先日、Canonから懐かしのF-1の復刻版ミニチュアが発売されたので、思わず
ポチってしまいました。 ( ´∀`)
1.JPG

早速開封の儀です^^ 
2.JPG

箱から出してみました。いや~かっこいいですね~。ペンタ部にある旧ロゴが
激シブです。
3.JPG

めっちゃリアルですね。 (ノ゚ο゚)ノ スゲー!!
4.JPG

5.JPG

後姿もどうぞ^^
6.JPG

巻き上げレバーやシャッタスピードダイヤルもリアルです。
7.JPG

レンズ部の表記も本物みたいですね。さすがキャノン謹製です。
8.JPG

レンズの絞り羽根も表現されています。
9.JPG

ボディー下面にはスライドスイッチが付いています。
10.JPG

ここをスライドさせるとUSB端子が出てきます。このままの状態でUSBメモリー
として使用できる他、USBメモリー本体のみ取り外して使用する事も出来ます。
12.JPG





実はこのF-1の前に発売されたCanon IVSbのミニチュアも購入しておりました^^
13.JPG

せっかくので、こちらも紹介致します。 (゚∀゚)アヒャ
14.JPG

こちらもめっちゃリアルです。
15.JPG

16.JPG

こちらのほうがメカメカしいので、より精密感があります。
17.JPG

18.JPG

こちらもボディー下面にスライドスイッチがついていて、スライドさせるとUSB
メモリーとして使用できます。
19.JPG

20.JPG


2台を並べてみました。ほんと素晴らしい出来です。
21.JPG

22.JPG



この手のシリーズも結構購入したので、もう買うのはやめようかと思っているの
ですが、自分が最初に手にした一眼レフのA-1のミニチュア版が発売されたら、
またまた買ってしまいそうな気がする今日この頃です^^





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -